日本図書館情報学会誌
Online ISSN : 2432-4027
Print ISSN : 1344-8668
52 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
論文
  • 梁 桂熟
    原稿種別: 論文
    2006 年 52 巻 2 号 p. 73-84
    発行日: 2006/06/20
    公開日: 2017/05/04
    ジャーナル オープンアクセス
    本論文では,『中国分類主題詞表』の成立過程とその特徴を文献的に調査することによって,中国における分類件名一体化研究の理論的・実際的背景や現存する問題点,今後の方向を明らかにすることを目的とした。調査の結果,中国における分類件名一体化研究の理論的背景には,西洋の分類理論,特に,AitchisonのThesaurofacetの影響が大きいことが明らかとなった。また,『中国図書館分類法』と『漢語主題詞表』が存在し,広く中国で使用されていること,両者の語彙の対応比率が良いことなどの理由で,あらたな分類件名一体化ツールを作成するのではなく,両者を結合する道を選択したことが実際的背景として明らかとなった。『中国図書館分類法』と『漢語主題詞表』を結合することによって,それぞれの欠点を補うことができた。しかし,その一方で,両者の性質の違いから来る問題点や,ネットワーク情報資源への対応の問題などの課題が残されている。
  • 宮原 志津子
    原稿種別: 論文
    2006 年 52 巻 2 号 p. 85-100
    発行日: 2006/06/20
    公開日: 2017/05/04
    ジャーナル オープンアクセス
    シンガポールでは1994年に図書館情報政策「Library 2000」が策定されてから,公共図書館は量的質的にもめざましい発展を遂げている。本論文では「Library 2000」の策定背景を政治的経済的な要因から分析するとともに,植民地時代からの公共図書館の社会的役割の変遷について検討を行った。今日の公共図書館は読書施設,教育施設という単一の役割から脱し,国家のさらなる発展を支えるために複数の分野での役割が求められるようになった。そして開発体制における図書館の存在意義が増したことから,重点的な予算の配分や人事措置などを経て,急速的発展が遂げられた。シンガポールの図書館情報政策の独自性は,経済成長の重視と国家主導型による発展というシンガポール型開発体制と合致している点にあり,同時に図書館がその社会的役割を果たすことで,人民行動党による国家の開発体制を補完している。
資料
書評
学会記事
feedback
Top