日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
46 巻 , 12 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
一般社団法人 日本透析医学会 維持血液透析ガイドライン:血液透析導入
総説
原著
  • 山本 裕也, 中村 順一, 中山 祐治, 日野 紘子, 角城 靖子, 宗 紗千子
    2013 年 46 巻 12 号 p. 1159-1162
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/26
    ジャーナル フリー
     【背景・目的】スチール症候群の診断は自覚症状と他覚所見を統合して行うとされている. 重度の虚血症状は潰瘍や壊死または不可逆的な神経麻痺などを伴うため, 高い診断能力を有する客観的評価法が求められる. 下肢のperipheral arterial diseaseにおいて, 皮膚灌流圧 (SPP) の測定が有用であると報告されており, 治療方針の決定や予後の治癒能力の判断として臨床的に用いられている. 今回, 上肢におけるバスキュラーアクセス (VA) 関連スチール症候群に対して, SPPの診断能力を検討した. 【対象と方法】当院にて内シャントを有する患者106例を対象とした. VAの診察時にスチール症状の有無を問診し, Fontainの重症度分類によりStage I∼IVの4群に分類し, 症状なし群を加えて5群に分類した. SPPは第3指または最も症状の強い指にて測定した. 5群のSPPの平均値を算出した. また, 対象症例をスチール症状の有無により分類し, 累積相対度数によりカットオフ値を算出した. 【結果】対象症例の内訳は, スチール症状なし43例 (AVF : 24例, AVG : 19例), スチール症状あり63例 (AVF : 16例, AVG : 47例) であった. 各群の平均SPP値は, 症状なし群85.8±25.0mmHg (44例), Stage I群48.4±11.7mmHg (28例), Stage II群35.8±13.5mmHg (17例), Stage III群24.7±10.0mmHg (16例), Stage IV群17.3±2.4mmHg (3例) であった. 類積相対度数によるスチール症候群発生のカットオフ値は, 57.5mmHg (感度 : 87.1%, 特異度 : 95.3%, 陽性尤度比 : 18.2) であった. 【結語】SPPはスチール症候群の診断能力が高く, 同病態の客観的検査法として有用である.
症例報告
  • 高比 優子, 児島 康行, 奥見 雅由, 三村 仁昭, 森本 章, 田畑 勉, 小角 幸人, 高原 史郎, 野々村 祝夫
    2013 年 46 巻 12 号 p. 1163-1168
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/26
    ジャーナル フリー
     症例は63歳, 女性. 1型糖尿病および糖尿病性神経因性膀胱を合併している. 糖尿病性腎症による末期腎不全のため2005年に血液透析導入, 2007年に夫をドナーとして生体腎移植を受けたが, 繰り返す腎盂腎炎にて移植腎機能が低下し, 2011年血液透析再導入となった. 透析導入9か月後に発熱と右下腹部の腫脹, 皮膚潰瘍と排膿を認め受診. CTにて移植腎は腫大し, 内部構造は不明瞭であり, 一部液状化とガス像を認め気腫性腎盂腎炎の診断にて当科入院となった. 経皮的ドレナージと抗生剤投与を施行し, 臨床症状および炎症反応は改善した. しかしドレナージ排液は減少せず, これ以上の保存的治療は治療困難であると判断し第98病日に移植腎摘出術を行った. 術後炎症所見は改善し, 感染の再燃なく経過良好である. 気腫性腎盂腎炎は腎実質や腎周囲に細菌による特徴的なガス産生像を認め, 時に外科的治療が必要となる重篤な壊死性尿路感染症であり, 移植腎での報告はまれである. 早急な診断と外科的治療を含めた治療方針の決定が重要であり, 文献的考察を加え報告する.
  • 鍵谷 聡志, 供田 文宏, 菅原 秀徳, 小池 勤, 今井 祐子, 藤岡 勇人, 水谷 南美, 志田 しのぶ, 掛下 幸太, 滝 知彦, 宮 ...
    2013 年 46 巻 12 号 p. 1169-1173
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/26
    ジャーナル フリー
     症例は58歳, 男性. 1991年12月に慢性糸球体腎炎による末期腎不全のため血液透析導入となり, 以後維持透析を受けていた. 2005年11月頃から好酸球増多症が出現し, 2006年8月からダイアライザーと透析回路内に残血を認めるようになった. ヘパリン増量や透析膜の変更を行ったが残血量に変化はなく, 10月頃から透析開始直後に一過性の胸部不快感と血圧低下が出現するようになった. アスピリン服用により残血とショックは消失したが, 掻痒感が出現したためアスピリンを中止したところ, 再び透析時の残血とショックが出現した. 透析後の著明な血小板減少に加え, ヘパリン・PF4複合体抗体 (HIT抗体) が陽性を呈したことから, II型のヘパリン起因性血小板減少症 (HIT) と診断した. 抗凝固薬をメシル酸ナファモスタットに変更した後は, 透析中の凝血, 血小板減少およびショックは軽快し, 好酸球増多症も軽減した. 透析患者でのHITはほとんどが導入時に発症するが, 本例では透析導入後15年目に初発し, さらに好酸球増多症を伴う透析中のショック症状を認めた稀有な1例であった.
短報
  • 伊藤 優子, 伊藤 久美子, 芳水 直美, 山名 幸子, 米倉 美和, 近藤 紗江子, 加地 美紀, 岡本 真由美, 佐々木 敏作
    2013 年 46 巻 12 号 p. 1175-1178
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/26
    ジャーナル フリー
     炭酸ランタン (La) チュアブル錠は水なしでも服用は可能であるが, かみ砕く程度により, リン (P) 吸着効果に影響を与えることが知られている. その欠点を是正するために顆粒製剤が発売されたので, その効果について検討した. 炭酸Laチュアブル錠を服用している維持血液透析患者18名に, 同量の炭酸La顆粒に置き換え比較検討した. 血清P濃度は2週後5.69±0.86mg/dLから5.38±0.86mg/dL, 4週間後では5.20±1.20mg/dLと有意に低下した. また, 炭酸Laの一日服用量が多い患者ほど血清P濃度の低下効果は大きい傾向にあった. 血清カルシウム (Ca) 濃度や血清インタクト副甲状腺ホルモン (i-PTH) 濃度には有意な変化はみられなかった.
feedback
Top