日本食品微生物学会雑誌
Online ISSN : 1882-5982
Print ISSN : 1340-8267
ISSN-L : 1340-8267
23 巻 , 3 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 2006 年 23 巻 3 号 p. 107-128
    発行日: 2006/10/15
    公開日: 2011/02/25
    ジャーナル フリー
  • 名塚 英一, 川本 伸一
    2006 年 23 巻 3 号 p. 129-136
    発行日: 2006/10/15
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
  • 千葉 隆司, 秋場 哲哉, 井部 明広, 新井 輝義, 池内 容子, 柴田 幹良, 柳川 義勢, 矢野 一好, 諸角 聖
    2006 年 23 巻 3 号 p. 137-142
    発行日: 2006/10/15
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    Two types of food poisoning from Bacillus cereus, the emetic type caused by emetic toxins and the diarrhea type caused by enterotoxins, have been reported . Most cases in Japan are the emetic type, therefore, the cereulide needs to be proven when B. cereusfood poisoning is suggested. The original detection method for cereulide is performed by microscopic assessment of vacuole formation in HEp-2 cells, but it involves some judgement problems that require adept skills as well as reproducibility of the result. Furthermore, it also requires considerable labor to obtain and maintain the cells. Recently, an analysis method using liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS), which shows excellent accuracy, quantification, specificity and reproducibility is often used to detect cereulide. In this paper, we compared Nutrient broth containing manganese and glucose (NB+Mn) medium as previously recommended and 10% skim milk medium for the production of cereulide, and further investingated the influence of heat-treatment process of culture fluid on the recovery of cereulide measured by LC-MS.
  • 齋藤 紀行, 平塚 雅之, 菅原 直子, 小林 妙子, 渡邉 節, 山田 わか, 谷津 壽郎, 秋山 和夫, 廣重 憲生
    2006 年 23 巻 3 号 p. 143-148
    発行日: 2006/10/15
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    平成17年8月, 宮城県内の老人介護保健施設で食中毒が発生し, 患者, サラダおよびその材料のカイワレ大根からS. Montevideoが検出され, サラダを原因食品とするサルモネラ食中毒と断定された.当該施設に冷凍保存されてあったカイワレ大根中の菌量は960MPN/gと算定され, 約10gを1人分のサラダとして使用していたことから, 1人当たりの摂取菌量は約10,000MPN以下と推定された.カイワレ大根は県外の芽物野菜生産農場で生産され, 調理当日当該施設が市場から購入していた.
    一方, 食中毒が発生した同時期, 量販店より購入した同農場産の市販カイワレ大根および散発サルモネラ症患者からS. Montevideoが検出された.食中毒由来, 市販カイワレ大根由来および散発サルモネラ症患者由来のS. MontevideoについてPFGE解析した結果, PFGEパターンが一致したことから, 3者は同一菌由来と考えられ, 当該施設での食中毒発生と散発サルモネラ症発生にカイワレ大根が関与した可能性が推察された.
  • 後藤 慶一, 浅原 未佳, 笠井 宏朗, 横田 明
    2006 年 23 巻 3 号 p. 149-155
    発行日: 2006/10/15
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    3株のA. acidoterrestrisgyrB遺伝子塩基配列を決定し, その他のAlicyclobacillus属細菌由来gyrB遺伝子塩基配列と相同性解析を実施したところ, gyrB遺伝子はA. acidoterrestris内で高度に保存されていることがわかった (97.6%以上).その結果をもとに, A.acidoterrestrisに特異的な領域を含むプライマー領域の検索を行ったところ, 5種類のプライマー (フォワード・プライマー: 3種類, リバース・プライマー: 2種類) を設計することができた.このプライマーの総当たりの組み合わせで, A. acidoterrestris由来DNAを鋳型にPCR反応を実施したところ, いずれの組み合わせにおいても目的の長さの断片が増幅された.他方, A.acidoterrestris以外の菌種については, 一部の菌株で目的の断片長ではない増幅産物が見られたが, ほとんどの場合で増幅産物は見られなかった.さらに, それらのプライマー領域をLAMP法へ応用したところ, A.acidoterrestrisのみに遺伝子増幅が起こることが確認された.以上のことから, 設計したプライマーを用いてPCR-電気泳動法あるいはLAMP法を行うことにより, A. acidoterrestrisを正確かっ短時間で鑑別可能であることが示された.
  • 中川 弘, 福村 圭介, 中村 菜美子, 澤口 勧, 内田 和之, 伊藤 武
    2006 年 23 巻 3 号 p. 156-164
    発行日: 2006/10/15
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    Both the incidence and number of patients with food-borne diseases caused by Salmonellastill rank very high among total food-borne diseases, although both have been decreasing in recent years. The need for a simple and rapid alternative method of Salmonellatesting is very high in the food industry because the conventional culture method includes two enrichment procedures and takes more than five days to isolate and identify a typical colony of Salmonella from samples. VIDAS is an enzyme-linked fluorescent assay (ELFA) system that consists of a fully automated device and its reagents. In this study, we compared two protocols of the VIDAS method with the conventional culture method for detecting Salmonella using 40 food samples. Performances of protocols “ VIDAS ICS + plate ”and “ VIDAS SLM AFNOR validated method” both showed higher sensitivity than the conventional culture method. These protocols were also excellent in terms of reduced time-toresults in addition to showing higher sensitivity. We also compared SMID 2, a new chromogenic agar plate for selective isolation of Salmonella, with DHL agar, a traditional agar plate for Salmonella testing. On SMID 2, typical colonies of Salmonella were much easier to identify (mainly by its characteristic color), and the frequency of appearance of typical colonies by bacteria other than Salmonella was much lower, although the Salmonella recovery rate did not differ between the two media.
  • 藤井 伸一郎, 岩渕 香織, 太田 美香子, 後藤 徹, 田頭 滋, 佐藤 卓
    2006 年 23 巻 3 号 p. 165-169
    発行日: 2006/10/15
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
feedback
Top