日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
49 巻 , 3 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
総説
原著
  • 愛甲 美穂, 日高 寿美, 石岡 邦啓, 五十嵐 愛子, 坊坂 桂子, 山下 昭二, 持田 泰寛, 守矢 英和, 大竹 剛靖, 高橋 宏, ...
    2016 年 49 巻 3 号 p. 219-224
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/03/28
    ジャーナル フリー
    透析患者は末梢動脈疾患 (peripheral arterial disease : PAD) の合併が多く, 重症虚血肢に至ると予後は著しく不良である. 予後改善にはPADを早期に診断・治療することが重要である. 足病変とPADの有無に基づき6つに区分し, 各区分に対するフットケアの間隔と内容を定めたフットケアプログラム (鎌倉分類) を策定した. 当院外来維持血液透析患者を対象に, 鎌倉分類導入前の2011年度群 (n=185) と, 導入後の2012年度群 (n=196), 2013年度群 (n=196) とに分け, 下肢潰瘍と切断発生件数をCochran-Armitage傾向検定を用い比較検討した. 新規潰瘍発生は, 2011年4.9件/100人・年であったが, 2012年3.1件, 2013年1.5件と有意に減少した (p=0.03). 下肢切断発生症例はすべて小切断で, 2011年1.6件/100人・年, 2012年1.0件, 2013年0.5件と推移した (p=0.14). 足病変を有する群で足関節および足趾上腕血圧比は足病変を有さない群に比較して低値であった. 足病変の有無を加味した透析患者における鎌倉分類はフットケアプログラムとして有用であり, 早期介入の意義が示唆された.
  • 熊谷 悦子, 古町 和弘, 宮田 智孔, 佐中 孜
    2016 年 49 巻 3 号 p. 225-231
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/03/28
    ジャーナル フリー
    【目的】 腎不全用必須アミノ酸製剤内服のアミノグラムと栄養指標の改善効果を検討. 【対象】 透析歴1年以上で, 3.0g/dL≦血清アルブミン<3.8g/dL, 摂取熱量25kcal/kg/day以上の34例. 肝機能障害, CRP≧2.0mg/dL, 透析前HCO3 16mEq/L以下, HbA1c 6.5%以上, BMI 18未満は除外. 【方法】 投与前, 投与後1, 2, 3か月後の血液検査, 投与前と投与3か月後にアミノ酸分析を施行. 【結果】 非必須アミノ酸 (NEAA) は有意に低下, EAA/NEAAは有意に上昇. 分岐鎖アミノ酸/総アミノ酸は有意に上昇. 腎不全用必須アミノ酸製剤は有意に低下, 必須アミノ酸と非必須アミノ酸の比, アミノ酸総量に占める分岐鎖アミノ酸は有意に上昇した. 血清アルブミン<3.5g/dLの群でアルブミン値の上昇傾向がみられた. 【結論】 EAAの内服は透析患者のアミノグラムと栄養状態の改善に寄与する可能性が示唆された.
症例報告
  • 佐野 隆, 髙橋 遼, 島田 芳隆, 正木 貴教, 竹内 和博, 小川 みゆき, 鎌田 真理子, 村野 順也, 内藤 正吉, 青山 東五, ...
    2016 年 49 巻 3 号 p. 233-239
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/03/28
    ジャーナル フリー
    胸腔鏡下胸膜生検により尿毒症性胸膜炎と診断した維持血液透析患者の3例を報告する. 男性2例, 女性1例, 年齢は55~76歳, 透析歴は3~37年で, 3例ともに胸水貯留を伴う呼吸困難で発症した. 胸水穿刺の結果, いずれも血性, 滲出性胸水であった. 胸膜生検所見は, 3例ともに線維素性変化と非特異的な炎症細胞浸潤を認め, 感染や悪性腫瘍を示す所見は認めなかった. 以上より, この3例を尿毒症性胸膜炎と診断した. 全例に透析による除水強化や透析効率の改善, 抗凝固薬の変更を行うも, 胸水や呼吸状態は改善せず, 2例に抗結核療法を行ったが胸水は減少しなかった. 経口プレドニゾロンを投与した1例は, 胸水, 呼吸状態の著明な改善を認め, 治療に反応しなかった2例は肺炎, 呼吸不全で死亡した. 尿毒症胸膜炎の診断に胸腔鏡下胸膜生検は有用であった. 治療抵抗性の尿毒症性胸膜炎は予後不良であり, ステロイド療法が予後を改善する可能性が示唆された.
  • 出口 央晋, 中原 舞, 尾田 佑美, 南 真人, 猪俣 美穂, 古城 卓真, 村岡 良朗, 阿部 正治, 小山田 美紀, 吉嶺 陽造, 徳 ...
    2016 年 49 巻 3 号 p. 241-246
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/03/28
    ジャーナル フリー
    症例は70歳女性. 全身倦怠感を主訴に受診したところ, 高カリウム血症, 高度貧血と急速進行性糸球体腎炎を認めた. 直ちに輸血および血液透析を開始, 肺炎および肺胞出血もありMPO-ANCAが著明高値であったことから顕微鏡的多発血管炎としてステロイドパルス療法による加療を行った. 後療法としてプレドニゾロン40mg/日を投与するも腎機能の改善はみられず, 週3回の血液透析を継続した. ヘパリンによる抗凝固療法も併用し, 適正にコントロールを行った. 第22病日に右下腹部に急激な腹痛が出現, 翌日には鶏卵大の腫瘤が触知され, 腹部単純CTにて腹直筋血腫の診断に至った. 第24病日に急激な貧血の進行を認めたことから腹部造影CTを施行し, 血腫評価および出血部位の同定を試みたが, 血腫の増大もなく出血も明らかでなかったため保存的に加療を行った. 複数の危険因子を有する症例で, 突然の強い腹痛は本症を念頭におくことが重要である.
  • 井上 剛志, 米田 龍生, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 青木 勝也, 田中 宣道, 吉田 克法, 藤本 清秀
    2016 年 49 巻 3 号 p. 247-252
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/03/28
    ジャーナル フリー
    右側大動脈弓に左鎖骨下動脈が分枝し, その起始部が瘤化したKommerell憩室瘤は非常にまれな疾患である. 今回, 腎摘除術を契機にKommerell憩室瘤増大による気管狭窄をきたし死亡した腹膜透析患者の1例を経験したので報告する. 症例は78歳, 男性. 2009年糖尿病性腎症にて腹膜透析を導入した. 2005年に右側大動脈弓, 左鎖骨下動脈起始異常およびKommerell憩室瘤を指摘され, 当院心臓血管外科通院中であった. 経過観察中のCTで右腎癌を指摘され, 当科紹介受診した. 精査にて両側腎癌と診断され, 腹腔鏡下右腎摘除術を施行した. 術後, 抜管の際に喘息様発作を認め, ICUへ入室となった. 入室後抜管したが気管狭窄症状が強く再挿管となった. 気管支鏡で高度の気管狭窄を認め, Kommerell憩室瘤増大による気管狭窄と診断された. 浮腫軽減目的にCHDFでの除水を継続したが改善なく, 呼吸状態悪化により死亡した.
  • 石塚 梓, 中村 敏子, 岸田 真嗣, 大田 祐子, 林 真一郎, 吉原 史樹, 早川 幹人, 山上 宏, 宮下 光太郎, 長束 一行, 森 ...
    2016 年 49 巻 3 号 p. 253-259
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/03/28
    ジャーナル フリー
    症例は67歳女性の維持透析患者で心房細動, 心臓弁膜症の既往がある. 左上下肢の脱力にて当院に緊急搬送された. 来院時, 左片麻痺と半側空間無視を認め, 頭部MRI・MRA検査にて右中大脳動脈領域の急性期心原性脳塞栓症と診断した. 発症4時間半後に遺伝子組み換え型組織プラスミノゲンアクチベーター (rt-PA) を静脈投与したが改善なく, 引き続いて血管内治療を行った. 発症7時間後に機械的再開通に成功し, 明らかな後遺症なく第17病日に自宅退院した. rt-PA治療が無効であった急性期脳塞栓症に対して血管内治療を行い, 著しい改善が得られた維持透析患者の1症例を経験した. 文献的考察を含めて報告する.
  • 吉田 衣江, 奥野 良樹, 髙橋 延行, 大宮 美香, 辻 みゆき, 土手 絹子, 楊 培慧, 諏訪 惠信, 妹尾 健, 高山 康夫
    2016 年 49 巻 3 号 p. 261-266
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/03/28
    ジャーナル フリー
    症例は80歳女性. 左腰背部痛, 心窩部痛, 嘔吐, 下痢を主訴に来院し, 急性胃腸炎を疑われて入院となった. 入院後から無尿となり, 急性腎障害, うっ血性心不全を認めたため, 血液透析を開始した. 血液検査ではLD値が2,270U/Lまで上昇, 慢性心房細動があり心臓超音波検査で両心房内に巨大血栓像 (左房42×26mm, 右房21×17mm) を認めたことから腎梗塞を疑い, 腹部造影CTを施行した. その結果, 左腎に多数の造影欠損域を認め腎梗塞と診断した. 血液透析によってうっ血性心不全は改善したが, 腎梗塞, 心房内血栓に対し抗凝固療法を開始したものの, 元来片腎であったため腎機能は改善せず無尿が持続し, 維持透析が必要となった. その後も長期間抗凝固療法を継続し, 新たな塞栓所見は認めなかったが両心房内血栓は縮小せず経過した. 本症例は巨大心房内血栓が原因となって発症した腎梗塞と思われ比較的まれな症例と考えられる.
feedback
Top