日本CT技術学会雑誌
Online ISSN : 2434-2750
Print ISSN : 2434-2769
最新号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
テクニカルノート
  • 村松 駿, 茅野 伸吾, 佐藤 和宏
    原稿種別: テクニカルノート
    2020 年 8 巻 3 号 p. 1-
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/09/07
    ジャーナル フリー

    重要な要点

    ・ボウタイフィルタの形状で実効エネルギーは変化する.

    ・高精細モード使用時は,ボウタイフィルタが変化しても実効エネルギーは変化しない.

    ・通常モード使用時は,ボウタイフィルタのサイズが大きくなると実効エネルギーが高くなる.



    要旨

    【目的】 超高精細CTにおける撮影モード3種類super high resolution (SHR),high resolution (HR),normal resolution (NR)とボウタイフィルタ2種類 (M), (L)の組み合わせによるX線線質を評価し,造影コントラストの変化を明らかにすることである.

    【方法】 X線線質の評価は,非接続形X線出力アナライザPiranhaを使用してhalf-value layerを取得し,実効エネルギーに換算して評価した.造影コントラストの評価は,Multi-Enegy (ME) ファントムを使用してヨードロッドのCT値の変化を評価した.

    【結果】 SHRおよびHRモードの場合,ボウタイフィルタが変化しても回転中心部の実効エネルギーは変わらなかった.NRモードの場合,ボウタイフィルタMのとき実効エネルギーはSHRおよびHRモードと同等であった.ボウタイフィルタLのとき,実効エネルギーはMより有意に高かった.MEファントムのCT値は,SHRおよびHRモード,NRモードでボウタイフィルタMのとき,ほぼ同じ値であったが,NRモードでボウタイフィルタLのときは,わずかに低い値であった.

    【結語】 NRモードでボウタイフィルタ Lの場合,他のモードに比べて実効エネルギーが高く,その結果CT値が低下する.

feedback
Top