日本医療・病院管理学会誌
Online ISSN : 2185-422X
Print ISSN : 1882-594X
ISSN-L : 1882-594X
51 巻 , 3 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
巻頭言
報告
  • 島村 吉衛, 芳賀 佳之, 辻 忠男, 窪地 淳
    原稿種別: 報告
    2014 年 51 巻 3 号 p. 151-160
    発行日: 2014年
    公開日: 2015/04/21
    ジャーナル フリー
    インターネットや電子メールを含むIT環境は病院において不可欠なものとなっているが,個人情報の漏洩やサイバー攻撃をはじめとするさまざまな問題にさらされている。今回,PCを管理側で集中管理するシンクライアントシステムを用いて職員向け病院内インターネット閲覧システムの構築を行ったので,その実際と効用について報告する。シンクライアントシステムは集約的に中央に設置されたブレード型PCと各種サーバーからなり,インターネット環境と接続する。端末にはモニター,キーボード,送受信装置を配置し,無線LANで接続し,仮想デスクトップ環境を作成する。端末とブレードPCとの間は,画面転送方式を採用する。
     本システムでは,PCとアプリケーションはユーザー数分必要ではなく,実際に稼働する数のみを確保すればよいので,コストパフォーマンスが高い。電力消費量,発熱量を軽減できる。保守管理,運用が容易である。故障時に他のPCが代替機能を持つ。端末盗難,データ流出の危険性が軽減できる。端末でのデータ読み込み・書き出しを制限・管理できる,など,非常に多くの利点を得られた。本システムは利便性,安全性,経済性の面から,優れたシステムであると考えられた。
  • 石橋 賢治
    原稿種別: 報告
    2014 年 51 巻 3 号 p. 161-171
    発行日: 2014年
    公開日: 2015/04/21
    ジャーナル フリー
    公立の一般病院に勤務する看護補助者の処遇の実態を探ることを目的とし,公立の一般病院に対してアンケート調査を実施した(回答数449病院,回収率51.4%)。総人件費の高騰や常勤職員の定員枠などの問題があり,その労働需要の大きさに対し,各病院における身分割合の回答病院全体の平均値は,常勤職員14.3%,非常勤職員45.6%,臨時職員37.5%,派遣・委託2.7%である。臨時職員の勤務時間は74.9%の病院で常勤職員と同じであり,再契約時の空白期間を設定せず,勤務時間に制約のない臨時職員を多用している実態がある。常勤職員の基本給表は,「人事院の労務職の基本給表を活用」34.4%,「独自に作成」29.3%の順に多い。昇給制度は50.8%の病院がなく,急性期看護補助体制加算の評価開始後の月給への影響は「変化なし」が96.7%である。また,看護補助者の身分などにおいて,各経営形態や各地域において統計的に有意な差が認められた。
feedback
Top