日本食品工学会誌
Online ISSN : 1884-5924
Print ISSN : 1345-7942
検索
OR
閲覧
検索
14 巻 , 3 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
解説
  • 吉井 英文
    14 巻 (2013) 3 号 p. 119-124
    公開日: 2015/06/18
    ジャーナル フリー
    噴霧乾燥は,機能性食品粉末を作製する手法として非常に重要である.噴霧乾燥粉末中緩和現象であるフレーバー,水の拡散係数に関する重要な研究報告を概観した後,噴霧乾燥粉末からのフレーバー徐放挙動結果の一例を示し,徐放挙動がAvrami式で良好に相関できることを示した.噴霧乾燥粉末の構造がフレーバー徐放挙動に影響を及ぼす例として,噴霧乾燥機への供給液温を変えて作製した粉末の空孔の大きさと殻厚みが異なる粉末のフレーバー徐放速度と安定性が異なることを示し,噴霧乾燥粉末の特質に粉末構造が重要であることを示した.噴霧乾燥粉末からのフレーバー徐放挙動を観察する手法として,一定温度で湿度を直線的に変化させた空気を噴霧乾燥粉末に流して徐放するフレーバー量を測定する定速昇湿法フレーバー徐放測定法について示した.噴霧乾燥粉末の特質を調べる上で,粉末構造を考慮した研究の重要性を指摘した.
    抄録全体を表示
ノート
  • 中村 結花子, 藤田 かおり, 蔦 瑞樹, 杉山 純一, 粉川 美踏, 吉村 正俊, 柴田 真理朗, 鍋谷 浩志, 荒木 徹也, 中村 哲
    14 巻 (2013) 3 号 p. 125-129
    公開日: 2015/06/18
    ジャーナル フリー
    2008年産の日本産サトイモ117個,2008年産の中国産サトイモ23個を粉砕、均一化したのち、それらの蛍光指紋を励起,蛍光波長範囲200-900 nmにおいて,10 nmおきに計測した.得られたデータはキャリブレーションとバリデーションセットに二分した.前者に正準判別分析を適用し,サトイモの産地を判別するモデルを構築した.得られたモデルをバリデーションセットに適用したところ,誤判別率は9.4%となった.Receiver Operating Characteristic(ROC)曲線の下の面積であるArea Under the Curve(AUC)を蛍光指紋法について求めたところ,微量元素濃度のみおよび微量元素濃度とSr安定同位体比の組み合わせによる既往の産地判別法と同等の値を示した.これらの結果から,蛍光指紋による迅速かつ高精度なサトイモの産地判別の可能性が示された.
    抄録全体を表示
注目しています.その技術!
 
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top