日本栄養・食糧学会誌
Online ISSN : 1883-2849
Print ISSN : 0287-3516
検索
OR
閲覧
検索
46 巻 , 3 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 大和谷 和彦, 関谷 啓治, 山田 裕之, 市川 富夫
    46 巻 (1993) 3 号 p. 199-203
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    実験動物で有効性が確認されたグアガム部分分解物について, 健常人を対象として, 単回投与による糖質および脂質の負荷試験を行い, 血糖値と血漿脂質の上昇を抑制する傾向が認められた。
    抄録全体を表示
  • 斎藤 洋子, 吉田 琴, 境野 ちふみ
    46 巻 (1993) 3 号 p. 205-210
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    野菜食物繊維の調理による変化が, タンパク質の消化吸収およびその利用にいかに影響するかをニンジンにて検討した。
    1) 生および炒めたニンジンをアセトン中でホモゲナイズ後, アセトンおよびエーテルで脱水, 脱脂したものを食物繊維とした。この生および炒めニンジン食物繊維中の酵素重量法で測定した食物繊維量はそれぞれ62, 55%であった。
    2) 生および炒めニンジン食物繊維を20%添加した飼料でラットを2週間飼育し, タンパク質の見掛けおよび真の消化吸収率, 窒素出納, 生物価を測定した。
    3) タンパク質の見掛け消化吸収率は食物繊維添加群でやや低下したが, 真の消化吸収率は低下しなかった。窒素出納は大きい方から炒め食物繊維群, 標準群, 生食物繊維群の順であり, 生物価は高い方から炒め食物繊維群, 生食物繊維群, 標準群の順であった。
    4) 乾燥糞重量は, 多い方から生食物繊維群, 標準群, 炒め食物繊維群の順であった。盲腸重量および大腸の長さは食物繊維添加群で標準群より大であった。
    以上, ニンジン食物繊維の調理による変化はタンパク質の消化吸収率には影響しないが, その利用および糞重量には影響することが認められた。
    抄録全体を表示
  • 福井 健介, 青山 敏明, 橋本 征雄, 山本 孝史
    46 巻 (1993) 3 号 p. 211-216
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    分離大豆タンパク質 (SPI) に対するエクストルージョンおよびからあげ処理が血漿コレステロール値およびタンパク質栄養価に及ぼす影響を成長期の雄ラットを用いて検討した。対照を20%カゼイン食 (Control) とし, そのカゼインの50%をSPI (N-SPI), エクストルージョンによって組織化したSPI (T-SPI), そのT-SPIをからあげにしたもの (F-SPI), あるいは鶏肉をからあげ処理したもの (F-Ckn) で置き換えた計5種類の試験食を用いた。食餌中の油分は10%に揃えて0.5%のコレステロールを添加した。結果を以下に示す。
    1) 大豆タンパク質系3群は, Control群およびFCkn群に対して有意な血漿コレステロール濃度低下作用を示した。
    2) 大豆タンパク質系3群およびF-Ckn群は, Control群よりも糞中ステロイド排泄を促進した。
    3) エクストルージョンおよびからあげ処理の有無に関係なく, 大豆タンパク質系3群は同等の血漿コレステロール濃度低下作用を示した。
    4) エクストルージョンおよびからあげ処理の有無に関係なく, 大豆タンパク質系3群はControl群およびF-Ckn群と同等の良好なタンパク質栄養価を示した。
    抄録全体を表示
  • 梅川 逸人, 藤原 正也, 古市 幸生, 高橋 孝雄, 林 貢, 鈴木 一正
    46 巻 (1993) 3 号 p. 217-222
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    食品由来のタンパク質消化産物から, 食品の三次機能である生体機能を担う物質を検索する目的で, ゼイン, ダイズタンパク質, カゼイン, オボアルブミンをペプシンにて消化し, 消化物のクロロホルム/メタノール抽出画分についてカルモデュリン依存性環状ヌクレオチドホスホジエステラーゼ (PDE I) に対する影響について検討した。ゼインのペプシン消化産物はCa2+/カルモデュリン存在下にPDE Iを低濃度で阻害し, 他のタンパク質から得られた消化産物より4~8倍の強力な阻害活性を示した。そこで, ゼインから得られた画分をODSカラムを用いて精製したところ, PDE Iに対する阻害作用がIC50が53μg/mlと非常に阻害活性の強い画分が得られた。この画分をODSカラムでさらに精製し, 得られた画分のアミノ酸の一次構造の解析を行ったところ, AGILPLSPLFなる構造を示すデカペプチドであることが判明した。
    抄録全体を表示
  • 何 普明, 山岡 (小関) 佐貴代, 安本 教傳
    46 巻 (1993) 3 号 p. 223-226
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    A study was designed to assess the effects of a high-protein diet on the activities of several enzymes involved in the cellular antioxidative defence mechanism. Two strains of mice, a senescence-prone series (SAM-P/1) and a senescence-resistant series (SAM-R/1), were each divided into two groups, and fed either a control (20% casein) or a high-protein (40% casein) diet, respectively, for 11 months from the age of 2 months. Blood and liver were assayed for specific activities of catalase, superoxide dismutase (SOD), and glutathione peroxidase, and the levels of oxidized protein. Ingestion of the high-protein diet decreased the specific activity of catalase in the erythrocytes from both strains of mice, and decreased that of SOD in liver from both strains of mice; however the activity of SOD in erythrocytes from SAM-R/1 was increased. In accordance with these changes, ingestion of the high-protein diet produced an increase in the level of oxidized protein, compared with ingestion the control diet, in erythrocytes from SAM-R/1, and a much more significant increase in erythrocytes from SAM-P/1. There was also an increase in the level of oxidized protein in plasma from SAM-P/1. These results are largely, if not completely, consistent with the notion that high-protein ingestion accelerates the cellular aging process by augmenting the level of oxidized protein in erythrocytes.
    抄録全体を表示
  • 高崎 智子, 梶原 良夫, 北畠 克顕
    46 巻 (1993) 3 号 p. 227-232
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    妊娠時の鉄欠乏性貧血下における胎仔発育に及ぼす乾燥酵母含有飼料の影響をラットを用いて検討した。
    妊娠前に市販飼料, または飼料100g当りの鉄含量を1.0mgに調整した鉄欠乏飼料を7週齢より3週間与えた。鉄欠乏飼料を与えた群は潜在性の鉄欠乏状態を示した。10週齢時に交配し, 妊娠1日目に各群をさらに2群に分別し, 妊娠期間中に飼料100g当りの鉄含量を5.0mgに調整した対照精製飼料または25%乾燥酵母飼料を摂食させた。すべての群において, 赤血球数, ヘモグロビン濃度およびヘマトクリット値や妊娠21日目の血清鉄濃度ならびに肝臓, 脾臓の鉄含量は, 著明に減少し, 明らかな鉄欠乏性の貧血症状が発現した。
    妊娠21日目の胎仔生存率 (胎仔数/胎盤数) において, 妊娠前に鉄欠乏飼料を与え, 妊娠期間中に対照精製飼料を投与した群の妊娠21日目の胎仔生存率 (胎仔数/胎盤数) は低く, 胎仔吸収が高頻度に発現していた。一方, 妊娠期間中に25%乾燥酵母飼料を摂食した群は, 妊娠前の鉄欠乏飼料投与により潜在性鉄欠乏状態であったにも関わらず, 胎仔生存率は高い比率となり, 明らかに胎仔吸収が軽減されていた。
    妊娠前に与えた飼料が市販飼料, 鉄欠乏飼料のいずれでも妊娠期間中に25%乾燥酵母飼料を摂食した群の胎仔1匹当りの重量は, 有意に大きく胎仔発育障害が軽減した。
    以上, 乾燥酵母が妊娠時の鉄欠乏性貧血による胎仔吸収, 低体重仔等の胎仔発育障害を軽減し, 妊娠時の母体に有用であることが示唆された。
    抄録全体を表示
  • 立屋敷 かおる, 今泉 和彦, 原田 咲織, 森 章子
    46 巻 (1993) 3 号 p. 233-239
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    血漿エタノールレベルに及ぼすココナッツ油の影響を明らかにするため, 5週齢のSD系雄性ラットを用いてin vivoレベルで検討した。その結果, 以下の知見を得た。
    1) ココナッツ油 (0.5または1.0g・kg-1体重) をエタノール (1.0g・kg-1体重) 投与の30分前にラットに経口投与すると, 血漿エタノール濃度の最大値が用量に依存して低下し, 血漿エタノール濃度の最大値に達する時間も有意に遅延した。しかし, 血漿エタノール濃度の消失時間には変化が認められなかった。
    2) 胃内エタノール残存率はココナッツ油 (1.0g・kg-1体重) の経口投与で有意に高かった。また, 血漿エタノール濃度と胃内エタノール残存率との間には高い負の相関 (r=-0.91, p<0.001) が認められた。
    3) ココナッツ油 (1.0g・kg-1体重) を経口投与し, その30分後にエタノール (1.0g・kg-1体重) を腹腔内に投与したときには, 血漿エタノールレベルに対してココナッツ油の影響がまったくみられなかった。
    以上の結果より, ココナッツ油はラットの血漿エタノールレベルを用量にしたがって変動させる。その変動のおもな要因は胃内排出速度の遅延によるものと推定できる。
    抄録全体を表示
  • 何 普明, 安本 教傳
    46 巻 (1993) 3 号 p. 241-243
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    The effects of selenium deficiency on the antioxidative status of erythrocytes from male SAM-R/1 mice were studied. The erythrocytes were obtained from mice fed Torula yeast-based, Se-deficient and Se-adequate diets for one year. The erythrocytes obtained were separated into 4 fractions of different cell density by densitygradient centrifugation, and the respective fractions were compared for activities of glutathione peroxidase (GSHPx), superoxide dismutase and catalase and for the levels of oxidized protein. Se deficiency depressed GSHPx activities significantly (about 90%) in all 4 density fractions, but depressed superoxide dismutase and catalase activities non-significantly in the respective density fractions and also in the whole erythrocyte fraction. The levels of oxidized protein were significantIy higher in the 3 low-density fractions from Se-deficient mice than in the corresponding fractions from Se-adequate mice. These results indicate that Se deficiency impairs cellular antioxidative status, inflicts oxidative damage on erythrocytes, and accelerates their aging.
    抄録全体を表示
  • 綾野 雄幸, 真田 宏夫, 江頭 祐嘉合, 大塚 雅史, Chew Chuang CHENG, 真鍋 敦史, 重松 久美
    46 巻 (1993) 3 号 p. 244-247
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
  • 田主 澄三, 鈴木 泰夫, 西山 敬太郎
    46 巻 (1993) 3 号 p. 248-251
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
  • 山口 百子, 岩谷 昌子, 吉池 信夫, 松村 康弘, 田中 平三, 伊達 ちぐさ, 中山 健夫, 山本 卓
    46 巻 (1993) 3 号 p. 252-255
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top