日本食品微生物学会雑誌
Online ISSN : 1882-5982
Print ISSN : 1340-8267
ISSN-L : 1340-8267
18 巻 , 3 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 濱田 佳子, 斎藤 章暢, 柴田 譲, 小野 一晃, 土井 りえ, 正木 宏幸
    2001 年 18 巻 3 号 p. 69-74
    発行日: 2001/09/30
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    数種類の血清型のサルモネラを混合し, 増菌後の培地による検出率の違いについて検討したところ, 培地により検出率が高くなる血清型が存在し, それは血清型の組合せによっても変わることがわかった. S. OranienburgとS. Chesterの混合ではSCで増菌した場合S. Oranienburgが高い比率で分離された.またS.OranienburgとS. Chesterの混合ではSS寒天培地でS. Oranienburgが1オーダー低い比率で分離された. S.InfantisとS. Chesterの混合では, TT, RVで増菌した場合にS. Infantisの分離比率が低くなった.S. EnteritidisとS. Chesterの混合ではRVで増菌した場合, S. Enteritidisの分離比率が低くなった.
  • 村瀬 稔, 木股 裕子, 仲西 寿男, 小澤 一弘, 赤羽 荘資, 浅川 豊, 南澤 仁志, 上條 茂徳, 小沼 博隆
    2001 年 18 巻 3 号 p. 75-81
    発行日: 2001/09/30
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    At low levels, enterohemorrhagic Escherichia coli should be selectively isolated by suppressing competing microflora in meat samples. In conventional methods, MacConkey II Agar with C-T Sorbitol (cefixime-tellurite, CT-SMAC) which utilizes the ability of E. coli O157 to ferment sorbitol, and media containing E.coli-specific chromogenic substrates, are used for detecting E. coli O157.
    In this study, we compared two types of BD CHROMagarTM O157 for the isolation of enterohemorrhagic E. coli O157 (improved BD CHROMagarTM O157 and conventional BD CHROMagarTM O157) with CT-SMAC by using the Miles-Misra method and evaluating the recovers from ground beef and human fecal samples. The results obtained are described below:
    1. In the inoculation test with three media by the Miles-Misra method, improved BD CHROMagarTM O157 inhibited the growth of all organisms except E. coli O157 better than the two other media and allowed easy differentiation from E. hermannii, which could not be distinguished on CT-SMAC.
    2. In the E. coli O157 detection test for ground beef artificially inoculated with E. coliO157 at 1 cfu/g, the detection rate of improved BD CHROMagar TM O157 was 95%, CTSMAC 75% and conventional BD CHROMagarTM O157 40%, respectively.
    4. In the E. coli O157 detection test for E. coli O157 positive human fecal samples, the detection rate of improved BD CHROMagarTM O157 was 54.5%, CT-SMAC 50% and conventional BD CHROMagarTM O157 22.7%, respectively.
  • 丸山 務, 前田 智子, 森田 大輔, 田中 智子, 内山 星生
    2001 年 18 巻 3 号 p. 83-87
    発行日: 2001/09/30
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    食品および環境材料からのListeria属菌検出のための簡易迅速テストキットについて培養法と比較検討し, その性能評価を行った.
    このテストキットにはListeria属6菌種12菌株すべてに反応し, 特異性の高いことが証明された.また, 感度については菌種菌株のよって多少は異なるが, 鞭毛の十分産生される30℃培養を行うことが必須の条件で, L.monocytogneesの場合105cfu/ml以上であった.
    食品および拭き取り材料39検体からのListeria属菌の検出は培養法と高い確率で一致した.39検体中キット法陰性で培養法陽性のものが4検体あったが, これらはいずれも菌数が104cfu/ml以下であった.逆にキット法陽性で培養法によるListeria属菌陰性は1検体もなかった.L.monocytogenesは39検体中17検体から検出されたが, このうちキット法, 培養法ともに陽性が15検体であった.
    以上の成績からこのキットはListeria属菌を対象にした簡易・迅速法であるが, 培養法と比較して精度は若干劣るものの2日間でL.monocytogenesを含むListeria属菌の有無を判定でき, 手技が簡単であること, 判定基準が明確であることなど多くの利点があり, 特にスクリーニング試験用として十分利用できると判断された.
  • 2001 年 18 巻 3 号 p. 89-119
    発行日: 2001/09/30
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
feedback
Top