民族衛生
Online ISSN : 1882-868X
Print ISSN : 0368-9395
81 巻 , 4 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
巻頭言
原著
  • 小島 光洋, 井原 一成, 大庭 輝, 吉田 英世
    2015 年 81 巻 4 号 p. 105-121
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/10
    ジャーナル フリー
    National health policy in Japan focuses on increasing physical activity from childhood to older adulthood in order to promote lifetime health. However it is not certain whether active children would continue to be active through adolescence and adulthood until older age. The purpose of this study is to evaluate retrospectively the relationship between physical activity in childhood and health-related habits including exercise in older adulthood. 203 women aged 73-91 years who lived in their own homes completed questionnaires about their perceived skill at eight kinds of play/games (beanbags, bouncing ball, jumping elastic band, jumping rope, run-race, iron bar, vaulting horse, dodge ball) in childhood and current health-related habits concerning from cooking to exercise. Those who perceived themselves to be ‘good’ at ‘iron bar/vaulting horse’ in childhood were found to be more likely to have an exercise (radio broadcasting calisthenics) habit than those of ‘poor’ (odds ratio=2.44, 95%CI 1.15-5.16, p=0.020) and those of ‘inexperienced’ (odds ratio=24.46, 95%CI 2.23-267.88, p=0.009). This result suggests the acquisition of motor skill at basic movements of whole body in childhood is important for the late life health through the maintenance of an exercise habit.
  • Mahiro SAKAI, Hiroki YANASE, Atsko TAGUCHI, Takashi NARUSE, Satoko NAG ...
    2015 年 81 巻 4 号 p. 122-133
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/10
    ジャーナル フリー
    目的 : 本研究は, 地域住民における「終末期を自宅で過ごすこと」の自信と, その自信に関連する要因を明らかにすることを目的とした.
    方法 : 福岡県の二自治体から無作為に抽出した20歳から79歳までの住民1,800名を対象に無記名自記式質問紙調査を実施した. 終末期は「余命は6ヵ月程度あるいはそれより短い期間, 身体の痛みは無く, 日常生活を送る上で介護を必要とする状態」と定義し, 調査対象者に自宅で最期まで過ごせると思うか否かを尋ねた. 対象者の属性を記述した後, 終末期を自宅で過ごすことの自信に関連する要因を明らかにするため, 多重ロジスティック回帰分析を実施した.
    結果 : 返信のあった質問紙のうち, 有効回答数は1,168通であった (有効回答率, 64.9%). そのうち, 195名 (16.7%) は, 自身の終末期の療養場所として自宅を希望し, 自宅で最期まで過ごせると思うと回答した. 多重ロジスティック回帰分析の結果, 年齢がより高い者, 女性よりも男性の方が, 終末期を自宅で過ごすことに自信がなかった. 一方, 健康状態が良い者, および, 自宅療養の際に利用できる在宅ケアサービスのうち, 特に, 自宅療養を支援する病院や診療所があると認識している者, 24時間訪問看護サービスがあると認識している者は, 終末期を自宅で過ごすことに自信があることが明らかになった.
    結論 : 分析全対象者1,168名のうち, 自宅で最期まで過ごせると思うと回答した者の割合は16.7%であった. 地域住民の「終末期に自宅で最期まで過ごせるという自信」を高めるためには, 在宅で利用可能な医療サービスの情報を住民に提供するなど, 広報の活用も行うことが必要である.
feedback
Top