日本図書館情報学会誌
Online ISSN : 2432-4027
Print ISSN : 1344-8668
検索
OR
閲覧
検索
46 巻 , 3 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 赤星 隆子
    原稿種別: 論文
    46 巻 (2000) 3 号 p. 95-110
    公開日: 2017/05/04
    ジャーナル オープンアクセス
    日曜学校は19世紀の米国において,キリスト教宣教活動の一環として全国各地に多数設けられ,児童青少年のための図書室をそなえていた。この図書室は,児童図書館サービスの視点からは主に蔵書の内容などが批判の対象になってきた。本文では日曜学校図書室は20世紀の公共図書館における児童サービスの基礎を全国的に築いたとの観点から同時代の文献,資料,後世の研究を検討し,19世紀初頭からすでに無料,公開などの公共図書館の基本条件を備えていたのみならず,子どもにも行きやすい場にあり,利用者の年齢下限制限がなく,貸出をおこなうなど,同時代の公共図書館よりも進んだ児童中心のサービスをおこなっていたことを明らかにした。当時の児童図書の出版に質,量ともに刺激を与え,ブックリストの作製も日曜学校図書室関係者が始めた。日曜学校図書室は児童青少年一般に読書の習慣を育み,図書館の存在や役割を広く知らせ,19世紀末から20世紀初頭の公共図書館における児童図書館サービスを無理なく定着させ,急速に発展する道を開き,基盤形成をした存在として重要であり,今後さらに広い視点から再検討の必要がある,との結論に達した。
    抄録全体を表示
  • 古賀 崇
    原稿種別: 論文
    46 巻 (2000) 3 号 p. 111-127
    公開日: 2017/05/04
    ジャーナル オープンアクセス
    アメリカ合衆国の連邦政府刊行物寄託図書館制度(FDLP)は,19世紀半ばより政府刊行物への無償のアクセスを保証する制度として存続してきた。しかし,政府情報提供の電子化が進行するにつれ,寄託図書館制度の改革が求められるようになった。寄託図書館制度を管轄する政府印刷局(GPO)は,1993年制定の「GPO電子情報アクセス推進法」に基づき,政府情報のオンライン・データベースとして"GPO Access"を構築した。GPOはまた1996年より,寄託図書館や他の政府機関との協力関係に基づく「寄託図書館制度の電子化」という方向性を打ち出し,電子化された政府情報の永続的アクセス保証への取り組みを進めている。しかし,GPOの将来計画は,電子的な環境に対応しうるように,寄託図書館制度の構造を抜本的に変革するまでには至っていない。本稿は,こうした「寄託図書館制度の電子化」の過程とその課題,およびその政策形成上の背景について論じる。
    抄録全体を表示
研究ノート
学会記事
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top