民族衛生
Online ISSN : 1882-868X
Print ISSN : 0368-9395
検索
OR
閲覧
検索
52 巻 , 5 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 高桑 栄松
    52 巻 (1986) 5 号 p. 209-210
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 石河 利寛
    52 巻 (1986) 5 号 p. 211-224
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 佐久間 淳
    52 巻 (1986) 5 号 p. 225-233
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
     わが国における老人医療の受診件数は,全国的実施当初の1974年には前年度比8.0%著増したが,翌1975年には4.4%増に低下し,その後漸増を続けて1982年度末までの10年間には37.3%の増加となった.逆に1件当たり日数は6.2%短縮した.この推移には,社会経済的要因による強い影響が考えられる.ことに,この後の老人保健法や医療費一部負担制の導入による受診件数減少などとも合わせてみると,制度変更の影響が短期間に現れることがわかる.他方,都市的要素や農村の状況など,生活基盤による影響には持続性が見られる. そこで受療の要因を折出するため,受診件数との関係が考えられる29項目(合成変数を含む)を各領域から選び,重回帰分析など一連の分析を実行し,次のような結果を得た. 1 まず各変数と受診件数の関係を相関分析から概観すると,受診件数に対して人口密度など都市の状況を示す指標,所得水準や社会階層を表す所得や学歴,情報との接触を示す郵便物引き受け数,さらには医療のアクセシビリティを表す医療施設や交通機関の利用しやすさが正の相関となっている.一方,持家率,乗用車保有世帯率,老人クラブ加入率など農村の指標は負の相関を示した. 2 上記の29変数の全体的把握と,老人医療の受療を規定する要因の析出に用いる変数縮約を兼ねて,クラスター分析を試みた結果,人口高齢化,過疎化など12の群が形成された.この各クラスターから受診件数との相関係数の絶対値が最高のものを選び12変数を抽出した. 3 上記12変数による因子分析の結果,適解が得られた第3因子までをみると,第1因子は都市的要素,第2因子は人口動態からみた健康状況の悪さ,第3因子は過疎化の状況,を表すものと解釈された. 4 第3因子までの因子得点を求め重回帰分析を行なった.その結果,重相関係数が0.679に達し,決定係数が0.461を示した.したがって,約半数の部分が説明されている.そして第1因子,すなわち都市の標準偏回帰係数が0.561の高い正の値を示し,受療促進に強い寄与を示した.反対に第2因子,人口動態からみた健康状況の悪さを表す因子の標準偏回帰係数が-0.327,第3因子,すなわち過疎化の状況を表す因子の標準偏回帰係数が-0.200と負の値を示しており,これらは受療の抑制に作用すると考えられた.
    抄録全体を表示
  • 井奈波 良一, 泉 キヨ子, 平尾 真規子, 畑 直宏, 高橋 伸之, 木曽 啓介
    52 巻 (1986) 5 号 p. 234-238
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    To investigate the relationship between female obesity and thyroid function, serum T3 and T4 in the females who lived in Shiramine-village, Ishikawa prefecture were measured. The results obtained were as follows. 1) Significant positive correlation between obesity index and the levels of serum T3 was observed in the normotensive subjects only under 39 years old. On the other hand, there was no significant correlation between obesity index and the levels of serum T4 in the normotensive subjects under 39 or over 40 years old. These results suggest that obesity is prevented in part by the increase of serum T3 in the normotensive females under 39 years old. 2) In the subjects whose obesity index was over +10%, the levels of serum T4 in the borderline hypertensive subjects were significantly lower than those in the normotensive subjects. Therefore, it could not be demonstrated that there was positive relationship between the increase in blood pressure induced by obesity and the increase in the levels of thyroid hormon.
    抄録全体を表示
  • 東 博文, 鈴木 猛郎
    52 巻 (1986) 5 号 p. 239-242
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    The consistency of answers to C.M.I.-Health Questionnaires which consist of 207 questions ranging from A to S sections was evaluated using the pairs of answers of girl students in a nursing school obtained through carrying out twice at an interval of a month, the second 207 questions being rearranged at random . The answers to the questions concerning sexual organs section were excluded for the analysis of the consistency. The results showed that the consistency of answers to the questions concerning respiratory system, cardiovascular system, digestive tract, muscles and bones, skin, nervous system, fatigue, feeling of malaj ustment, anger, tension and thinking and judgement was 22.1, 20.0, 31.8, 11.1, 12.5, 11.1, 12.5, 16.7, 25.0, 22.2, 16.7% respectively. The consistency of answers to all the 197 questions ranging from A to R sections was only 12.2%.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top