魚病研究
検索
OR
閲覧
検索
14 巻 , 3 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 舟橋 紀男
    14 巻 (1979 - 1980) 3 号 p. 107-115
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
     ニホンウナギ(Anguilla japonica)とヨーロッパウナギ(A.anguilla)の鰓ぐされ病について形態学的に検討し,次の結果を得た。ニホンウナギ・ヨーロッパウナギ共に,初期変化は鰓薄板の炎性水腫,鰓薄板上皮細胞および粘液細胞の活性化で,上皮表面に柱状の集落形成を示すグラム陰性長桿菌の寄生がみられた。この細菌はFlexibacter columnarisと想定された。それ以後の病変経過ではニホンウナギとヨーロッパウナギとの間に著しい差が認められた。ニホンウナギでは,鰓弁が棍棒化する過程で3型に分けられた。第I型は鰓薄板先端部の上皮細胞が増生して,鰓薄板先端部のみが癒着する棍棒化で,第II型は鰓薄板全層の上皮細胞が増生して,鰓薄板全層が癒着する棍棒化で,第III型は鰓薄板基部と先端部の上皮細胞が増生して,鰓薄板基部と先端部が隣接する鰓薄板と癒着する棍棒化であった。棍棒化した鰓弁の多くは循環不全により壊死し,次いで壊疽性炎へと進行して鰓弁が脱落していた。ヨーロッパウナギでは鰓弁の棍棒化は粘液細胞の極めて高度の増生によるもので,鰓弁の欠損はみられなかった。内臓には全ての供試魚に高度の病変が認められなかった。以上の所見から下記の事が想定された。1. 死因は鰓の機能不全による。2. 棍棒化した鰓弁の欠損は循環不全と壊疽性炎の結果である。3. 粘液細胞の高度の活性化と増生を示したヨーロッパウナギはそれらの弱いニホンウナギよりも鰓ぐされ病に対して抵抗性がある。
    抄録全体を表示
  • 西淵 光昭, 室賀 清邦
    14 巻 (1979 - 1980) 3 号 p. 117-124
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
    Serological relationships among the strains of pathogenic Vibrio isolated from cultured eels and between the eel isolates and the species of the genus Vibrio were studied by means of Ouchterlony immunodiffusion techniques and agglutinin adsorption tests with rabbit antisera prepared against representative strains of the present isolates. The present eel isolates were antigenetically very homologous : All representative five isolates produced four lines of identity in Ouchterlony plates, and possessed agglutinins (flagellar and at least one heat-stable antigens) in common. The species of the genus Vibrio exhibited slight relationships to the eel isolate : V. anguillarum strains, V. parahaemolyticus strain, and V. alginolyticus strain shared one precipitin band with the present eel isolate, and V. anguillarum strains, V. fischeri strains, V. parahaemolyticus strain, and V. alginolyticus strain had agglutinins, most likely flagella antigen, common to the present eel isolate. These results well agree with those of the previous DNA studies, and present another piece of evidence supporting that the present eel isolate is a new member of the genus Vibrio.
    抄録全体を表示
  • 西淵 光昭, 室賀 清邦, 城 泰彦
    14 巻 (1979 - 1980) 3 号 p. 125-131
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
    A search was made for the diagnostic tests for the disease of cultured eels due to the present bacterium.
    It is considered impossible to differentiate the disease of eels caused by the present bacterium, by means of external signs of diseased fish, from that caused by other eel pathogens such as Aeromonas hydrophila, Edwardsiella tarda, Vibrio anguillarum, and Pseudomonas anguilliseptica. This necessitates the isolation and identification of the infectious agent for diagnosis.
    Positive proof was obtained that the diluted rabbit antisera prepared against representative strains of the present bacterium can be used for diagnostic purpose. In addition, a simplified identification method by the use of API 20E was shown.
    It was proposed that the disease of cultured eels caused by the present vibrio be named as vibriosis of eels Type B ; that due to V. anguillarum as Type A.
    抄録全体を表示
  • 木村 喬久, 吉水 守, 田島 研一, 絵面 良男
    14 巻 (1979 - 1980) 3 号 p. 133-137
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
     供試した10株の魚病関連ミズカビのU.V.感受性は意外に低く,菌糸の殺菌に要するU.V.照射量は154~252×103μW・sec/cm2と対照に用いた細菌の殺菌に要する最小U.V.照射量4~5×103μW・sec/cm2の約50倍が必要であった。以上の結果から養魚用水中のミズカビの完全殺菌にはかなり強力なU.V.照射装置が必要と考えられる。
    抄録全体を表示
  • 木村 喬久, 吉水 守, 阿刀田 光紹
    14 巻 (1979 - 1980) 3 号 p. 139-142
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
     1. 孵化用水のU.V.処理(22~63×103μW・sec/cm2)により細菌生菌数は約90%の減少を示したが,カビ生菌数に対する効果はそれ程顕著でなかった。2. ヤマベおよびサケ卵の孵化試験においてU.V.処理水を用いた試験区における発眼率は無処理水使用の対照区に比し約18%孵化率も18~25%,高かった。3. 卵のカビ着生率は試験区において約13~20%の減少を示し,孵化時における卵へのカビ着生防止にU.V.処理水使用の間接的効果が認められた。
    抄録全体を表示
  • 松本 勉
    14 巻 (1979 - 1980) 3 号 p. 143-144
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
     1. 養殖中のコイにカリグス(Caligus orientalis)が寄生して被害を及ぼした。なおコイを宿主としての本種の大発生はこれが最初の記録である。2. カリグスの発生は飼育用水の海水の混入に伴う塩分濃度の上昇によると考えられる。
    抄録全体を表示
  • 北上 一男
    14 巻 (1979 - 1980) 3 号 p. 145-146
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
  • 14 巻 (1979 - 1980) 3 号 p. 150
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top