日本医療・病院管理学会誌
Online ISSN : 2185-422X
Print ISSN : 1882-594X
ISSN-L : 1882-594X
54 巻 , 3 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
巻頭言
研究論文
  • 森脇 睦子, 山名 隼人, 今井 志乃ぶ, 堀口 裕正, 梯 正之, 伏見 清秀
    原稿種別: 研究論文
    2017 年 54 巻 3 号 p. 139-149
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/08/29
    ジャーナル フリー

    夜間・休日・時間外に外来受診する軽症患者(いわゆるコンビニ受診)により救急医療提供体制に様々な問題が生じている。本研究では,外来レセプトデータと診療録調査により軽症患者識別モデルを開発し,患者数を推計した。国立病院機構に属する2施設の即日入院を除く夜間・休日・時間外受診した外来患者の診療録調査により軽症患者を判定し,レセプトデータを用いてロジスティック回帰分析を行い,3つの識別モデルを作成した。このうち外来レセプトデータのみで推計できる ① 診療区分モデルと ② 診療内容-医療費モデルを使い,国立病院機構に属する200床以上の84病院の即日入院を除く夜間・休日・時間外受診した外来の軽症患者数を推計した。その結果,モデル ① では43.8%,モデル ② では42.8%であり,いずれも,200-299床の施設と500床以上の施設で軽症患者割合に有意差を認めた(Dunnett’s t p=0.01, p<0.01)。適切な救急医療提供のため必要度に応じた受診支援の検討が必要である。

研究資料
  • 村井 孝子, 原田 博子
    原稿種別: 研究資料
    2017 年 54 巻 3 号 p. 151-159
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/08/29
    ジャーナル フリー

    本研究の目的は,認定看護管理者資格をもつ看護部長のキャリア発達の構造を明らかにすることである。認定看護管理者資格をもつ看護部長13名に質問紙および聞き取り調査を行い,修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いてデータ分析を行った。

    その結果,認定看護管理者資格をもつ看護部長のキャリア発達は,《職業選択》,《仕事と生活の中での出会い》,《自分を肯定する》,《資源の獲得》,《支えられてきた自分への気づき》,《感謝の気持ち》,《自分を支えてくれたことへのお返し》の7カテゴリーから構成されていることが明らかになった。対象者が抱く感謝の気持ちは,後輩達や組織,社会への返礼志向につながっており,対象者個人の成長のみならず,所属組織の看護の質向上や組織全体への発展に貢献するというプロセスをたどっていた。認定看護管理者資格をもつ看護部長のキャリア発達は,次世代の看護管理者のキャリア発達の一助となるだけではなく,組織にとっての大きな利益につながることが示唆された。

  • 朝元 綾子
    原稿種別: 研究資料
    2017 年 54 巻 3 号 p. 161-170
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/08/29
    ジャーナル フリー

    東海地方4県(愛知,岐阜,静岡,三重)のDPC病院を対象として,病院種別(国公立,公的,私立の区別),病院立地(1次医療圏内DPC病院数),病院規模(病床数),および医師の充足度合い(1病床当り医師数)について,脳梗塞(手術なし)在院日数との関係を計量的に比較検討した。愛知県では病院種別によるインパクトが強く,公的病院の在院日数が短かった。岐阜県では1次医療圏内DPC病院数が多いほど在院日数が短く,病院種別よりも病院の立地による影響が大きいと考えられた。静岡県では,病床数が多いほど在院日数が長く,また,病院種別では公的病院の在院日数が長かった。在院日数に影響する要因は県毎に多様であることが確認された。また,4県のデータを一括してサンプル数を増やすと,脳梗塞(手術なし)在院日数は,1病床当り医師数の3次関数で表わされた。これは病院の効率と機動力を反映する指標であるかもしれない。

報告
  • 石川 雅彦, 斉藤 奈緒美
    原稿種別: 報告
    2017 年 54 巻 3 号 p. 171-178
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/08/29
    ジャーナル フリー

    平成24年の診療報酬改定で患者サポート体制充実加算が新設され,医療機関では医療対話推進者の配置が検討されてきた。今回,医療対話推進者の配置,患者・家族支援体制の状況等に関して調査し,医療対話推進者に期待される役割と患者・家族支援体制の今後の展望を検討した。対象は医療安全対策加算1,2を申請している医療機関(3,479施設)とした。

    医療機関976施設から回答が得られた(回収率28.1%)。医療対話推進者配置の効果は,「患者・家族からの相談への適切な対応」「スムーズな各部門間の連携・調整」等が効果的と判断される割合が高い傾向にあった。

    医療対話推進者には医療事故関連の相談や苦情・クレーム等の対応,職員教育等が期待され,継続的なスキルアップの取り組みが望まれる。患者・家族支援体制をより効果的・効率的に整備するためには,医療安全管理者との有機的連動を基に,医療機関全体での組織的取り組みが求められる。

学会特別企画パネルディスカッション
feedback
Top