工学教育
Online ISSN : 1881-0764
Print ISSN : 1341-2167
ISSN-L : 1341-2167
46 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 宋 相載
    1998 年 46 巻 1 号 p. 2-7
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
    工学教育は,一国の繁栄と豊かな社会建設,そして,21世紀のグローバル時代に国家間の競争力増強から極めて重要である,という観点から,今日工学教育が直面しているジレンマ,すなわち,大衆化の中で工学教育の質的向上と工学研究の国際競争力の維持・強化への問題点を整理し,工学教育研究の国際競争優位性を高揚させる一つの構想について論究する。
  • パーク チョル
    1998 年 46 巻 1 号 p. 8-11
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
    独創的な科学技術者を育てるための将来の日本の教育制度をここに提案する。独創性は個人の差を認め,それを助長する事により達成される。米国が1957年のスプートニクの時に覚醒し採択した英才教育を日本が今から採択するべきである。その内容の重要な点は:(1)大学新入生選抜には個人の特技を優先的に考慮する。(2)小学校より大学卒業までセンターテストを専門家を集めた常設組織で作る。大学入学筆記試験は年数回行う。(3)筆記試験問題は個人の進度の差を測る事が出来る様広範囲にし,一つの科目に優れた学生に有利な様にする。(4)学年制度は廃止し個人の能力によりどの学年でも入れるようにする。高校の上級では資格ある学生に大学の教科を教える。(5)大学学部の募集人数は大学が任意に決める。(6)大学の質と水準を透明化し大学問の転学編入を容易にする。(7)政府は個人特技競争会の公平な運用,奨学金分配,各大学の評価の透明性の維持などの役割を担う。(8)ハイテクのための特殊税を賦課し,その収入を奨学金と企業の研究所や大学への助成金として使う。
  • 武田 邦彦
    1998 年 46 巻 1 号 p. 12-16
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
    工学備理教育では,(1)近代工学が社会に与えた精神界への打撃,労働の追放,環境の破壊などの事実内容についての講義,(2)工学倫理の自然科学的合理性,工学の社会に対する合目的性,工学の一方向性などの考え方についての講義,及び(3)原子爆弾投下,エイズ問題,遺伝子操作による動物の飼育などの主要な事例研究と演習,さらに(4)工学倫理組合の結成,労働形態の変更など社会生活への働きかけの可否などの講義と討論をもとに構成するのが適当であると考えられる。また,工学的内容を持つ事例の講義とその倫理学的哲学的内容を教授することが必要な工学倫理教育では複数の教育者の共同教育が必要であろう。
  • 檜垣 泰彦, 池田 宏明
    1998 年 46 巻 1 号 p. 17-20
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
    ネットワーク分散型マルチメディア技術を遠隔・分散学習に応用したマルチメディア遠隔学習システムの設計を行った。通信回線としては高速でかつ現時点で最も現実的なBRI-ISDNを採用し,家庭から教材サーバをアクセスすることを可能とした。出先からのアクセスも可能とするため,PHSによる移動端末に対応した。WWWによる双方向情報交換基盤を備え,ビデオオンデマンド機能,知的CAIサーバ機能を備えている。
  • 清水 優史
    1998 年 46 巻 1 号 p. 21-25
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
    著者は過去8年学生の創造性と国際性を高めることを目的とした,講義と国際デザインコンテストを,世界6ケ国の大学と協力して実施してきた。エンジニアが創造的であるためには,自ら情報を集め,考え,決定する,自立型である必要がある。周りの流れに依存する依存型の学生を,自立型に変える為には,物作りを取り入れた講義で「誰も正解を知らない問題」に挑戦させることは有効である。現在世界の6大学で協力してこのような講義を実施している。また同時に学生に国際化の重要性を認識させるために,講義を受けた学生の代表を集め国際チームを作り,約2週間協同でマシンを設計,制作させる国際デザインコンテストを実施し,効果を上げている。
  • 内田 盛也
    1998 年 46 巻 1 号 p. 26-31
    発行日: 1998/01/30
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
  • 1998 年 46 巻 1 号 p. 41
    発行日: 1998年
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top