日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
35 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 吉村 了勇, 岡本 雅彦, 秋岡 清一, 大森 吉弘
    2002 年 35 巻 2 号 p. 89-96
    発行日: 2002/02/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
  • 山中 望, 藤森 亜希, 南部 正人, 阪 聡, 櫻井 健治, 守屋 利佳, 東原 正明, 鎌田 貢壽
    2002 年 35 巻 2 号 p. 97-107
    発行日: 2002/02/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    【目的】CRIT-LINETMモニター (CLM) を用いたplasma refilling rate (PRR) の測定法は研究者毎に異なり, 確立された方法がない. そこで本研究では, 11通りのPRR測定法の有用性と限界について検討し, 臨床的に利用価値の高いPRR測定法を明らかにすることを目的とした. 【対象および方法】慢性腎不全患者で, 透析中の血圧が安定している患者を対象とした. 透析条件は, 除水速度以外は透析中一定とした. 除水は, 異なる3種類の除水方法 (UF-A, -B, -C) で行った. 透析開始時の有効循環血液量 (BV(0)) は, 生体計測法 (8%法) と回帰I法 (Hct I法, ΔBV% I法), UF-A, -B, -C法の組み合わせから推定した. PRRの測定は, 生体計測法と回帰I法, 回帰II法 (Hct II法, ΔBV% II法), UF-A, -B, -C法を組み合わせた11通りの方法を行い比較検討した.【結果】8%-A法で測定されたPRR値は, 8.7±1.6mL/minであった. 種々のBV(0)測定法とUF-C法との組み合わせで得られたPRRは, 8%-A法のPRRと有意差を認めなかった. UF-B法で測定したPRRは, UF-A, -C法で測定したPRRに比べ有意に低値 (p<0.01, n=13) であった. 【考察】UF-A法より得たPRRは, 除水施行中のPRR値であるといえる. UF-B法より得たPRRが低値を示した理由は, 除水が行われない条件下の測定であったためであるといえる. UF-C法は, PRR測定直前に大きな除水をかけるため, 適用できる患者が限られるという欠点があるが, 膠質とPRRの関係について検討することが可能である.【結論】透析中の除水を考慮したPRRを測定する場合には8%-A法が, 非除水時のPRRを測定する場合には8%-B法が臨床的に有用である. 8%-C法では, 膠質のPRRへの効果を検討することができる.
  • 川田 真里子, 久保田 正幸
    2002 年 35 巻 2 号 p. 109-114
    発行日: 2002/02/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    BuzdyのPrognostic Nutritional lndex (PNI) の数式を用いて当院外来維持透析患者48人 (糖尿病性腎不全6人, 非糖尿病性腎不全42人) の栄養評価を施行した. 解析の結果, PNIと性および患者年齢の間に有意差や相関性はなかった. PNIと透析歴の間には, 導入後0-1年 (Group I) で47.3±1.4%, 1-10年 (Group II) で19.3±16.9%, 10年以上 (Group III) で25.7±14.2%と, Group IのPNIがGroup IIおよびGroup IIIのPNIに比べ有意に高値を示した (P<0.001). しかしGroup IIとgroup IIIの間では, 有意差はみられなかった. PNIと至適透析の指標とされているKt/VおよびPCRの間には有意な相関性はみられなかった. 従ってKt/VやPCRを改善しても栄養状態の改善がみられないことが強く示唆された. PNIと血清総蛋白濃度 (TP) および血清アルブミン濃度 (Alb) との間には有意な逆相関があったが, PNIとBuzdyの式の他の構成要素 (TSF, TFN, DH) との間に相関関係はみられなかった. またPNIと1日摂取エネルギーとの間には有意な逆相関がみられたが (P<0.01), PNIと1日摂取蛋白量の間では有意な相関性はみられなかった. 従ってPNIを改善し栄養状態を良好に保つためには, 1日摂取エネルギーを十分にとらせることは不可欠であり, 特にPNIが高値を示す患者に対しては基準エネルギーの設定をあげる必要性が強く示唆された.
  • 高橋 真生, 北野 優里, 須田 昭夫
    2002 年 35 巻 2 号 p. 115-117
    発行日: 2002/02/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    症例は25歳の男性. アルポート症候群による慢性腎不全にて透析歴12年の患者であり, 慢性膵炎を合併している. 1998年ごろよりパニック障害を発症し, 2000年12月より塩酸パロキセチン水和物による治療を開始した. 服用開始21日目の血液検査で膵酵素の急上昇を認めたが自覚症状はなく, 他覚的所見でも異常を認めなかった. 腹部エコーや腹部CTでも軽度の膵腫大を示すのみであった. 2001年5月, 塩酸パロキセチン水和物の中止にて膵酵素は速やかに低下したがパニック障害に対して塩酸トラゾドンを開始したところ, 再び膵酵素の上昇を認め, 塩酸トラゾドンの中止にて膵酵素は低下した. SSRI (selective serotonin reuptake inhibitors) と系統の異なるスルピリドに変更したところ膵酵素の上昇はなかった.
    SSRIによる慢性膵炎の急性増悪と考えられ, 報告する.
  • 大野 卓志, 清水 健司, 坂口 美佳, 吉本 忍, 今田 聰雄
    2002 年 35 巻 2 号 p. 119-124
    発行日: 2002/02/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    被嚢性腹膜硬化症 (encapsulating peritoneal sclerosis; EPS) の発症予防を目的とした難治性真菌性腹膜炎の治療方法を検討した. 症例は61歳, 男性. 1997年7月, 糖尿病性腎症由来の慢性腎不全のためCAPD療法を開始. 2000年2月に真菌性腹膜炎を発症したため, CAPDを中止し, 血液透析に移行. カテーテルを留置したまま連日腹腔内洗浄を行い, 抗真菌剤の経口投与と点滴静注を行った. その間, 腹痛, 発熱などの症状はなかったが, 排液混濁は持続していた. 同年8月の入院の機会にカテーテルを抜去した. その後, 腹膜炎は治癒し, 現在までEPSの発症は認めていない.
    難治性真菌性腹膜炎は, EPSの発症誘因の一つと考えられており, 腹膜炎を治癒させることが先決であり, 真菌性腹膜炎発症時は, 腹腔内洗浄を繰り返しても腹膜炎の治癒は困難でEPSの発症を高める可能性もあり, 直ちにカテーテルを抜去する方が, 腹膜炎を治癒させ効果的であると考えられた.
  • 早川 邦弘, 安次嶺 聡, 青柳 貞一郎, 宮地 系典, 畠 亮, 田中 重光, 田中 新樹
    2002 年 35 巻 2 号 p. 125-128
    発行日: 2002/02/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    内視鏡下の操作により上腕において有効な静脈表在化を行う内シャント作成の術式を考案した.
    約4cmの皮膚横切開を肘窩部と上腕約25cm中枢側に加え, この間の静脈を作成された皮下トンネルの中で内視鏡下に剥離する. 肘窩部切開創にて剥離した静脈の遠位端を結紮して切断し, 上腕中枢側トンネル出口より一旦引き抜き, 皮膚直下に新たなルートを作成して剥離静脈の表在化を行った. 動脈との吻合は肘窩部切開創内で型のごとく端側吻合で行った.
    今後症例を重ねての検討が必要ではあるが, 本法は低侵襲性, 美容上の利点, 術後早期から使用可能である点などから, 従来の方法に比べより有用であると考えた.
  • 荻本 剛一, 櫻田 勉, 今井 五郎, 窪島 真吾, 佐藤 武夫, 前波 輝彦, 大和 田滋, 木村 健二郎, 佐藤 孝司, 安彦 隆一, ...
    2002 年 35 巻 2 号 p. 129-133
    発行日: 2002/02/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    胃angiodysplasiaは健常者に比して維持透析患者に多くみられ, 時に消化管出血の要因となる. また, gastric antral vascular ectasia (GAVE) は, 胃幽門部の粘膜下毛細血管あ拡張と線維筋性過形成を特徴とした比較的まれな疾患で1984年にJabbariらにより報告された.
    われわれはGAVEを含む3例の胃angiodysplasiaをアルゴンプラズマ凝固法 (APC) で治療を行った. 症例1: 60歳, 女性. 7年間CAPD療法を継続. 平成11年3月, 心窩部痛と著明な貧血から上部消化管内視鏡検査を施行, 幽門を中心に典型的なwatermelon stomachの像を認めた. 症例2: 52歳, 男性. 平成7年にCAPD療法へ導入. 平成11年2月より繰り返すタール便と著明な貧血 (Hgb 3.7g/dL, Hct 11.2%) のため入院. 内視鏡にて胃幽門部に散在する毛細血管拡張像を認め, 同部位よりoozingが確認された. 症例3: 51歳, 男性. 昭和61年に慢性腎不全のため, HDへ導入. 平成10年3月に肝硬変に伴う門脈圧亢進症に対しtransjugular intrahepatic portosystemic shunt術を施行. 平成11年7月, 強度の貧血と黒色便のため緊急入院. 内視鏡検査で幽門領域にoozingを伴うびまん性の毛細血管拡張像を認め, diffuse antral vascular ectasiaと診断した. これら3症例にAPCを行い, 症例1, 2に関してはその後6か月, 貧血の進行は認めず, 症例3も輸血の頻度は減少し大きな効果があった. 透析患者において急速に進行する貧血を伴う消化管出血の原因として重要な疾患の一つである胃angiodysplasiaに対して, APCは合併症も少なく, 安全に行える有効な治療法であると考えられた.
feedback
Top