日本食品工学会誌
Online ISSN : 1884-5924
Print ISSN : 1345-7942
早期公開論文
早期公開論文の2件中1~2を表示しています
  • 蔦 瑞樹, 吉村 正俊, 葛西 智, 松原 和也, 和田 有史, 池羽田 晶文
    論文ID: 18530
    発行日: 2019年
    [早期公開] 公開日: 2019/02/17
    ジャーナル フリー 早期公開

    2015年および2016年に収穫されたリンゴ‘ふじ’576個の可視-近赤外分光スペクトルをリンゴ用の選果機により取得した.スペクトル取得1ヶ月後に試料の切断面をスキャンし,内部褐変発生の有無を判定した.選果機に搭載されている上部・下部の分光器で取得したスペクトルそれぞれについて,新規に考案した総当たり差吸光度を含む様々な前処理を適用し,partial least squares discriminant analysisにより内部褐変発生の有無を予測するモデルを構築した.上部,下部それぞれについて誤判別率が最小となるモデルを組み合わせた「メタモデル」を構築したところ,誤判別率19.8%,感度88.6%,特異度78.1%の精度で内部褐変発生を予測可能であった.本研究では実際にリンゴの選果施設に導入されている装置を用いた.したがって,本研究の成果は容易に選果現場に応用可能であり,‘ふじ’の付加価値向上に寄与することが期待される.

  • Shiori OKI, Chika SATO, Natsuki KUBOTA, Keita NAKASHIMA, Kyoko ISHIKAW ...
    論文ID: 18534
    発行日: 2019年
    [早期公開] 公開日: 2019/02/17
    ジャーナル フリー 早期公開

    X-ray diffraction (XRD) was used to analyse potato starch with a 20% moisture content that was made digestion-resistant by the addition of palmitic acid and heat treatment at temperatures in the range of 120-160℃. This starch was also analysed for the quantity of fatty acids able to form starch complexes and in vitro digestion test. Changes in molecular structure that accompany starch-fatty acid complex formation were then investigated based on the results from these analyses. XRD analysis confirmed that fatty acid addition caused emergence of new peaks in the region of 2θ=13, 19°. There was a strong positive correlation between the 2 new peaks and the internal free fatty acid content, which also increased at higher heat treatment temperatures. This positive correlation suggested these peaks are attributable to structures from the starch-fatty acid complex.

feedback
Top