日本食品工学会誌
Online ISSN : 1884-5924
Print ISSN : 1345-7942
7 巻 , 4 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 山本 修一
    2006 年 7 巻 4 号 p. 215-224
    発行日: 2006/12/15
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
    主として糖溶液をモデルとした食品乾燥における水分拡散機構と酵素失活機構について解析した.乾燥速度から拡散係数の濃度依存性を決定する方法を確立し, 種々の糖溶液について測定し, 相関式を作成した.表面物性制御の重要性についても明らかとした.糖溶液中の酵素が乾燥時に失活する過程を拡散モデルと失活速度式を組み合わせたモデルで推定できることを示すとともに, 適切な条件を選択すると非常に安定化できることを明らかとした.
  • 伊佐 亜希子, 羽倉 義雄, 鈴木 寛一
    2006 年 7 巻 4 号 p. 225-232
    発行日: 2006/12/15
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
    遠赤外線加熱を付加した小型の過熱水蒸気処理試験装置を試作し, 過熱水蒸気に遠赤外線加熱を併用した場合の伝熱促進効果および熱効率を過熱水蒸気単独処理の場合と比較した.3種類の過熱水蒸気温度120, 150, 200℃に遠赤外線ヒータ250, 300, 350, 400℃を組み合わせて加熱処理し, 水で十分に濡れた試料を用いた恒率乾燥速度から伝熱速度を求めた.
    過熱水蒸気処理に遠赤外線を付加した場合, 遠赤外線ヒータに加える熱流が過熱水蒸気生成熱流の1/5程度で伝熱速度は過熱水蒸気単独処理の2倍以上となった.過熱水蒸気の温度によっては, 400℃の遠赤外線加熱を併用した場合の熱効率は, 過熱水蒸気単独処理の約2~4倍以上になった.蒸気量の少ない低温 (120℃程度) の過熱水蒸気に高温の遠赤外線加熱 (400℃程度) を併用すれば, 少ない熱流で遠赤外線加熱の付加による高い伝熱促進効果が得られ熱効率も向上した.さらに, 遠赤外線加熱を併用した過熱水蒸気処理では, 装置立ち上げ時間の大幅な短縮や低熱流での加熱処理庫内温度の維持が可能であった.
  • ハシェミ ジャフア, 清水 直人, 木村 俊範
    2006 年 7 巻 4 号 p. 233-244
    発行日: 2006/12/15
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
    イランではバッチ式の乾燥機により主要な穀物である籾水分を9%まで乾燥する.香り米籾の最終水分が, 約12% (標準水分籾) と約9% (低水分籾) になるように籾温度30, 40, 50, 60℃の4つの処理区で試料籾を乾燥処理し, 得られた籾, 玄米, 精米の物理的性質および炊飯特性を調べた.低水分籾の歩留まりの結果として, 対照処理区 (乾燥処理条件: 温度25℃, 相対湿度60%) の籾と比べて, 60℃の乾燥処理区では歩留まりが20%低く, 30℃と40℃の乾燥処理区では4%高かった.炊飯特性試験における加熱吸水率と膨張容積比は, 乾燥処理の温度が高くなると低下した.低水分籾では, 温度が40℃もしくはそれ以下の乾燥処理の場合, 高い歩留まりを示すことが明らかになった.加えて, 温度 (50-60℃) の乾燥処理は, 胴割れ粒, 乾燥エネルギを増加させ, 歩留まり, 加熱吸水率および膨張容積比を低下させる原因となる.高い歩留まりの維持と炊飯特性試験の指標が, 乾燥プロセス最適化の目安となり, 香り米を低水分まで40℃以下の温度で乾燥処理する条件によってもたらされる.物理的性質と炊飯特性試験の結果から, 40℃以上の高い温度での乾燥処理は, 日本型香り米の品質劣化をもたらす.
  • Hisashi YAMAMOTO
    2006 年 7 巻 4 号 p. 245-248
    発行日: 2006/12/15
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
    A theoretical analysis was given for the kinetics of an observable in general first-order reaction process (R→P) . It was assumed that reaction degree x≡ [P] / ( [R] + [P] ) obeyed a first-order reaction rate equation and that the observable o of sample during reaction was related with reaction degree through the mixing rule of a power-law type oν= (1-x) oνR+xoνP where oR and oP represent the values of observable, being proper to the reactant and the product respectively (oR<oP) . It was demonstrated for ν<1 that an observable-time curve could possess an inflection point at o*= (1-ν) 1/ν oP with the maximum growth rate do/dt= (1-ν) 1/ν-1oPK1. These results coincide in the ν→0 limit with those obtained for a logarithmic (ln o) mixing rule.
  • Takaharu SAKIYAMA, Yoichiro HONDA, Mika FUKUOKA, Tomoaki HAGIWARA, His ...
    2006 年 7 巻 4 号 p. 249-253
    発行日: 2006/12/15
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
    Knowledge of survival behaviors of microorganisms on solid surfaces is important to assess and control the risk of cross contamination for food being processed on the surface. Here we report the survival behavior of Escherichia coli left on polypropylene coupons with or without nutritious soil subjected to drying at room temperature. When E. coli cells were left on the coupons with 0.85% saline solution, decrease in the viable cell number was observed in two stages, each of which followed the first order kinetics. The specific death rate was 0.21 h-1 initially and reduced to 0.11 h-1 after the water content reached 3.9 g-water/g-solid. When E. coli cells were left with Luria-Bertani broth, as a model soil, of different water contents, the viable cell number did not show a distinct decrease until the water content reached 3-4 g-water/g-solid. After the water content went down below the threshold, the specific death rate was roughly 0.1 h-1 though deviation was large especially at the final stage of drying. E. coli survived on the surface even after 2 days, and coexistence of nutrients enhanced the final level of viable cells.
  • 向井 勇
    2006 年 7 巻 4 号 p. 255-256
    発行日: 2006/12/15
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
  • 2006 年 7 巻 4 号 p. e1
    発行日: 2006年
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
feedback
Top