日本消化器がん検診学会雑誌
Online ISSN : 2185-1190
Print ISSN : 1880-7666
ISSN-L : 1880-7666
47 巻 , 4 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
総説
  • 菊地 正悟, 黒澤 美智子
    2009 年 47 巻 4 号 p. 431-435
    発行日: 2009年
    公開日: 2011/04/15
    ジャーナル フリー
    約11万人の地域住民を対象としてコホート研究のデータを用いて喫煙, 飲酒と膵がん, 胆嚢がんの関係を分析した結果の検診への応用を検討した。男性では, 喫煙が膵がんと胆嚢がん, 飲酒が胆嚢がんのリスクを有意に上昇させる結果が得られ, 最大曝露群は非曝露群に比べて, いずれも約3.2倍リスクが高かった。女性では, 喫煙について有意でないが男性と同様の関連を示唆する結果が, 飲酒については関連がないことを示唆する結果が得られた。3倍程度のリスクの違いでは, 喫煙習慣, 飲酒習慣を単独で対象者のスクリーニングに用いることは難しい。むしろ, 曝露群をハイリスク群として, 検診受診を特に強力に勧奨する手段として用いる方が実際的である。喫煙, 飲酒と膵がん, 胆嚢がんの関係を周知することは, 喫煙や飲酒に関連する疾患の予防にも役立つと思われる。血清タンパク, 遺伝子多型など, 新たなマーカーの検診への導入の検討も今後の課題である。
原著
  • 加藤 勝章, 猪股 芳文, 島田 剛延, 渋谷 大助
    2009 年 47 巻 4 号 p. 436-443
    発行日: 2009年
    公開日: 2011/04/15
    ジャーナル フリー
    胃がん集団検診にDRを導入した場合の効果を検討する目的で, 当センターで胃集検間接X線検査にI.I.-DR装置を導入した平成18・19年度の検診成績を同年度のフイルム撮影群と比較した。平成18年度はDR受診者15,705人, 要精検率8.4%, がん発見率0.31%, 平成19年度はそれぞれ37,897人, 8.6%, 0.23%であり, 同時期のフイルム撮影群(平成18年度185,551人, 8.4%, 0.19%, 平成19年度157,061人, 8.2%, 0.21%)と同程度以上の成績を得た。さらに, DR撮影では早期癌例での病変描出率の向上や特異度に影響する確実判定例の増加がみられた。また, 読影医の負担については, DRモニター診断ではフイルム読影に比べて1.4倍程度の読影時間の増加に留まっていた。以上より, DR導入によって間接胃X線検査の診断精度の向上を実現できる可能性が示され, 胃がん集団検診においても今後さらにDR化を図っていく価値があると考えられた。
  • 難波 美津雄, 齋藤 真, 小川 達哉
    2009 年 47 巻 4 号 p. 444-449
    発行日: 2009年
    公開日: 2011/04/15
    ジャーナル フリー
    平成5年から平成18年まで施行した延べ794,857名の大腸がん検診受診者を年齢階級別に受診動向, 大腸がん発見率を検討した。年齢階級別受診者数は60代, ついで50代が多かったが70代が増加傾向であった。80代も受診者数は少ないが増加していた。要精検率は年代とともに増加し, 60代4.9%, 70代6.3%, 80代8.4%であった。精検受診率は30代から50代に低く40%から52%, 60代から80代は60%から63%で高齢になっても低くなかった。発見大腸がんは60代に最も多く362名, 70代204名, 50代153名, 80代20名であったががん発見率は80代0.25%, 70代0.19%, 60代0.15%で高齢になるほど高かった。大腸がん罹患率, 人口動態, 大腸がん発見率などを考慮した受診対象者の設定も今後の検診に必要になると考えられた。
経験
  • 永井 信, 山田 泰司, 中村 俊一, 東 弘志, 藤永 明
    2009 年 47 巻 4 号 p. 450-462
    発行日: 2009年
    公開日: 2011/04/15
    ジャーナル フリー
    胃X線検診における読影所見記載方法は施設間あるいは個人間で統一されてはいない。読影において, 客観的な所見抽出と悪性度分類を行うことは, 検診の精度管理の上からも重要と考え読影の基準化への試みとして, カテゴリー分類読影支援ツールVer.1を作成した。
    ツールの有効性評価では, 全体の一致率でツール使用前50.2%に対して, 使用後は60.6%と有意に上昇した。年代別の検討では経験年数の浅い技師ほど一致率の増加割合が高く, 経験値補正の効果も確認された。また, 初心者の学習ツールとしての利用も可能であると思われた。本ツールは段階的ツリー構造を基本としており, 所見内容に順次あてはめていくことで, 客観的な読影が可能である。また, 画像例を添付することで, 視覚的にも理解・判断しやすいものとなっている。今後は所見内容の見直しや細分化, 組織型などの情報も含めて総合的な読影支援ツールの完成を目指したい。
症例報告
  • 宮崎 慎一, 野田 裕之, 福庭 暢彦, 阿南 隆洋, 森田 照美, 秋吉 正史
    2009 年 47 巻 4 号 p. 463-469
    発行日: 2009年
    公開日: 2011/04/15
    ジャーナル フリー
    人間ドックを契機に発見された食道・胃・大腸の同時性3重複早期癌を根治的に治療し得た症例を経験したので報告する。症例は64歳の男性。人間ドックで行った上部消化管造影検査にて異常を指摘され上部消化管内視鏡検査を施行したところ, 食道癌および胃癌が発見された。また術前検査として行った下部消化管内視鏡検査にて大腸癌が発見された。食道癌に対しては内視鏡的粘膜下層剥離術, 胃癌に対しては胃全摘術, 大腸癌に対してはS状結腸切除術を施行した。各腫瘍とも深達度mないしはsmの早期癌であり, 同時性3重複早期癌と診断した。食道・胃・大腸の同時性3重複早期癌は, 1983年から2008年までに本邦では自験例を含め9例の報告のみであった。癌発見時には常に重複癌を念頭においた術前検査が必要であり, 根治性を考慮すると, 消化管領域においては特に食道癌の早期発見が重要であると思われた。
地方会抄録
feedback
Top