魚病研究
Online ISSN : 1881-7335
Print ISSN : 0388-788X
ISSN-L : 0388-788X
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
論文
  • Satoshi Kawato, Keigo Kobayashi, Sho Shirakashi, Soetsu Yanagi, Yutaka ...
    原稿種別: Research Article
    2019 年 54 巻 2 号 p. 27-33
    発行日: 2019/06/15
    公開日: 2019/08/03
    ジャーナル 認証あり

    Infection with the skin fluke Benedenia seriolae is a serious threat of yellowtail aquaculture. ​Development of genomic resources and molecular markers for B. seriolae is an essential infrastructure to develop control strategies against B. seriolae infections. ​As a seminal study to establish the genomic resources of the Japanese B. seriolae populations, we sequenced the complete mitochondrial genome (mitogenome) sequences of 12 B. seriolae specimens collected from four prefectures in Japan. ​The Japanese B. seriolae mitogenomes were mutually 99% identical, while the identity was 85% when compared to that of an Australian specimen. ​Furthermore, the gene arrangement in the Japanese B. seriolae mitogenome was slightly different from that in the Australian specimen. ​The substantial mitogenomic divergence between the Australian and Japanese specimens indicates that B. seriolae is composed of molecularly divergent populations. ​Variable sites were dispersed in the mitogenome of the Japanese B. seriolae. ​Phylogenetic relationships among the Japanese B. seriolae specimens did not reflect the host species or geographic distributions within Japan.

短報
情報
  • 加藤豪司 , 中島隼人 , 倉田 修
    原稿種別: 情報
    2019 年 54 巻 2 号 p. 40-42
    発行日: 2019/06/15
    公開日: 2019/08/03
    ジャーナル 認証あり

    アユの種苗生産では,一定期間を高水温で飼育すると,Tリンパ球の成熟器官である胸腺の発達が抑制されることが報告されている。このような種苗期における高水温飼育が細菌性冷水病に対するアユの抗病性を低下させることが推測される。そこで,本稿では,その基礎情報とするため,実際に行われているアユ種苗生産時の水温管理について各県にアンケート調査を行った。その結果,人工海水や天然海水を用いた仔稚魚期および淡水馴致後の中間育成期において,ボイラーやハウス内飼育等で水温を上昇させる県と,加温は最低限にとどめて自然水温で飼育する県があることがわかった。今後,種苗生産時の高水温飼育がアユの抗病性に及ぼす影響を明らかにするとともに,抗病性に注目した水温管理の見直しが必要であると考えられる。

feedback
Top