日本口腔インプラント学会誌
Online ISSN : 2187-9117
Print ISSN : 0914-6695
検索
OR
閲覧
検索
30 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
総説
  • 吉成 正雄
    原稿種別: 総説
    30 巻 (2017) 2 号 p. 47-56
    公開日: 2017/08/05
    ジャーナル フリー

    チタンは,優れた耐食性と生体適合性を有し適度な機械的性質を有することから,現在でも最も使用頻度が高いインプラント用材料である.しかし,金属であるチタンのデメリットが指摘されるようになり,それに代わって,金属イオン溶出の懸念がなく審美性に優れるジルコニアを使用した「メタルフリー・インプラント」がヨーロッパにおいて普及しており,日本においても近い将来に臨床応用が増加すると予想される.また,近年,デジタル技術を駆使したテーラーメイド歯科医療の普及につれ,口腔インプラントも患者個人の顎骨に適合した,例えば,顎骨の解剖学構造に適応し,天然歯と近似したメカニカルストレスを顎骨に与えることのできる「複根歯インプラント」などが応用される可能性がある.さらに表面改質技術の進歩に伴い,骨組織に接する部位のみでなく,軟組織適合表面やバイオフィルム難付着表面などが実現すると思われる.そして,上記が相乗的に機能した「テーラーメイド・生体多機能化インプラント」すなわち,患者個人の顎骨構造に適応し,インプラントが接する各組織に適合したインプラントがデンタルファブラボ(Dental FabLab)技術を利用することにより可能となり,臨床応用が現実のものになる可能性は大きい.

    抄録全体を表示
  • 萩原 芳幸
    原稿種別: 総説
    30 巻 (2017) 2 号 p. 57-68
    公開日: 2017/08/05
    ジャーナル フリー

    歯科治療の目的は臓器・疾患別医療から生活の質を支える医療へと変化している.特にオーラル・フレイルおよびフレイル予防のために,壮年期以降の口腔機能を健全に保つことが求められている.その中で,咀嚼機能の向上に関して歯科インプラントが果たす役割は大きく,患者の健康寿命延伸と生活の質を支える医療の実施の一翼を担っていると言っても過言でない.
    現在,世界に先駆けて日本が直面している超高齢社会におけるインプラント治療は,従来の歯科医院完結型医療では解決が困難で,①高齢者あるいは有病者に対してインプラント治療を施す場合,②壮・中年期にインプラント治療を施し,年数を経て高齢期(有病化・介護化・超高齢化)へ突入した場合,の2つを念頭に置く必要がある.今回,これらを『老年インプラント治療学』として提唱し,以下の項目からインプラント治療の未来予測を考えてみたい.
    1)超高齢社会におけるインプラント治療の注意点・留意点
    2)補綴(インプラント)治療による咀嚼機能回復後の栄養状態・体組成の改善(健康作り=健康寿命延伸)
    3)患者の状態変化(通院不可・介護等)に容易に対応可能な上部構造の作製と適切な時期の見極め
    4)在宅や施設におけるインプラントへの対応

    抄録全体を表示
  • 小久保 裕司
    原稿種別: 総説
    30 巻 (2017) 2 号 p. 69-78
    公開日: 2017/08/05
    ジャーナル フリー

    現在,歯科治療は一部デジタル化され,患者,術者双方に大きなメリットをもたらし,さらなる進歩を遂げようとしている.インプラント治療においても近年トータルデジタルソリューションとしてCAD/CAM,光学印象,3Dプリンター,プランニング用ソフトウェア,CBCT,口腔内スキャナー,顔面スキャナー,デジタル咬合器など日々進化し,連動してワークフローとして活用できるようになってきた.そして,補綴主導型インプラント治療をより安心,確実に実現する方法として現時点では最も有用な方法であると考えられる.一方で,再現性の限界,イニシャルコスト,ランニングコストなどの問題点もあり今後の向上,改善が期待される.
    デジタル化は臨床,技工において新しい治療計画,設計・製作方法,材料選択を可能にし,個々のデータ保存による経時的変化の評価も容易にした.今後これらの膨大な情報のデータベースが治療計画立案に役立つと考えられる.本稿ではデジタル技術からみたインプラント治療の現在と未来について述べる.

    抄録全体を表示
  • 井汲 憲治
    原稿種別: 総説
    30 巻 (2017) 2 号 p. 79-85
    公開日: 2017/08/05
    ジャーナル フリー

    日本口腔インプラント学会(JSOI)は,2015年に日本補綴歯科学会および日本老年歯科医学会と協力して,各学会の専門医へのアンケート調査を実施した.第46回日本口腔インプラント学会学術大会において,研究推進委員会セミナー「超高齢社会におけるインプラント治療の課題と展望:学会主導型研究の調査結果から考える」が開催され,調査結果をもとに,各分野を代表するシンポジストとともに討議を行った.本稿はそのまとめであり,将来の高齢者のための望ましいインプラント治療と口腔ケアを提唱するものである.

    抄録全体を表示
原著
  • 三嶋 直之, 栗山 壮一, 柴垣 博一, 吉成 正雄, 早川 徹
    原稿種別: 原著
    30 巻 (2017) 2 号 p. 86-93
    公開日: 2017/08/05
    ジャーナル フリー

    Ultraviolet (UV) treatment of titanium produces a hydrophilic surface on the titanium and enhances osteoblast attachment, proliferation and differentiation. It is reported that differences in storage conditions influence the sustainability of hydrophilicity of titanium surfaces after ultraviolet treatment. However, there are no reports regarding the relationship between the change of hydrophilicity of titanium surfaces during storage and biological properties. In the present study, the influence of time-dependent changes of hydrophilicity of ultraviolet treated titanium on protein adsorption was investigated. As protein, fibronectin, which is a cell adhesive protein, was used. Titanium was stored in a desiccator under atmospheric conditions for 1 day, 3 days, 1 week, 2 weeks and 1 month after ultraviolet treatment. As a control, a titanium surface immediately after UV treatment (0-day) was employed.
    First, contact angles against water at different storage periods were measured. Fibronectin adsorption behavior was monitored by the quartz crystal microbalance (QCM) method. Amounts of fibronectin adsorbed onto the titanium sensor and apparent adsorption rate were obtained using QCM measurements.
    The contact angle after 1-day storage was almost seven times higher than that of the 0-day titanium surface (p<0.05). The contact angle gradually increased with the storage period. After 1-week storage, the degree of increase of contact angle became smaller.
    A significantly large degree of frequency decrease by fibronectin adsorption was observed at 0-day by QCM measurement (p<0.05). Longer storage periods of UV treated titanium resulted in a smaller degree of frequency decrease. Calculation of adsorption amounts of fibronectin by the frequency decrease curve revealed that the adsorbed amount at only 1-day storage was significantly less than that at 0-day (p<0.05). The adsorbed amounts of fibronectin to 1-day or 3-day stored titanium were significantly greater than that to 1-month stored titanium (p<0.05). The apparent adsorption rate was obtained by curve fitting of the frequency decrease curve. The apparent adsorption rate of 1-day and 3-day storage significantly reduced to less than half of that of 0-day storage (p<0.05).
    In conclusion, atmospheric storage of UV treated titanium changed the hydrophilic titanium surface to a hydrophobic surface and significantly reduced the adsorption amounts and apparent adsorption rates of fibronectin to titanium even for only 1-day storage.

    抄録全体を表示
  • 秋本 清, 河野 恭範, 日高 敏郎, 今村 直樹, 伊藤 聖, 輿 秀利, 梨本 正憲, 伊藤 充雄
    原稿種別: 原著
    30 巻 (2017) 2 号 p. 94-101
    公開日: 2017/08/05
    ジャーナル フリー

    This study examined the effects of changing the sampling sites of Ti-6Al-4V alloy manufactured by the wire drawing method on the hardness, elastic modulus, fatigue fracture, corrosion resistance, and observed structure of the alloy. The following results were obtained.
    It was clarified that the hardness, elastic modulus, fatigue fracture, corrosion resistance, and structure of Ti-6Al-4V alloy manufactured by the wire drawing method were influenced by the sampling site. The test pieces parallel with the drawing direction were significantly inferior to those perpendicular to the drawing direction. It was thought that the extended α-phase in the drawing direction had an influence on this phenomenon. The material used to produce biomaterials should have uniformly excellent corrosion resistance and mechanical properties at all positions of the material.

    抄録全体を表示
調査・統計
  • 磯邉 和重, 小久保 裕司, 積田 光由, 岡田 和久, 大久保 力廣
    原稿種別: 調査・統計
    30 巻 (2017) 2 号 p. 102-110
    公開日: 2017/08/05
    ジャーナル フリー

    The aim of this clinical study was to evaluate the technical complications of implant-supported single crowns at Tsurumi University Hospital. The patients who received implant-supported single crowns from January 2004 to April 2014 received follow-up examinations and evaluations of technical complications. The patients attended at least once a year, and all crowns functioned for more than 1 year. A total of 536 implant-supported single crowns were examined with regard to the location, type of implant, type of connection, and time of failure event. The results were as follows : 1. Technical complications were observed in 15% of crowns after placement ; 2. Screw loosening was the most frequent complication, followed by fracture or chipping of facing material ; 3. 75% of screw loosening occurred within 1 year after placement ; 4. Most fractures or chippings of facing materials were observed in screw-retained crowns placed in the molar region.

    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top