食品と微生物
Online ISSN : 1884-5754
Print ISSN : 0910-8637
ISSN-L : 0910-8637
3 巻 , 2 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
  • 林 英生, 岡部 昭延, 片山 誠一, 溝淵 貞男, 二宮 昌樹, 国府島 泉
    1986 年 3 巻 2 号 p. 77-85
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    Biocon®, an aerosol mixture of ammonium bicarbonate, sodium chloride and carbon dioxide, was examined for the effectiveness as a food preservative. Flushing the aerosol on culture media suppressed the colony formation by Escherichia coli, Pseudomonas aeruginosa, Serratia marcescens, Staphylococcus aureus, Staphylococcus epidermidis, Micrococcus luteus, Bacillus subtilis and Candida albicans. The inhibition of the growth occurred when those organisms were inoculated either before or after the flushing on agar plates. The effect was bacteriostatic and it remained active for 10 days if the media plates were sealed properly and kept at 0-4° after the flushing. The active component was proved to be NH4HCO3, which kept the reaction of the surface of agar plates between pH 8.6-9.0, most probably by maintaining a certain equilibrium among the gas-liquid state of NH4HCO3, NH3 and CO2. Biocon gave similar effects on sliced meat for 5 days without affecting taste, smell or color, if the initial contaminating bacterial number was less than 105 CFU/g. Biocon when handled properly seemed to be a harmless preservative to keep freshness of raw meats.
  • 小川 博美, 岸本 敬之, 得能 弘志, 佐々木 実己子, 福田 伸治
    1986 年 3 巻 2 号 p. 87-94
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    The most widely used indicator of the sanitary quality of oyster-growing area sea water and oysters is the coliform group of bacteria.
    The present study was undertaken to investigate the correlation between coliform (TC) and fecal coliforms (FC) in oyster-growing area water and oyster in Hiroshima bay.
    A total of 1, 116 materials including river water (72), paired samples (522) of oysters and sea water were collected and subjected to counting the coliform group during the winters from 1975 to 1984.
    The results obtained may be summarized as follows;
    1) Between TC (X) and FC (Y), a linear least-square regression calculation gave log Y=0.779 log X-0.191 and a positive correlation of r=0.82 (p=0.01) in river water, log Y=0.732 log X-0.435 and r=0.88 (p= 0.01) in sea water and log Y=0.913 log X-0.111 and r=0.81 (p=0.01) in oysters.
    2) Between TC (X) of sea water and FC (Y) of oysters, a linear gave log Y=0.668 log X+1.339 and r=0.73 (p=0.01).
    3) Between FC (X) of sea water and FC (Y) of oysters, a linear gave log Y=0.785 log X+1.878 and r=0.72 (p= 0.01).
    4) The FC/TC was 8.9% in river water, 10.0% in sea water, and 3.4% in oysters. The concentrating ratio of FC from sea water to oyster was 43.1 times per 100 g and 100 ml. These data suggest that the level of 70 TC MPN is equivalent to 8.4-14 MPN in sea water and TC and FC of water gave the same correlation coefficients against FC of oysters.
  • 第2報微生物の生育におよぼすCO2ガスの影響
    星野 純, 藤波 一男, 上野 一恵
    1986 年 3 巻 2 号 p. 95-100
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    細菌の生育におよぼす嫌気環境下でのCO2ガスの影響を検討し, 次の結果を得た.
    1) 通性嫌気性細菌は, (1) 生育が促進される, (2) 影響はないか極めて小さい, (3) CO2100%および脱酸素剤嫌気下では生育しないの3タイプがあることが認められた.
    2) 微好気性細菌L. viridescensと有芽胞嫌気性細菌C. perfringens, C. sporogenesは, スチール・ウール法嫌気下ではCO2ガス濃度による影響はないが,脱酸素剤嫌気下のみ生育低下が認あられた.
    3) 無芽胞嫌気性細菌B. fragilis, P. acnesは, 従来言われているように, CO2ガスは必須または促進作用があることが確認された.
    4) 脱酸素剤嫌気で認められる顕著な生育低下は, 脱酸素剤のCO2吸収作用によりCO2が, ゼロ, または, 低濃度に保持されたたあであることが明らかになった.
    5) 食品嫌気保存時のCO2添加やCO2発生型脱酸素剤の使用は細菌腐敗防止上,好ましくないと判断された.
  • 中野 宏幸, 橋本 秀夫, 佐々木 真哉, 亀山 俊樹, 高橋 利明, 川上 英之
    1986 年 3 巻 2 号 p. 101-108
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    新しく指定された淡水性の食中毒菌であるAeromonasPlesiomonasについて1985年, 広島県芦田川を中心に生態調査を行い, 次の結果を得た.
    1) 運動性Aeromonasは河川において年間を通して (10~102/ml) 分布しており, 従属栄養細菌の主要フローラであったのに対し, 海水や藻類の増殖がみられる河口湖では低い菌数であった.
    2) 河川上流では菌種別にみるとA. sobriaが優勢で, 徐々にA. hydrophila, A. caviaeも増加した. とくに, 生活排水を含む小河川および海水でA. caviae, 河口湖ではA. sobriaが優勢であった.
    3) P. shigelloiedsの菌数は河川においては夏季に多くみられ (1~10/ml), 地点間で大きな差はみられなかった.
    4) A. hydrophila, A. sobriaでは溶血性を示す株が多く分離された. これは, VP, グルコン酸酸化, ガス産生陽性の各性状と相関がみられた.
    5) 分離培地として, 運動性Aeromonasはmodified-PXA寒天培地, P. shigelloidesはmodified-SS寒天培地を用いて良好な結果を得た.
  • 八嶋 務, 谷口 悦子, 小野口 勝巳, 渡辺 恒明, 加藤 俊彦, 矢沢 嗣夫
    1986 年 3 巻 2 号 p. 109-114
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    市販食鳥肉と食鳥処理場におけるカンピロバクターの汚染実態調査と防止および除菌対策を検討した.
    1. 市販食鳥肉58%, 食鳥処理場内の包装前の肉82.2%, 肝臓・筋胃86.1%, 脱毛後と体52.4%, 冷却水61.8%, 冷却後と体64.9%, 解体施設の作業台66.1%, まな板75%からC. jejuniが検出された.
    2. 冷却水の汚染は, と体の汚染に影響を及ぼし, 換水と有効塩素量の不足, と体からの腸内容物の漏出が汚染を高率にしていた. 残留塩素50ppmの冷却水では, 不検出であったが, 冷却後と体からは検出された.
    3. と体解体法の食鳥処理場では, 腸内容物の漏出による設備の汚染が著しいことがあった.
    4. 肉に付着したC. jejuniを塩素剤により, 完全に殺菌することは困難であり, 30分間, 遊離塩素15~20ppm (残留塩素200ppm) に維持されていた状態でも生残していた. しかし, 水中の菌は容易に殺菌できた.
    5. 水槽内の肉付着菌は, 換水や物理的作用を働かせて洗浄しても, 一定数までしか減少しなかった. 洗浄水中に遊離した菌は, 換水により次第に減少していった.
    食鳥肉のC. jejuni汚染を防止するためには, 保菌鶏を減少させることが必要であるが, 食鳥処理場においても腸内容物の漏出を抑え, 冷却水や作業台等を介しての汚染を防止しなければならない. 冷却水の換水と殺菌, 作業中の作業台等の洗浄と殺菌あるいは清潔なものと交換するなどが必要である.
  • 荻島 太一
    1986 年 3 巻 2 号 p. 115-121
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
  • 砂川 紘之, 武士 甲一, 亀山 邦男, 木村 栄, 白石 圭四郎, 安藤 芳明
    1986 年 3 巻 2 号 p. 123-128
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    1984~1985年に北海道内で発生した3件のウェルシュ菌集団食中毒事件の概要と分離菌株の性状について述べた.
    事件1は, 1984年9月22日稚内市内の某療養所において発生した. 患者は23名 (発病率24.0%) で, 下痢, 腹痛を主徴とし, 原因食品は病院内給食が疑われたが確定できなかった. 患者8名中5名, 健康者18名中6名からエンテロトキシン産生, カリウム型発芽芽胞形成菌が検出された. これらの菌は, Hobbs血清型別不能であった.
    事件2は, 1984年9月28日札幌市内の某鉄工団地において発生した. 患者は769名 (発病率45.6%) で, 下痢, 腹痛が主症状であった. 原因食品は, 鉄工団地内の給食センターが供給した弁当中の「コンニャクのタラコあえ」であった. 患者19名中11名, 従業員6名中2名, 原因食品2検体中1検体よりHobbs血清型4型に型別されるエンテロトキシン産生, カリウム型発芽芽胞形成菌が検出された.
    事件3は, 1985年4月19日網走市内の小, 中学校各1校において発生した. 患者数は, 686名 (発病率51.9%) で, 下痢, 腹痛が主症状であった. 原因食品は, 同市内某食品会社が供給した「給食弁当 (ミルクファイバーライス) 」であった. 患者26名中16名からウェルシュ菌が検出され, そのうち試験した13名中9名からエンテロトキシン産生菌が検出された. また, 従業員4名中3名, 原因食品3検体中3検体からエンテロトキシン産生菌が検出された. これらのエンテロトキシン産生菌はHobbs血清型5型, カリウム型発芽芽胞形成菌であった.
  • 保科 健, 福島 博, 中村 令, 伊藤 義広, 五明田 学
    1986 年 3 巻 2 号 p. 129-133
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    食肉販売店舗における食肉中のSalmonellaの汚染経路を解明する目的で汚染状況を調査し, 次の結果を得た.
    1) 鶏肉は牛・豚と比較しSalmonellaの検出率が高く, 又, Salmonella数も多かった.
    2) 同一食肉販売店舗で同時期に複数の肉種から同一血清型が検出されたことは, 鶏肉と牛・豚肉の流通経路が異なっていること, その時の鶏肉のSalmonella数が牛・豚肉より多かったこと, 鶏に検出率の高い血清型S. subsp. (2) 4, 12: b: -株を牛・豚肉からも検出したことより, 鶏肉を汚染源とした肉種間への汚染が食肉販売店舗内で起こっていると推察された. 店舗別では, 小型店舗も大型店舗も鶏肉からの検出率は変わらないが, 小型店舗の牛・豚肉からのSalmonelloの検出率が高いことから, 鶏肉を汚染源とした肉種間への汚染が小型店舗では高頻度に起こっていると推察された. 又, その時期は牛・豚肉からのSalmonellaの検出数やSalmonellaの汚染菌量が夏期に多いことから, 温暖な時期に多く起こっていることが示唆された.
    3) 鶏肉のSalmonellaは年間を通して検出されたが, 牛・豚肉では温暖な時期に多数認あた.
    4) 食肉から分離されたSalmonellaのうち, 高頻度に検出された血清型はS. typhimurium, S. derby, S. london, S. infantisであった.
  • 能勢 征子, 風戸 実香, 坂井 千三
    1986 年 3 巻 2 号 p. 135-140
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    Viability of Vibrio parahaemolyticus at slightly acidic pH in 2% polypeptone medium with 0.1M acetate, citrate and lactate in the presence of 0.5% or 3% NaCl were examined using both agar medium of brain heart infusion (2% NaCl, pH 8.0) and BTB-teepol. The following results were obtained: (1) There are found some cases 106 cells/ml detected on BHI were not viable on BTB-teepol at all. (2) In 0.5% NaCl medium cells received acid injury stronger and more rapidly than in 3% NaCl medium. (3) At pH 5.5 acid injury occurred only by acetate or lactate, but at pH less than 5.0 citrate or HCl became injurious. (4) Lowest pH for growth were 6.5-6.8 or 6.0-6.5 with acetate, 5.8-6.0 or 5.4-5.8 with lactate, 6.0-6.3 or 5.6-5.8 with citrate and 5.2-5.4 or 5.0-5.2 with HCl (no organic acid) in 0.5% or 3% NaCl medium. These pHs for growth were almost the same as the data already reported in foods.
  • 郡山 洋一郎, 斉藤 晴美, 竹内 芳行, 諸角 聖, 和宇慶 朝昭, 一言 広
    1986 年 3 巻 2 号 p. 141-147
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    A mycological profile was analyzed on a total of 38 samples of commercial job's tears (Coix lachryma-jobi L. var. frumentacea Makino) and its products.The samples were composed of 25 batches of untreated grains, 9 of flour and 4 of heat treated grains. Fungal counts of untreated grains, flour and treated grains were 3-65/g (average 24/g), 31-2, 040/g (av. 112/g) and 3-41/g (av. 17/g), respectively. Among the total isolates (3, 278) from all samples, the predominant genus was Aspergillus (45.9%). Of the Aspergillus isolates, 802 (24.5% of the total isolates) were identified as the A. glaucus group (teleomorph: Eurotium).
    Mycotoxin-producing strains of A. flavus, A. versicolor and Penicillium citrinum were isolated from 7 samples (one batch of untreated grains and 6 of flour), 3 (one of untreated grains and 2 of flour) and 2 (flour) samples, respectively.
    As a result of inoculation tests with aflatoxin-producing A. flavus, sterigmatocystin-producing A. versicolor, ochratoxin-producing A. ochraceus, citrinin-producing P. citrinum, deoxynivalenol-producing Fusarium culmorum and zearalenone-producing F. graminearum, if job's tears is shown to be one of favorable substrates for the production of these mycotoxins.
  • 和宇慶 朝昭, 諸角 聖, 一言 広, 稲垣 俊彦, 能登屋 耕二
    1986 年 3 巻 2 号 p. 149-154
    発行日: 1986/09/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    The effects of 14 kinds of natural sweetners on the growth of yeast strains isolated from “tsukemono” were investigated in a synthetic medium and “fukujin-zuke” solution.
    Eight kinds of sweetners enhanced the growth of yeast strains in the synthetic medium, whereas the other six (D-xylose, xylitol, glycyrrhizin, stevioside, phillodulcin, and thaumatin) did not facilitate the growth of any strain.
    Phillodulcin and glycyrrhizin each used with saccharose were shown to give synergistic inhibitive effects on the growth of all test strains in the synthetic medium. In the “fukujinzuke” solution, phillodulcin inhibited the growth of yeast starins, the inhibitory activity being higher than that in the synthetic medium, and when used with saccharose, it gave synergistic inhibitory effects on these yeast growth.
feedback
Top