日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
50 巻 , 7 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
原著
  • 櫻井 真由美, 大野 良晃, 槇野 亮次郎, 杉田 省三, 井上 圭右, 吉本 充, 稲葉 雅章
    2017 年 50 巻 7 号 p. 457-463
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー

    透析患者においては歩行速度の低下が予後の悪化や入院のリスクとなることが報告されている. このため当院で患者の歩行速度を改善させるために透析前5分間のバランスマット上の運動を2か月間施行したところ, コントロール群12名は歩行速度に変化がなかったのに対し運動群13名は0.81±0.19m/sから1.05±0.20m/sと有意に改善した (p=0.043). 歩行速度と骨格筋指数 (SMI), 握力, 開眼片足立位時間, 5回立ち上がり所要時間とは単相関を示した. 重回帰分析では5回立ち上がり所要時間のみが歩行速度に対して有意な因子であった (p=0.002). 運動群では介入後2か月の歩行速度と片足立位時間, 5回立ち上がり時間はそれぞれ相関を示したが重回帰分析では5回立ち上がり時間のみが有意であった (p=0.003). バランスマット上の運動で歩行速度が改善し, 最も寄与した因子は下肢筋力の向上である可能性が示唆された.

  • 一色 啓二, 八田 告, 磯野 元秀, 牧石 徹也, 永作 大輔, 新宮 良介, 鹿野 勉, 渋谷 和之, 富田 耕彬, 西尾 利二, 金崎 ...
    2017 年 50 巻 7 号 p. 465-472
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー

    【目的】血液透析患者のヘモグロビン (Hb) 変動に影響を及ぼす因子を解析しHb変動と予後の関係を検討した. 【対象と方法】6か月間のHb変動を算出した血液透析患者613例を対象とした. Hb変動はHb値回帰直線の残差標準偏差の平均値 (Hb-RSD) を用いた. Hb-RSDに影響を及ぼす因子を重回帰分析で解析し30か月間の入院歴・死亡を後ろ向きに調査した. Hb-RSDを中央値で2群に分け入院累積率・生存率をカプランマイヤー法で, Hb-RSDと予後の関係はコックス比例ハザード法で解析した. 【結果】Hb-RSDに影響を及ぼす因子はフェリチン値, 観察期間中の入院歴, 鉄剤使用であった. Hb-RSD高値群は有意に入院累積率が高く生存率は低かった. Hb-RSDは死亡の独立した危険因子であった (HR 2.54, 95%CI 1.06-6.06, p=0.036). 【結語】Hb変動は血液透析患者の予後予測因子であることが示された.

  • 末永 (福山) 美佐子, 甲斐田 裕介, 中野 薫, 山田 (小原) 奈々, 安達 武基, 安藤 亮太郎, 杉 健三, 深水 圭
    2017 年 50 巻 7 号 p. 473-476
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー

    【目的】近年24時間自由行動下血圧測定 (ABPM) の普及で, ABPMにより測定したambulatory arterial stiffness index (AASI) が, 動脈硬化や心血管イベント, 特に脳梗塞の指標としての有用性が評価されてきている. しかしながら血液透析 (HD) 患者におけるAASIの有用性については明らかでない. われわれはHD患者においてAASIが頸動脈末梢血管抵抗 (resistance index: RI) と関連するかについて検討した. 【方法】HD患者15名に対しHD前から24時間ABPMを行った. ABPMより算出したAASIと超音波ドップラー法で検査した頸動脈RI (総頸動脈: common carotid artery: CCA, 椎骨動脈: vertebral artery: VA) との関連について統計学的に検討した. 【結果】ABPMより算出したAASIは1.39±0.10と高値であった. CCA-RIとVA-RIは, それぞれ0.83±0.05, 0.75±0.09であり, AASIとそれぞれ有意に正相関していた (CCA-RI: R2=0.353, p=0.02, VA-RI: R2=0.474, p=0.005). 【結論】血液透析患者におけるABPMから算出されるAASIは頸動脈末梢血管抵抗を反映しており, 脳血管障害の指標となる可能性が示唆された.

  • 内村 英輝, 安田 麻里絵, 内山 清貴, 伊藤 智章, 田島 敬也, 菱川 慶一, 安部 瑞歩, 芳山 麻優, 河地 真由美
    2017 年 50 巻 7 号 p. 477-482
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー

    血液透析において, 太い針の穿刺による侵害受容性疼痛は避けることができず, 患者の深刻な悩みの一つである. この疼痛に対し, 著しい改善をもたらすリドカイン-プロピトカイン配合クリーム (エムラ®クリーム) が2015年に日本で効能追加となった. 当院においてリドカインテープにて疼痛緩和が十分でない患者21症例に対し, 同クリームを前腕または上腕の穿刺予定部位に塗布した. NRS (numerical rating scale) を用いて定量的な評価を行ったところ, 有意に疼痛が減少した (リドカインテープで8.0±1.2, リドカイン-プロピトカイン配合クリームで2.1±2.2, p<0.0001). 「無痛透析」を「穿刺時の侵害受容性疼痛が消失すること」と定義すると, 同薬で「無痛透析」が実現された症例もあった. 痛みは単に患者のQOL低下をもたらすのみならず, 生体のホメオスタシスをも妨げるゆえ, 医療者は痛みを積極的に管理することが重要である. リドカイン-プロピトカイン配合クリームは, 透析の穿刺痛を著しく緩和し, 患者のQOLを高めた.

短報
  • 小林 恵, 長岡 由女, 葉山 修陽, 菅野 義彦, 栗原 怜
    2017 年 50 巻 7 号 p. 483-486
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー

    慢性透析患者の食事療法基準において食塩摂取量は体重にかかわらず一人1日6g未満とされてきたが, これに従った場合, 一定体重以下の患者では食事摂取量の低下から適正な体重増加がみられずに生命予後が悪化する可能性が示唆されている. 当院における無尿の血液透析患者40名における249機会の体重増加率と食塩摂取量の相関を求めることで, 適正とされているドライウェイト (DW) の5%の体重増加に相当する食塩摂取量を検討した. DW 1kg当たり食塩摂取量とDWに対する体重増加率の回帰分析により, DWに対する体重増加率が5%となる食塩摂取量を算出するとその食塩摂取量は0.14g/kg/日となった. 現在の食事療法基準では食塩摂取量の調整が認められているが, その調整の指標として有用と考えられた.

症例報告
  • 上原 圭太, 櫻田 勉, 足利 光平, 中野 恵美, 柴垣 有吾, 明石 嘉浩
    2017 年 50 巻 7 号 p. 487-492
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー

    症例は68歳, 男性. 3年前に糖尿病性腎症による慢性腎不全にて血液透析を開始. 2日前より頻回の水様便・嘔吐がみられ, 隔離透析後に帰宅. その後呼吸困難感が出現したため当院救急外来を受診. 心電図・心臓超音波検査から急性冠症候群が疑われ緊急で心臓カテーテル検査を施行. 以前と比較し冠動脈に明らかな変化はみられないが, 左室造影にて心尖部の壁運動の消失を認めたことから, たこつぼ症候群と診断. 血圧とドライウェイトの調整にて症状軽快し第12病日に退院した. たこつぼ症候群を発症した維持透析患者59例について検索した結果, 女性に多く, 発症時年齢65歳と非透析患者と同様であった. 発症時の徴候は, 心電図変化が42例 (71.2%) と最多で, 発症要因は精神的ストレスと重症疾患がそれぞれ14例 (23.7%) と最多だった. ストレス下や透析導入期に発症した急性冠症候群を疑わせる症例では, たこつぼ症候群を鑑別にあげる必要がある.

  • 前川 洋, 根岸 康介
    2017 年 50 巻 7 号 p. 493-500
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー

    腹腔-静脈シャント (PVS) は, 塩分制限や大量の利尿薬でコントロールのつかない難治性腹水に対する治療オプションの一つとしてあげられる. 今回われわれは腹腔鏡下幽門側胃切除術後に難治性乳糜腹水を認め, それに伴う急性腎障害 (AKI) を生じた症例を経験した. 乏尿となり, 腎機能は改善せず血液透析を導入したが, 腹水に対しては再三の腹水濾過濃縮再静注法を施行したものの腹水はコントロールできなかった. さらに低アルブミン血症が進行し, ショックに至り透析困難症を生じた. 腹水のコントロールと血圧の維持のためPVSが挿入されると, 腹水量は著減し, 血圧も上昇した. これによりノルアドレナリンを使用せずとも血液透析が可能となった. PVSは難治性乳糜腹水を伴う透析困難症に有効であることが示唆された.

feedback
Top