情報知識学会誌
検索
OR
閲覧
検索
20 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 山地 一禎, 片岡 俊幸, 宮地 直人, 曽根原 登
    20 巻 (2010) 1 号 p. 1-14
    公開日: 2010/04/04
    [早期公開] 公開日: 2009/12/22
    ジャーナル フリー
    研究成果などの知的財産管理の手段として,電子署名とタイムスタンプ技術を基礎とした長期署名の応用が注目されている.本研究では,研究の過程で頻繁に利用される,オフィス系アプリケーションに対応した長期署名の付与方法を提案する.対象とするフォーマットは,マイクロソフト社のOffice 2007に採用されている,Open Office XML(OOXML)とした.長期署名フォーマットには,XMLで記述されるXAdESを採用した.OOXMLへのXAdESの実装として,標準長期署名と拡張長期署名と呼ぶ二種類の方法を提案した.前者はOOXMLで規定するXML署名のファイルに長期署名に関する記述を含める形式であり,後者は独立したファイルに記述する形式である.双方とも,OOXMLとXAdESの仕様を逸脱するものではない.この二種類の長期署名を,Office 2007が生成するOOXMLファイルに付与するアプリケーションを開発した.長期署名付きファイルをOffice 2007で開いた結果,拡張長期署名はXML署名としての検証には成功するのに対し,標準長期署名は失敗することが確認された.XML長期署名としては,標準長期署名の方がより一般的な実装方法であり,OOXMLにおいて長期署名を付与する書式を明らかにするとともに,Office 2007によるOOXMLの解釈にも対処が必要であることが示唆された.
    抄録全体を表示
  • 久保 順子, 辻 慶太, 杉本 重雄
    20 巻 (2010) 1 号 p. 15-31
    公開日: 2010/04/04
    [早期公開] 公開日: 2010/01/19
    ジャーナル フリー
    コンピュータを使用した専門用語自動抽出は,従来,対象とする専門分野のテキストコーパスのみをデータとして行っているものが多かった.しかし,専門用語の特徴として,対象分野のコーパスに頻出し,対象分野以外の他分野コーパスにはあまり多く出現しない点が挙げられる.そこで本研究では,対象分野コーパスと他分野コーパスとの用語の出現率の差を考慮した手法を提案する.実験では,女性学のテキストを対象分野のコーパスとして使用し,他分野のコーパスとして39分野のテキストを使用した.実験の結果,従来の代表的手法よりもかなり高い精度で用語が抽出できることが明らかとなった.また39分野のテキストから任意のテキストを選び他分野コーパスとして用いてコーパスの規模を縮小できるか実験を行った.その結果,対象分野と類似した分野のテキストを用いることで,39分野すべてのテキストを用いた場合の抽出精度・再現率に近づけることができた.
    抄録全体を表示
調査報告
解説
部会報告
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top