民族衛生
検索
OR
閲覧
検索
27 巻 , 5 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 目黒 勇平
    27 巻 (1961) 5 号 p. 339-378,A22
    公開日: 2010/11/19
    ジャーナル フリー
    脳卒中死亡率の比較的高率である宮城県南部の阿武隈川沿岸の米作単作地帯である一農村について満20才以上の全住民の約90%について夏・秋・冬の3季に亘り血圧検診を行い,併せて農家の耕作規模,食生活,住生活,腸管内寄生虫の寄生状況,所得税地方賦課額,文化的生活の水準,妊娠等に関して調査し,これ等の生活条件が血圧水準といかなる関係を有するかについて検討を試みた.その結果下記の如き成績を得た.
    1.血圧水準の年令的推移については,男子最大血圧は,20才台から30才台では上昇の傾向がみられず,女子では20才台から30才台で緩慢な上昇を示し,男女共に40才台から急激な上昇曲線を示した.最小血圧では男女共に最大血圧の如き急激な上昇はみられない.
    2.血圧水準の季節的変動は男女とも最大・最小血圧共に夏季が最も低く,冬季が最も高い血圧水準を示した.
    3.高血圧出現率は男女とも夏季が低く,冬季が高い出現率を示し,30才台以後年令層の進むに従つて高率となり,40才台から急増し,50才前後で約30%の出現率をみた.
    4.低血圧出現率は男女とも夏季に高く,冬季に低い出現率を示し,約4.8%に認められた。
    5.水田耕作面積と血圧値との関係については,第一種・第二種兼業農家を除き専業農家のみについてみると,水田10反未満群と10反以上群には差はみられなかつた.
    6.畑耕作面積と血圧値との関係については,第一種・第二種兼業農家を除き専業農家のみについて比較すると,畑耕作面積4反未満と4反以上の両群には差はみられない.しかし野菜畑面積との関係においては,女子最大血圧及び男女とも最小血圧で5畝未満の群が5畝以上の群より高い水準を示した.
    7.1人当り耕作労働反別と血圧値との関係についてみると,男子最大・最小血圧共に明らかな傾向はみられない.
    8.食生活と血圧値との関係では,男女とも最大・最小血圧共に主食摂取量の相違による血圧水準の差が認められない.
    9.味噌汁摂取量と血圧値との関係では,男子最大血圧についてのみ1日6杯以上の群が,5杯以下の群より高い水準を示した.
    10.漬物と血圧水準との関係については,漬物の好きな群及び嫌いな群が,好きでも嫌いでもない群より男女とも最大血圧が高く,男女とも最小血圧では,漬物の好きな群が好きでも嫌いでもない群より,又男子最小血圧でのみ嫌いなものが好きでも嫌いでもない群より高い.
    11.甘・塩・辛味嗜好と血圧との関係では,男女とも最大・最小血圧共に甘好み群が塩好み群より低く,又男子最大血圧で甘好み群が辛好み群より,女子最大血圧で辛好み群が塩好み群より,男子最小血圧で甘好み群が辛好み群より低い.
    12.飲酒と血圧値との関係では男子最大・最小血圧共に4合以上の飲酒群が呑まない群及び1~3合飲酒群より明らかに高く,又女子では最大血圧においのみ飲酒の好きな群が嫌いな群より高い.
    13.喫煙と血圧値との関係については,男子最大・最小血圧において,10本以下の喫煙群が,喫わない群より低く,又最大血圧においてのみ11本以上の喫煙群より低い.女子においては最大・最小血圧共に差はみられない.
    14.居間及び寝室の天井の有無と血圧水準との関係では,男女とも最大・最小血圧に差はみられないが,たヾし40~60才台の女子最大血圧では居間の無天井群が有天井群より高い値を示した.
    15.回虫・鈎虫卵陰性群と陽性群との血圧値との関係については,回虫卵陰性群と陽性群との間に,男女とも最大・最小血圧共に差がみられず,鈎虫卵陰性群と陽性群とでは,女子最大・最小血圧共に陽性群が陰性群より高い水準を示した.
    16,気質と血圧値の関係については,男子最大・最小血圧共に陽気群が陰気群より高く,女子では逆に最大・最小血圧共に陰気群が陽気群より高い.
    17.体型と血圧水準については,肥満型がやせ型より男女とも最大・最小血圧共に高い値を示した.
    18.所得税地方賦課額と血圧値との関係については第一種・第二種兼業農家を除き専業農家のみについて比較すると,男女とも最大・最小血圧共に差はみられないが,たヾし男子50才・60才台で,女子40才・50才・60才台では最大血圧においてのみ4.000円以上の群が4.000円未満の群より高い値を示した.
    19.ラジオ所有及び新聞購読の有無と血圧値との関係では,男女とも最大・最小血圧共に差はみられない.
    20.妊娠回数と血圧値との関係については概して5回以上の群が,妊娠したことのない群及び4回以下の群より高いが差はみとめられず,最小血圧においてのみ5回以上の群が,妊娠したことのない群より高く差がみられた.
    抄録全体を表示
  • 藤山 開三
    27 巻 (1961) 5 号 p. 379-416,A23
    公開日: 2010/11/19
    ジャーナル フリー
    Statistical investigations were made on the birth weight of 14, 801 babies which were born in Namie Area in Fukushima prefecture during the period 1952 to 1957.
    The birth weight were analysed in accordance with such factors that the monthly vatiation, seasanal variation, influence of birth order and mothers age.
    The occurrence rate of premature birth was 6.6 percent (male 5.8, femal 7.5) of the total number of live births. The mean value of birth weight of male was greater than that of femal.
    It was suggested that the limit of premature infant in femal must be lower than the in case of male.
    The occurence rate of birth in January was the highest and the lowest in December.
    The frequency of premature infant was the highest in the first born and the lowest in mother's age 25 to 29
    抄録全体を表示
  • 藤山 開三
    27 巻 (1961) 5 号 p. 417-444,A24
    公開日: 2010/11/19
    ジャーナル フリー
    Statistical investigations were made on relations between the infant mortality and the social biological factors as a previous paper. The infant death rate was 44.3 (male 48.6, femal 39.9), the neonatal death rate was 22.4 (male 24.5, femal 20.3).
    The neonatal death rate of premature infant was ten times higher than that of mature infant. The death rate fo premature infant was 194.1 and existed obvious difference between in case of male and in case of female. The death rate of premature infant was the lowest in the third born and in the mother's age from 25 to 29.
    抄録全体を表示
  • 藤山 開三
    27 巻 (1961) 5 号 p. 445-473,A24
    公開日: 2010/11/19
    ジャーナル フリー
    In this paper, statistical investigations were made on the relations between the cause of infant death and the social, biological factors as report 1. The effect of coldness for neonatal death rate was distinguished but the coldness.
    The death rate of antenatal deformity and diseases peculiar to early infancy was found to be ten times higher in case of premature infant than in case of mature infant. The neonatal death rate in case of premature delivery was thirteenth times higher than in case of mature delivery.
    The frequency of antenatal defomity and diseases peculiar to early infancy was the highest in the fifth born, the highest in the mother's age of above 40 age.
    抄録全体を表示
  • 坂本 弘, 与那嶺 尚, 熱田 裕, 奥田 博, 伊志嶺 亮
    27 巻 (1961) 5 号 p. 474-478,A25
    公開日: 2010/11/19
    ジャーナル フリー
    We examined on parasite infestation 8101 pupils of 14 elementary and 9 junior high schools at Miyako-Island in Ryukyu.
    About 60% of pupils of these schools underwent our examination.
    These 23 schools were divided into 3 groups such as urban are, rural area, and fishing villages.
    It was found that the incidence of ascaris infection among the pupils lived at fishing villages was the highest (32.6%), and that the incidence of the ancylostomiasis among the pupils in rural area was the highest (25.3%), especially the hookworn incidence of the pupils of rural janior high school showed very high.
    About the enterobiasis, there is no differrnce among these 3 groups.
    抄録全体を表示
  • 27 巻 (1961) 5 号 p. 479-482
    公開日: 2010/12/22
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top