日本消化器がん検診学会雑誌
Online ISSN : 2185-1190
Print ISSN : 1880-7666
ISSN-L : 1880-7666
48 巻 , 5 号
選択された号の論文の27件中1~27を表示しています
総説
原著
  • 横山 知子, 志和 忠志
    2010 年 48 巻 5 号 p. 522-528
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/10/15
    ジャーナル フリー
    一事業所の5年間の大腸がん検診受診状況と成績について検討した。検診受診率は約70%, 要精検率は8~9%, 精検受診率は約75%であった。発見された大腸がんは, 早期がん1例のみであったが, 2cmを超える巨大腺腫が毎年数例発見され大腸がんの予防に関与していると考えられた。次に, 当院で8年間に発見された他事業所も含む社員の, 大腸がん症例の発見契機と過去の検診受診歴について検討した。発見されたのは進行がん7例, 早期がん23例で, 検診発見例は進行がん42.9%, 早期がん91.3%で, 有意に早期がんに検診発見例が多かった(p<0.05)。進行がんのうち1例を除いて全例が前年まで検診を受診しておらず, StageIIIb以上で発見され4例は死亡している。1例は前年まで毎年便潜血陰性で, 発見時はStageIIと予後良好であり, 逐年検診の重要性が考えられた。
この症例に学ぶ
第48回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2010) 講演プログラム
会長講演
特別講演
宿題講演
教育講演
消化器がん検診学会・消化器内視鏡学会特別企画
消化器内視鏡学会・消化器がん検診学会特別企画1
消化器内視鏡学会・消化器がん検診学会特別企画2
シンポジウム8
シンポジウム9
シンポジウム11
シンポジウム16
シンポジウム21
パネルディスカッション1
パネルディスカッション2
パネルディスカッション22
パネルディスカッション26
ワークショップ4
ワークショップ9
ワークショップ11
ワークショップ31
ワークショップ35
ポスターセッション
第34回部会研究会総会プログラム
feedback
Top