情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
ISSN-L : 0917-1436
13 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
論文
  • 真栄城 哲也, 藤原 譲, 下原 勝憲
    2003 年 13 巻 1 号 p. 1-9
    発行日: 2003/03/28
    公開日: 2016/12/11
    ジャーナル フリー
     生物学の専門書,辞典や用語データベースから133,251語の専門用語を抽出し,それらの専門用語間の意味関係を自動的に抽出した.抽出された専門用語は生物学の概念を表し,専門用語間の意味関係は概念間の意味関係を表す.生物学の概念をノートで表し,概念間に意味関係があればリンクで結ぶことによって得られる生物学概念ネットワークの特性を解析した.生物学概念ネットワークは,ネットワークの規模とは独立した特性であるスケールフリー構造を2重を持つ.また,生物学での概念の重要性と,概念毎に意味関係で結ばれる概念の数は,少なくとも重要性が上位の概念では比例している.これら上位の重要性もしくは意味関係の数を持つ概念は,概念の検索時間を短くする役割を担っている.
  • 高久 雅生, 江草 由佳, 伊東 千夏, 石塚 英弘
    2003 年 13 巻 1 号 p. 10-22
    発行日: 2003/03/28
    公開日: 2016/12/11
    ジャーナル フリー
     本研究では,用語体系データの再利用による用語体系の作成支援を目的として,複数用語体系のブラウジングシステムを構築した.本システムでは,用語間の階層関係をクリッカブルマップ形式,HTML形式などとして図示することにより,利用者はその構造を直感的に把握できる.また,複数の用語体系の持つ用語とその階層関係を重ね合わせて表示することにより,利用者はそれらの構造を把握し,作成している体系に適した語彙を収集できる.また,システムが扱う用語体系データをXML形式で提供するするため,データの再利用が可能となる.さらに,分野や規模の異なる5つの用語体系にこれらの手法を適用し,その有効性を示した.本システムの利用者は,用語体系の構造をブラウジングしながら,複数の用語体系を任意の組み合わせで重ね合わせた結果を閲覧したり,XML形式として取得して再利用したりすることができる.
論談
  • 田良島 哲
    2003 年 13 巻 1 号 p. 23-32
    発行日: 2003/03/28
    公開日: 2016/12/11
    ジャーナル フリー
     伝統的な文化財の情報記述には独自の方法が蓄積されているが,組織的な教育が不十分であり,学術的な議論も少ないため,情報の共有が困難な状況が見られる.小論ではまず博物館等が刊行する図版目録において採用されている項目を紹介し,それを博物館データの国際標準案と対照しながら,同一と認められる項目の整理を試みた.項目の呼称はさまざまで,どの項目が使われているかは,分野によってばらつきが大きいが,整理後の項目数は比較的少数にとどまり,基本的な文化財データについては博物館間で横断的に共有できる可能性は大きい.各項目は,依拠する学問によって記述方法に特色があるので,現在使われている主要な記述方法を紹介し,今後の情報共有を図る際に想定される問題点を指摘する.
報告
feedback
Top