日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
47 巻 , 2 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
PDレジストリ小委員会調査報告
  • 長谷川 毅, 中井 滋, 森石 みさき, 伊藤 恭彦, 伊丹 儀友, 政金 生人, 花房 規男, 谷口 正智, 濱野 高行, 庄司 哲雄, ...
    2014 年 47 巻 2 号 p. 107-117
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/06
    ジャーナル フリー
     2009年より日本透析医学会統計調査委員会の年末全国調査の一環として日本腹膜透析医学会の協力のもと「腹膜透析(PD)レジストリ」が開始されている.今回2012年末に行われた調査結果からPD患者の現状を報告する.対象は2012年末全国調査で報告されたわが国のPD患者.血液(濾過)透析(HD(F))等との併用状況,透析液交換方法,自動腹膜透析装置(APD)使用状況,腹膜炎および出口部感染発症率などについて記述的解析を行った.2012年末の施設調査では,PD患者数は9,514人で2011年末と比較し128人減少し,全透析患者に占める割合も3.1%と0.1%減少した.腹膜カテーテルを残している洗浄患者347人,新規PD導入するも年内脱落した患者175人,HD(F)等とPDを併用している患者1,932人であった.HD(F)等併用療法の割合は1年未満で4.8%なのに対し,1~2年未満で9.2%,2~4年未満で16.3%,4~8年未満で32.0%,8年以上で47.5%とPD歴が長くなるにつれて高くなっていた.透析液交換方法に関しては完全手動交換のみを行うPD患者は29.8%,紫外線もしくは熱式無菌接合装置によるバッグ交換デバイスを用いているPD患者はそれぞれ54.7%,13.9%であった.APDの使用割合はPD歴1年未満で43.4%であったのに対し,PD歴2年以上ではPD歴が長くなるほどAPD使用割合は減少していた.腹膜炎発症率は平均0.22回/1患者・年であった.出口部感染発症率は平均0.36回/1患者・年であった.
原著
  • 樋口 輝美, 石川 由美子, 山崎 俊男, 水野 真理, 大川 恵里奈, 瀬戸口 晴美, 柳沢 順子, 中島 詩織, 安藤 英之, 及川 治 ...
    2014 年 47 巻 2 号 p. 119-127
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/06
    ジャーナル フリー
    【目的】透析患者におけるレボカルニチンの腎性貧血に及ぼす効果を検討する.【対象】当院にて維持透析施行中の患者192名のうち,選択基準を満たした対象患者153名に対し内服希望のアンケートを実施し,内服希望患者群113名(内服群)と内服希望のない患者群40名(非内服群)とした.【方法】今回の臨床試験においては,内服希望患者による介入試験であり,非ランダム化比較試験である.内服群はレボカルニチンを20mg/kg/日(最大用量1,200mg/日)を投与した.Erythropoiesis stimulating agents(ESAs)はrecombinant human erythropoietin(rHuEPO)とDarbepoetinα(DA)を使用しているため,rHuEPOとDAの比を200:1としrHuEPOの換算量とし,週あたりのESAs使用量,ESAs治療反応性の指標としてerythropoiesis resistance index(ERI)をESA doses/kg/g/dL/週として算出した.【結果】対象患者の患者背景は,内服群で,非内服群に比し有意に男性患者が多く,原疾患は糖尿病性腎症が多く,有意にクレアチニン,尿酸,アルブミンとTIBCの高値を認めたが,その他両群間で有意な差は認めなかった.1)内服群,非内服群とも試験開始前から6か月まで目標Hbに達し,両群間で有意な差は認めなかった.2)内服群のESAs使用量は6か月目に有意な低値を認め,非内服群に比し,6か月目で有意な低値を認めた.3)内服群でESAs doses/kg/dL/週は6か月目で有意な低値を認め,非内服群に比し,開始3,6か月で有意な差を認めた.【結論】レボカルニチンは透析患者の腎性貧血におけるESAs使用量の低下と,ESAsへの反応性を改善させることが示唆された.
  • 村上 卓也, 中村 裕也, 原 正樹, 遠藤 美紗子, 塚原 秀樹, 渡邉 佳誠, 清水 辰雄, 井上 通泰, 松岡 義之, 浅野 務, 後 ...
    2014 年 47 巻 2 号 p. 129-136
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/06
    ジャーナル フリー
    【背景】血液透析(HD)患者の日常生活動作(ADL)は同年代健常者と比較し低下していると予期されるが,HD患者のADLを詳細に検討した研究は少ない.今後の指針を探るべくHD患者のADL状態,ADL低下関連因子,ADLと生命予後との関連を検討解析した.【対象と方法】2010年10月から2013年6月に,当院に入院したHD患者132名を対象とした.ADLはFunctional Independence Measure(FIM)[総得点126点,運動項目91点,認知項目35点]を用いて評価した.ADL低下関連因子は重回帰分析で求めた.生命予後はKaplan- Meier曲線を求め,群間差をLogrank testで検定した.死亡関連因子の解析はCox比例ハザードモデルを用いて,多変量解析を行った.【結果】透析患者の入院時FIM総得点は平均60.0±2.2点で,健常者の約5割に低下し,特に運動項目で著明に低下していた.FIM低下関連因子は,脳血管障害での入院,Cr低下であった.累積生存率はFIM低下とともに段階的に低下し,FIM 60点以下の群がFIM 84点以上の群と比較して有意な生存率の低下を認めた.死亡関連因子はFIM低下,高hsCRP血症,hANP上昇で,この中でもFIM低下が死亡に関わる最も強い関連因子であった.【結語】入院透析患者のADLは半減し,ADL低下が生命予後悪化に強く関連する可能性がある.
透析技術
  • 楢村 友隆
    2014 年 47 巻 2 号 p. 137-143
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/06
    ジャーナル フリー
     透析液安全管理における透析液中エンドトキシン(ET)測定の重要性は広く認識され,多くの透析施設にてET試験による透析液清浄化評価が行われている.ライセート試薬を用いたET試験法は,測定に使用する器具や測定装置,また測定環境の影響を受けやすいため,測定ごとに検量線を作成して定量することが望まれるが,操作が煩雑なことから,ライセート試薬のロットごとにメーカーにて測定した検量線データを測定装置に入力して検量線を作成するという,いわゆる保存検量線を使用する方法も汎用されている.しかし,透析液中のET測定において,このような保存検量線を利用した際の測定値の正確性および精度を検証した報告は見出せない.そこで,透析液中ET測定における保存検量線使用の妥当性を検討・評価した.結果,保存検量線を用いた場合でも,反応干渉因子試験,検出限界,透析液の定量限界においてHDF研究会作成のバリデーション指針に定めた測定試薬のバリデーション基準に適合することが確認され,室内再現精度も良好であった.よって,試験者はメーカー推奨の操作ができるように事前に教育訓練を受け,測定装置は校正点検されたものを用いるという管理された条件化において,透析液ET測定における保存検量線使用の妥当性が確認された.
症例報告
  • 中里 優一, 四宮 敏彦, 外山 聡彦, 倉根 理一, 下山 博身
    2014 年 47 巻 2 号 p. 145-149
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/06
    ジャーナル フリー
     透析患者ではレストレスレッグス症候群(RLS)の有病率が高く,またさまざまな原因による慢性疼痛に悩む者が多い.症例は16年の透析歴のある70歳代女性で,約2年前よりRLSに対してプラミペキソールを内服し,さらにその後悪化した腰痛に対してオピオイド鎮痛薬ブプレノルフィンのパッチ剤を7か月前より貼付していた.本人の希望によりブプレノルフィン貼付を中止したところRLS症状が進行性に増悪し,透析継続が困難となるほどまでとなった.貼付再開により症状は急速に改善し,症状悪化はブプレノルフィン中断による症状であったと考えられた.今後オピオイドからの離脱が困難となる可能性もあり,RLSを持つ透析患者の慢性疼痛に対しては慎重な治療薬選択が必要と考え,本症例を報告する.
  • 山崎 潤, 中嶌 知子, 佐藤 雄久, 銭谷 慕子, 井上 佑一, 吉田 顕子, 中村(内山) ふくみ, 大西 健児, 井下 聖司
    2014 年 47 巻 2 号 p. 151-157
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/06
    ジャーナル フリー
     症例は72歳,女性.70歳の時に紫斑病性腎炎による慢性腎不全のため血液透析を開始し,同時期に骨髄異形成症候群(MDS)と診断された.2か月前より発熱を認め,近医で抗菌薬治療を継続したが改善せず,1週間前より意識障害が出現したため当院に転院になった.髄液検査で初圧40 cmH2Oと亢進,墨汁染色で酵母様菌体を認め,髄液・血液の抗原・培養陽性でクリプトコッカス髄膜脳炎と診断した.抗真菌薬(L-AMB+5-FC)を投与し,髄液ドレナージによる除圧を適宜行った.各種培養は陰性化し炎症反応も改善,クリプトコッカス髄膜脳炎は改善傾向であったが,意識障害は不可逆的であった.その後全身状態が悪化し死亡した.透析患者は糖尿病合併者や高齢者が増加していることで感染症発症リスクが増大している.細胞性免疫や好中球機能に異常を認め,真菌感染症の割合も高い.中でもクリプトコッカス感染症は初期には非特異的な症状のみで緩徐な発症様式であるため見逃されやすく,進行すると予後は悪い.血液・髄液の抗原検査により診断可能であり,血液透析患者の不明熱の鑑別に本疾患をあげて,早期診断をすることが重要と考えられる.
  • 西川 真那, 寺西 哲也, 森澤 俊英, 山内 健史, 日並 義統, 関 保道, 上山 茂充, 三木 隆
    2014 年 47 巻 2 号 p. 159-165
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/06
    ジャーナル フリー
     52歳男性.30歳頃に糖尿病を指摘,40歳から経口血糖降下薬が,51歳よりインスリンが開始となった.インスリン開始約8か月後から,インスリンを増量しても血糖値が300~600mg/dL台に上昇しインスリンの作用不全を呈した.また同時期にインスリン注射部位の皮疹も出現した.当科に紹介となり,紹介時IRI(immunoreactive insulin)は5,182.6μU/mLと著明高値であった.インスリン抗体(抗体価5,000以上,結合率90%以上)を認めscatchard plot解析では高結合能,低親和性の性質であり,この抗体の出現が血糖変動の増大の主因と考えた.また皮疹については皮内テストからインスリンアレルギーと診断した.インスリン投与によるさらなる抗体産生を避けるためインスリンを中止し,入院の上27kcal/kgの食事療法下で複数の経口血糖降下薬によるコントロールを試みたが血糖値はさらに上昇した.インスリンを併用せざるを得ず,特に誘因のない低血糖も繰り返すようになった.このためインスリン抗体除去を目的に計5回二重濾過血漿交換(DFPP)を行ったところ,インスリン抗体結合率は73.5%にIRIは746.9μU/mLに低下した.DFPP後インスリンは投与せず内服薬のみで血糖コントロールを行い,結合率やIRI値はその後も低下した.また皮疹はDFPP後数日で消失した.DFPPによるインスリン抗体の除去が高インスリン血症や糖毒性の解除につながり,インスリンの自己分泌と内服薬のみでの良好な血糖コントロールを可能とした.以後2年間を経過しても,内服薬のみで良好な血糖コントロールを維持できている.DFPPによるインスリン抗体の除去により長期に良好な血糖コントロールを得た報告はない.本症例ではインスリンの自己分泌能が保たれていたためDFPPによるインスリン抗体の除去が奏功したと考えられた.
日本小児腎臓病学会調査報告
feedback
Top