日本医療・病院管理学会誌
Online ISSN : 2185-422X
Print ISSN : 1882-594X
ISSN-L : 1882-594X
52 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
巻頭言
研究論文
  • 佐藤 礼子, 國澤 進, 佐々木 典子, 猪飼 宏, 今中 雄一
    原稿種別: 研究論文
    2015 年 52 巻 1 号 p. 7-17
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/04/21
    ジャーナル フリー
    栄養サポートチーム(NST)加算の算定病院はNST稼働病院の約半数で,算定量が些少な病院も多い。我々は,DPCデータと,NST及び管理栄養士の業務実態に関する質問紙調査を連結させて分析した。200病院を分析した結果,全症例でのNST加算割合は0~33%に分布し,中心静脈栄養又は経管経腸栄養(TPN・EN)症例でのNST加算割合は,2割未満から8割以上までばらついた。全症例でのNST加算割合が高い病院は,TPN・EN症例でも非TPN・EN症例でもNST加算割合が高かった。5病院での事例検討も踏まえると,効率的で積極的な対象症例抽出システムを病院レベルで運用していることが加算の算定を促進し得ると考えられた。また,非算定病院の中に,算定病院に匹敵するNST業務量の病院を認めた。今後は,専従要件の緩和等の制度面の見直し,NST活動の標準化及び多施設で評価可能なアウトカム指標の開発が望まれる。
  • 小原 仁, 福田 治久
    原稿種別: 研究論文
    2015 年 52 巻 1 号 p. 19-26
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/04/21
    ジャーナル フリー
    医療連携を主体とした機能分化の推進が期待されている。しかしながら,機能分化を可能とする病院の外来縮小は進んでいない。本研究は,機能分化に向けた逆紹介の課題要因を明らかにするとともに,外来縮小の方針決定に影響を与えると考えられた逆紹介とその後の入院率との関連を明らかにすることを目的とした。南風病院呼吸器内科に外来受診をした慢性閉塞性肺疾患(COPD)と喘息疾患の再診患者を対象にロジスティック回帰分析を行った。入院率の比較については傾向スコアマッチングを用いた生存時間分析を実施した。解析の結果,長期処方実績や複数科外来受診などの要因が逆紹介と関連していた。また生存時間分析による入院率の比較では,外来患者の逆紹介とその後の入院率の減少に関連は認められなかった。一般外来の縮小に向けた外来患者の逆紹介が推進されることで,外来診療における地域医療の機能分化が期待された。
特別企画
訂正のお知らせ
feedback
Top