環境感染
Online ISSN : 1884-2429
Print ISSN : 0918-3337
ISSN-L : 0918-3337
7 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 三木 寛二, 笠倉 新平, 貫名 正文, 仲西 寿男, 坂崎 利一
    1992 年 7 巻 1 号 p. 1-4
    発行日: 1992/06/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    当院で収集したMRSA129株をGillespieらの方法に従い感受性テストを行った. さらに, 20~80%の菌株が耐性を示したアミカシソ, クロラムフェニコール, クリンダマイシン, ゲンタミシン, ネオマイシン, ストレプトマイシン, トブラマイシン, アクリフラビン, 硝酸カドミウムおよび臭化エチジウムの合計10種類の化学療法剤および重金属を選び, これらの耐性パターンで型別した. 供試株は55表現型に分けられ, ある病棟では特定の表現型に偏りがみられ病院感染の疑いが示唆されたが, それ以外の病棟では表現型の偏る傾向はみられなかった. MRSAの病院感染疫学追究のマーカーとして, 本テストは再現性, 手技の簡便性, 迅速性および経済性の点で臨床細菌検査室に適した方法と思われる.
  • 高山 哲, 岡野 善郎, 橋本 強
    1992 年 7 巻 1 号 p. 5-8
    発行日: 1992/06/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    1990年11月21日より12月27日まで (冬期), および1991年7月22日より8月29日まで (夏期) にそれぞれ418本と239本のIVH輸液投与患者の装着する輸液フィルターの無菌試験を行った. このうち冬期には17本 (4.07%), 夏期には17本 (7.11%) に細菌の捕捉を認めたことより, 輸液の細菌汚染と判定した.
    夏期の汚染頻度は冬期に比べて増加し, また夏期の汚染頻度は三方活栓の使用時に有意に増加した (p<0.05). 一方, 冬期には三方活栓使用の影響は認められなかった.
    輸液フィルターには冬期18株, 夏期20株の細菌および真菌を捕捉した. 冬期においてはグラム陽性球菌が77.8% (14株), 夏期においてはグラム陽性球菌が50% (10株) およびCandida spp.が30% (6株) を占めていた.
  • 花谷 勇治, 蓮見 直彦, 浅越 辰男, 高見 博, 四方 淳一
    1992 年 7 巻 1 号 p. 9-13
    発行日: 1992/06/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    1987年から1990年までの4年間に行った消化器手術724例中156例 (21.5%) に230件 (菌血症78, 創感染62, 呼吸器感染29, 腹腔内感染28, 尿路感染19, 腸炎6, 胆管炎6, 褥瘡感染2) の術後感染症が発生した. 術後感染症の発生頻度 (p<0.01) およびその内容 (p<0.001) には手術部位によって有意差を認めた.
    術後感染症156例中46例 (29.5%), 230件中55件 (23.9%) からMRSAが検出された. 高齢者ほどMRSAが高率に検出される傾向は認められず, むしろ60歳未満のMRSA検出率が高値を示した (p<0.05). 性別では男性, 基礎疾患が悪性, 併存症を有する症例ではMRSA検出率が高い傾向を認めた (p<0.10). 感染症別のMRSA検出率は腸炎 (100%, p<0.001), 腹腔内感染 (57.1%, p<0.001), 呼吸器感染 (41.4%, p<0.05) では高く, 逆に菌血症 (7.69%, p<0.001), 尿路感染 (5.56%, p<0.10) では低いかまたは低い傾向を認めた.
    術後に第三世代セフェムを投与した症例のMRSA検出率 (37/65, 56.9%) は第一世代セフェム (0/7, 0%, p<0.05) および第二世代セフェム (9/43, 20.9%, p<0.001) 投与例に比べ有意に高率であった.
    術後感染症156例中30例 (19.2%) が死亡した. 感染症別では呼吸器感染 (11/29), 腹腔内感染 (9/28) の死亡率が有意に高率であった (p<0.001). また, MRSA検出例の死亡率 (19/46, 41.3%) は非検出例 (11/110, 10.0%) に比べ有意に高率であった (p<0.001).
  • 高月 清
    1992 年 7 巻 1 号 p. 17-19
    発行日: 1992/06/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 熊本 悦明, 永山 在明, 山崎 修道, 高橋 成輔, 北村 敬, 大里 和久, 川名 尚
    1992 年 7 巻 1 号 p. 20-31
    発行日: 1992/06/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 川名 林治, 野本 亀久雄, 小林 寛伊, 菅野 治重, 武内 可尚, 柏木 征三郎, 今田 寛睦
    1992 年 7 巻 1 号 p. 32-44
    発行日: 1992/06/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 1992 年 7 巻 1 号 p. 45-84
    発行日: 1992/06/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
feedback
Top