日本図書館情報学会誌
Online ISSN : 2432-4027
Print ISSN : 1344-8668
検索
OR
閲覧
検索
61 巻 , 2 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 大場 博幸
    原稿種別: 論文
    61 巻 (2015) 2 号 p. 65-81
    公開日: 2017/04/30
    ジャーナル オープンアクセス
    憲法上の表現の自由と図書館の役割を結び付ける議論を「表現の自由」目的説と定義し,その展開を検討した。CIPAをめぐる2003年のALA判決は内容に基づいた資料選択が避けられないことを理由に図書館を非パブリック・フォーラムとした。ALAは1990年代から図書館=限定的パブリック・フォーラム論を採用したが,表現の自由の保護の徹底は図書館員の裁量を限定しないものだという誤解があった。日本でも同様の誤解から資料請求権が提唱されたが,法律家はそれを否定している。2005年の船橋市西図書館蔵書廃棄事件判決における「公的な場」への言及は図書館への限定的パブリック・フォーラム論の適用であるという議論が現れたが,優勢とはなっていない。このように「表現の自由」目的説は成立しなかったが,それによって現実の図書館も,「図書館の自由」も特に影響を被ることはなかった。
    抄録全体を表示
  • 酒井 由紀子, 國本 千裕, 倉田 敬子
    原稿種別: 論文
    61 巻 (2015) 2 号 p. 82-95
    公開日: 2017/04/30
    ジャーナル オープンアクセス
    目的:本研究の目的は,日本における健康医学情報の探索行動の実態を明らかにすることにある。方法:2013年11〜12月に戸別訪問質問紙留置調査を実施し,全国の15〜79歳の男女1,200人から回答を得た。2008年調査との比較も含め結果を分析した。結果:有効回答1,197人の内48.0%が過去2年間に実際に健康医学情報を探していた。探索主題として5割を超えたのは,病気(77.2%)と医師や病院(56.3%)である。情報源は,インターネット(58.7%)が医師(53.4%)を上回った。得られた情報の影響は「安心感を得た」(46.2%)が最も多い。「医学論文を読みたい」という回答はやや減少したが,英語と日本語,有料と無料を合わせ49.2%であった。結論:インターネットの利用の割合は増えたが,健康医学情報を探索する人の割合は変わらなかった。医学論文が一般の人々の情報源となる可能性も,引き続き示唆された。
    抄録全体を表示
  • 杉山 悦子
    原稿種別: 論文
    61 巻 (2015) 2 号 p. 96-111
    公開日: 2017/04/30
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では,1950年代前期における沖縄の学校図書館理解を考察するために,1953年に『琉球文教時報』で発表された琉球政府文教局指導主事永山政三郎の学校図書館振興論と,1954年度に開催された第1回教育研究大会報告を検討した。その結果,沖縄教育界では文部省の『学校図書館の手引』(1948)と「学校図書館基準」(1949),そして教育学者松本賢治の学校図書館論を参照していた可能性が確認された。文部省の情報は設備の標準指標として理解されていた。全人教育機能としての学校図書館観は松本論との類似性がみられた。様々な情報を受容する一方で,教師の研修機関として学校図書館を捉える意向や,"物心両面の隘路"を学校間で互助し合う協議会構想もみられた。しかし「日本」からの情報は,沖縄教育界に理想を抱かせた反面,法と設備の欠如を否応なく現場に自覚させ,焦燥を駆り立てるものでもあった。
    抄録全体を表示
研究ノート
  • 浅倉 秀三
    原稿種別: 研究ノート
    61 巻 (2015) 2 号 p. 112-122
    公開日: 2017/04/30
    ジャーナル オープンアクセス
    書誌レコードをMARCXML形式へ変換すれば,LCの変換XSLスタイルシートでそれをDC,MODSやMARC Tagsなどの形式へ変換することが可能になる。ISO2709規格の書誌レコードをMARCXML形式へ変換するプログラムはすでに開発されている。本稿の目的は,LCのMARCXML形式からMODS形式への変換スタイルシートはNDLの書誌レコードを正しく変換できるかどうかを調査し,問題があればそれに対する解決策を提案することである。実験の結果,属性scriptの値が正しくない場合もあるという問題が明らかになった。そこで,それに対する解決方法を提案した。また,その他の問題は見つからなかった。本稿によって,LCのその変換スタイルシートは,少しの修正でNDLの書誌レコードにも有用であることが明らかになった。また,同様の修正で非ラテン文字を用いる国や地域の書誌レコードにも有用であると考えられる。
    抄録全体を表示
書評
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top