栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
13 巻 , 2 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
  • 大島 康義
    1960 年 13 巻 2 号 p. 65-70
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
  • 古沢 康雄, 原田 知枝
    1960 年 13 巻 2 号 p. 71-74
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    小麦粉に対して白米粉を混合しさらにそば粉を添加すると次第にその蛋白価が向上して来る。各種の組合わせ飼料を作リラッテによる成長試験を試み栄養価を比較検討したところ, 飼料の蛋白価の推移にほぼ一致するような傾向を示したが, 本実験においては白米/小麦/そばの比が50/25/25の場合に最も栄養価が高くまた蛋白質効率も高い結果を得た。その原因は主として, 白米粉および小麦粉の配合だけではなお不足しているトリプトファン, リジンあるいは含硫アミノ酸などの必須アミノ酸がそば粉の添加によって補足せられたためであると考えられる。
  • 小池 五郎, 木村 広子, 香川 綾
    1960 年 13 巻 2 号 p. 75-78
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    Forty albino rats were divided into five groups, and fed with the mixture of the polished rice powder, rice protein extracted from the rice powder and raw soy bean powder as a protein source of the basal diet. The ratio of rice and soy bean protein in the diet was 1.6: 1, and the total protein content was ten per cent.
    The content of four essential amino acids, lysine, threonine, methionine and tryptophan was calculated and compared with the human reference protein.
    Group A was a control group. The diet of group C was fortified with lysine and threonine to make their content about twice as much as that of the reference protein. The diet of group B was fortified only with lysine. The diet of group D was further fortified with methionine, and that of group E was fortified with the four amino acids. The latter two amino acids were fortified to make the total content twenty per cent as much as that of the reference protein.
    The rats were fed with these diets for four weeks and the activities of the xanthine oxidase of the liver homogenate were estimated. The averaged activity of the control group (A) was 157, group B 127, group C 121, group D 267 and group E 307, uptaken O2in μl per hour per gram of the liver, respectively. The differences between group E and each of group A, B and C were statistically significant.
  • 小林 邦彦, 菅野 栄, 石川 幹男
    1960 年 13 巻 2 号 p. 79-81
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1 もやしの製造あるいは貯蔵に際して抗生物質液処理をなせばもやしのビタミンC含量が多くなることを認めた。ただし製造に際して強く処理する時はもやしの発育を抑制する場合が認められた。
    2 蔬菜畑で収穫の前日位に抗生物質液を葉面散布しておけばその収穫後の鮮度保持並びにビクミンCの残存率に対して効果が認められた。3 玄米を抗生物質・インドール酢酸・ビタミンB1ビタミンC等の各種溶液に浸して発芽させ, その発芽歩合, 製品の風味, 成分, 酵素力を測定した。その結果抗生物質液に浸した場合, 発芽歩合高く, ブドウ糖・デキストリン・80%アルコール可溶性糖分並びにビタミンB1含量も高くなり, またアミラーゼカの強いものが得られた。
  • 梶本 五郎
    1960 年 13 巻 2 号 p. 82-86
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1. BHA, ハイドロキノンの0.01~0. 001%を大豆油に添加し, 170℃ で5分問小麦粉をあげ, 揚げの回数と揚げ油の過酸化物価, 発煙点及び揚げ物に吸着する油脂量を調べたが, 抗酸化剤としての効果を示していないようであった。
    2. BHA, BHT, ハでドロキノン, PG, IAG等の抗酸化剤のペーパークロマトグラフぐをMitchellの方法で行なった。
    3. ンジンで抽出し, 抗酸化剤を酢酸エチルで抽出分別した。その石油ベンジン抽出物はペーパークロマトグラフィの発色を認めず, 酢酸エチル抽出部のみ発色した。また酢酸エチル抽出物中の抗酸化剤の回収率はBHAで95%, PGで34%であった。
    4. 170℃ 加熱で油脂中の添加抗酸化剤が分解したか否かの確認に, ペーパークロマトグラフィの発色の有無で判定し, BHAでは60分, BHTでは120分, PGでは30分, ハイドロキノンで60分, IAGで30分で分解することを知った。
    5. BHA, BHTを大豆油に添加し, それぞれ60分, 120分間170℃ で加熱分解した大豆油に, 同時に空気を吹込み, 自働酸化させたが, 過酸化物価は未添加油とかわらず抗酸化作用を示さなかった。
  • 浦上 智子, 田中 裕子, 安原 和枝, 亀山 春
    1960 年 13 巻 2 号 p. 87-89
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    No antioxygenic activity was observed when L, ο-dipalmitoyl-glycerylphosphorylethanolamine and a sample of chrornatographycally pure egg yolk cephalin were tested at 50°C against the methyl oleate fraction prepared from soybean oil and methyl oleate prepared from oleic acid.
  • 小川 政禧, 小川 安子
    1960 年 13 巻 2 号 p. 90-94
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    アミノ酸または数種のα-ケト酸がビタミンCの安定性に及ぼす影響を観察したところを要約すれば次の如くである。
    1) L-システイン, L-グルタミン酸, L-グルタミン酸ソーダ, L-アスパラギン酸, L-メチオニン, DL-トリプトファン等はビタミンCの酸化を著明に抑制する。
    2) L-フェニルアラニン, L-ヒスチヂン, DL-スレオニン, L-オキシプロリン等も若干斯様の作用を認める。
    3) DL-アラニン, DL-セリン, L-バリン, グリシン, L-アルギニン, L-リジン, L-プロリン等は斯様な効果はない。
    4) α-ケトグルタル酸, オギザロ酢酸, 焦性葡萄酸のようなα-ケト酸は著明にビタミンCの酸化を抑制する。
    本報は芦崎登子, 伊藤公子, 杉野斗予子, 橋本滋子氏の協力によるもので要旨は昭和35年1月, 第4回月本家政学会中部支部例会において発表した事を付記する。
  • 岩崎 照雄
    1960 年 13 巻 2 号 p. 95-99
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    草本類の消化率とリグニン含量との関係を調べるに当一方コロイド滴定法は前項の結果から前処理として3% HClおよび0.25%Na2CO3処理を行なった残渣についてリグニンを定量した。結果は第7表のようになった。
    第7表に示されたように72%硫酸法においては前処理の如何によってリグニンの定量結果は大幅に変りエリス法の結果にいたっては, 前処理なしの場合の1/5~2/5程度に減少している。
    また生育期別にみると若い試料ほど前処理なしの結果に対する比率が小さくなっている。これは若い試料には蛋白質や糖類の含量が多く72%硫酸によるフミン化も著しいので前処理の効果が大きく現われたものと思われる。したがって前処理によりフミン化をある程度減少せしめることが出来, 植物の生育に伴うリグニン含量の増加の傾向も幾分明らかに示されるようになるが, Norman, Jenkinsらが指摘したように72%硫酸法によるリグニン残液は窒素を含有しており, 窒素の存在のため生ずる増加の割合が一定していない。比較的信頼のおけるEllis法もこの欠陥をまぬかれていない。
    一方コロイド滴定法の結果はエリス法よりもやや低いり, まずリグニン定量法の検討を行なってつぎのような結果を得た。
    1. 72%硫酸法は糖類のフミン化が著しく, 定量結果に過大な値を招くこと, 前処理の如何によって値が大幅に変ってくることおよび植物の生育期に伴うリグニン含量の増加の傾向が明白でないことを認めた。
    2. コロイド滴定法において蛋白質, べントーザン, アラバンおよびペケチンことに蛋白質が定量結果に大きな影響をおよぼすことをみとめ, これらの影響を除く前処理の効果を比較検討した結果草本類では3% HClおよび0.25% Na2CO3による前処理でほぼ員的が達せられることを認めた。
    3. 72%硫酸法のうち, Ellisらの改良法は比較的信頼し得る結果を与えた。コロイド滴定法の結果はEllis法の結果よりやや低いが両法共に生育に伴うリグニン含量の増加の傾向をよく示した。しかしコロイド滴定法では短時間に多くの試料を分析出来るのでEllis法より便利であることを認めた。
    本研究に当って御懇切な御指導をいただきました千手教授ならびに貴重な試料を恵与されました農林省, 中国農業試験場八幡技官に深謝いたします。
  • 石井 隆一郎, 太田 いそ, 田中 綾, 榊原 久美子
    1960 年 13 巻 2 号 p. 100-102
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    Thirty-four kinds of recipe of cooking foods were studied for eating dry yeast (Mycotorula japonica) grown on sulfite waste liquor.
    As the dry Yeast powder has a slightly bitter taste, a moderate mixture ratio of the yeast to foods depended on the original flavor of the cooked foods.
    The mixture ratio of the yeast powder was following; Mustard 25%, Mustard-vinegar miso (fermented bean paste mixed with mustard & vinegar) 11%, fish and beast meats, 3.6-5%, flour and cereal starch 2.9%, Deep-fat fried foods 2.2%, cakes 2.2% and soups 0.9%.
  • 石井 隆一郎
    1960 年 13 巻 2 号 p. 103-105
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The miso (fermented bean paste) containing 5% dry yeast (Mycotorula japonica) matured earlier than control miso (without dry yeast).
    The effect of stimulation was fairly obvious after a month.
    In the sensory test of the miso-soups, the panels detected significantly better taste and color in the yeast samples than in the control sample, but found no significant difference in odor.
    In miso manufacture, the dry yeast shortened the fermentation period and gave good taste and color in the miso-soups.
  • 石井 隆一郎, 岡村 一弘, 田中 薫樹, 繊山 理雄, 清水 亘, 三輪 万治
    1960 年 13 巻 2 号 p. 106-109
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The purpose of the present investigation was to see the effects on the storage and qualities of the fish sausage by the addition of dry yeast (Mycotorttla Japonica).
    The flavors and taste of the yeast-sausage containing 3-5% dry yeast differed little from control sample (without dry yeast), but the additional ratio of the yeast was desirable to be about 3% in the sausage.
    The addition of the yeast gave favorable effects upon the jelly-strength of the yeastfish sausage, especially within two weeks during storage.
    The pH values and volatile organic acid contents of the yeast sausage showed no symptoms of putrefaction of them after 43 days.
    The mold, yeast, and bacterial counts in the sausage increased by the addition of the yeast, but the increasing effect were inhibited by the simultaneous presence of an antiseptic agent, Z-Fran.
    It was found that the dry yeast not only enriched, the product but also gave favorable effects upon the jelly-strength of the sausage.
  • 田坂 重元, 瀬川 節子, 権瓶 広子, 似内 悦子
    1960 年 13 巻 2 号 p. 110-113
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The main objection for cow's milk feeding for sucklings has been pointed for the fact that the casein-albumin ratio is 5: 1 in cow's milk or 6.3: 1 in conventional powdered milk while it is 1: 1 in mother's milk.
    The new type milk powder trially produced by Dairy Reserach Inst.of Snow Brand Milk Products Co., Ltd. has a casein-albumin ratio of 1.7: 1, which is much closer to mother's milk. The feeding with the new type powdered milk for 2 to 4-month-old babies for a period of 3 months was trially carried out with the following results.
    1. Earlier addition of powdered grain for enriching caloric value caused no gastroenteric disturbance.
    2. No cas, of diaper scratch nor objection to intake of milk appeared.
    3. Favourable body development was obtained.
    4. Favourable ossification and remarkable anemiaprophylactic were seen.
  • 小山 洋之介, 飯塚 広
    1960 年 13 巻 2 号 p. 114-116
    発行日: 1960/07/25
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1. 昭和34年7月末に購入した青森県産新鮮な王台から王乳を採集し, Microbioassay法によってビタミン類10種 (サイアミン, リポフラビン, ビタミンB6群, ニアシン, パントテン酸ビオチン, ビタミンB12, イノシトール, アセチルコリンを定量した。
    2. ビタミン類の定量値は, 過去の文献値との間に, かなりの差のあるものもあるが, これは王乳の生成過程, 保存方法, 定量方法, その他の差によるものと考えられる。
feedback
Top