日本食品微生物学会雑誌
Online ISSN : 1882-5982
Print ISSN : 1340-8267
ISSN-L : 1340-8267
33 巻 , 4 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
総説
原著
  • 藤田 雅弘, 遠藤 健太郎, 塩野 雅孝, 森田 幸雄, 朝倉 宏, 山本 茂貴
    2016 年 33 巻 4 号 p. 182-186
    発行日: 2016/12/30
    公開日: 2017/01/20
    ジャーナル フリー

    In this study, we investigated Campylobacter prevalence in chicken fecal samples and cross-contamination of chicken carcass surface samples at a slaughterhouse, with an aim toward the production of Campylobacter-free chicken meat. Twenty-four broiler flocks comprising a total of 120 chickens were examined. C. jejuni were isolated in fecal samples from 34 chickens (28.3%) in 12 flocks, and C. jejuni and C. coli were from 5 chickens (4.2%) in a flock, respectively. A total of 13 Campylobacter-positive flocks and 11 Campylobacter-free flocks existed in this research. Immediately after all Campylobacter-free flocks had been slaughtered, no Campylobacter could be detected from the chicken carcass surfaces. However, all slaughtered flocks, including those that were initially Campylobacter-free, were later found to have been cross-contaminated by Campylobacter-positive flocks slaughtered on the same day. Our results indicate that preventing cross-contamination from Campylobacter-positive flocks is a crucial consideration for chicken slaughterhouse to produce Campylobacter-free chicken meat.

  • 古川 理予, 井手 上雄一, 押川 正典, 塩崎 亮, 中野 直人, 片桐 和弘, 内野 和典, 森永 浩隆, 金子 孝昌
    2016 年 33 巻 4 号 p. 187-193
    発行日: 2016/12/30
    公開日: 2017/01/20
    ジャーナル フリー

    2.5%EY-CHROMは,35℃での24時間培養によってSPCと同程度の一般生菌数測定能力があり,供試菌株の評価において,黄色ブドウ球菌,大腸菌および大腸菌群の鑑別が可能であることが認められた.しかし,糸状菌・酵母の検査に2.5%EY-CHROMを利用するには25℃培養が必要とされた.これらのことから,2.5%EY-CHROMの1種類の培地で,35℃培養で一般生菌数,黄色ブドウ球菌,大腸菌,大腸菌群の検査が可能であると考えられた.糸状菌・酵母については,今後さらに検討が必要である.

  • 西原 正晴, 須藤 朋子, 宮本 真理, 石井 哲, 柳平 修一, 山本 孝
    2016 年 33 巻 4 号 p. 194-201
    発行日: 2016/12/30
    公開日: 2017/01/20
    ジャーナル フリー

    Cronobacter spp. は,乳幼児に対し,まれではあるが重篤な感染症を引き起こす病原菌であり,いくつかの事例では乳児用調製粉乳の微量汚染が関与していることが知られている.Cronobacter 属は7菌種3亜種から構成されているが,これらを簡便に同定できる手法はほとんど報告されていない.そこで,我々はCronobacter 属および種に特異的なPCR法を用いて,Cronobacter 属7菌種を簡便に同定できる手順を示した.また,本研究結果において,ISO/TS 22964: 2006ではF. pulveris が偽陽性反応を示すことが明らかとなった.一連の同定法を用いることにより,F. pulverisCronobacter と誤同定することなく,Cronobacter 属7菌種をそれぞれ同定可能であることが確認された.

調査
feedback
Top