日本口腔インプラント学会誌
Online ISSN : 2187-9117
Print ISSN : 0914-6695
30 巻 , 3 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
特集
  • 澤瀬 隆, 宮崎 隆
    原稿種別: 特集
    2017 年 30 巻 3 号 p. 155
    発行日: 2017/09/30
    公開日: 2017/11/05
    ジャーナル フリー
  • 中川 雅晴
    原稿種別: 特集
    2017 年 30 巻 3 号 p. 156-163
    発行日: 2017/09/30
    公開日: 2017/11/05
    ジャーナル フリー

    チタンは優れた耐食性を有するが,酸性フッ素環境では容易に腐食することが知られている.pHが低下しているプラーク内面や歯肉縁下などにフッ素含有歯磨剤が投入されると,一時的に酸性フッ素環境となりチタンの腐食が生じる可能性がある.一時的な腐食が長期間累積すると,腐食孔や腐食組織に発展する.腐食によって表面が粗糙化するとプラークや口腔内細菌の付着が助長され,インプラント周囲炎等の発症のリスクになるおそれがある.したがってチタンインプラントが埋入されている場合,フッ素含有歯磨剤の使用を控えるか,フッ素濃度の濃い歯磨剤がインプラント体に触れないように,インプラント埋入部以外の場所からブラッシングを開始することを推奨する.

  • 松井 孝道
    原稿種別: 特集
    2017 年 30 巻 3 号 p. 164-173
    発行日: 2017/09/30
    公開日: 2017/11/05
    ジャーナル フリー

    骨と結合し軟組織とも生体親和性の高いチタンは耐食性にも優れ,現在インプラントに使用される主な材料となっている.しかし,口腔内である一定の条件下におかれると腐食するとの報告がある.チタン腐食の原因となる因子としてチタン表面におけるpH,溶存酸素濃度,フッ素の存在などが挙げられる.インプラントの周囲環境となる口腔内は種々の細菌による有機酸,pHの低い食品・飲料物,炎症に伴うpH の低下,深いインプラント周囲ポケット内における溶存酸素濃度の低下,フッ素入り歯磨剤の使用など過酷な環境下にある.臨床においても,インプラント周囲肉芽組織からのチタン元素の検出やチタン表面において腐食孔が多数観察されている.チタンの組織内溶出はインプラント周囲炎において骨吸収を加速させるという報告もあり,さらには粘膜貫通部の鏡面研磨面における多数の腐食孔の形成はインプラントのメインテナンスに不利となる.基礎研究において歯磨剤レベルでのフッ素のチタンに対する腐食の影響が指摘される中,臨床でもチタンの腐食が観察される以上,現時点ではその原因となりえるフッ素入り歯磨剤のインプラントへの使用はインプラントの長期安定を維持するうえで注意を要すると思われる.

  • 眞木 吉信
    原稿種別: 特集
    2017 年 30 巻 3 号 p. 174-181
    発行日: 2017/09/30
    公開日: 2017/11/05
    ジャーナル フリー

    フッ化物配合歯磨剤は成人や高齢者にも,う蝕予防効果をもたらすことは周知の事実である.近年,一部の基礎実験研究の結果をもとに,フッ化物配合歯磨剤がインプラント周囲炎のリスクになる可能性が指摘されている.日本口腔衛生学会ではフッ化物配合歯磨剤がインプラント周囲炎のリスクになるか評価することを目的として,ヒトを対象とした疫学研究および5つの観点からの基礎研究を文献データベースより収集した.その結果,実際にヒトを対象とした疫学研究は存在しなかった.さらに,基礎研究の結果から,1)pHが4.7以下の酸性状態が継続した場合,フッ化物配合歯磨剤によりチタンが侵襲されうるが,中性,アルカリ性,または弱酸性のフッ化物配合歯磨剤を利用しても,侵襲の可能性はきわめて低い,2)歯磨剤を利用しないブラッシングでもチタン表面が侵襲され,歯磨剤を利用したブラッシングでもフッ化物の有無による侵襲の程度に差はない,3)チタン表面の侵襲の有無で,細菌の付着に差はなく,フッ化物の利用により細菌の付着が抑制された報告も存在する,4)実際の口腔内では唾液の希釈作用でフッ化物イオン濃度は低下するため侵襲の可能性は低い,5)フッ化物配合歯磨剤の利用により細菌の酸産生能が抑制されるため,チタンが侵襲されるpHにはなりにくいことが分かった.以上の結果をまとめると,チタンインプラント利用者にフッ化物配合歯磨剤の利用を中止する利益はなく,中止によるう蝕リスクの増加が懸念される.

  • 吉成 正雄
    原稿種別: 特集
    2017 年 30 巻 3 号 p. 182-190
    発行日: 2017/09/30
    公開日: 2017/11/05
    ジャーナル フリー

    中性フッ化物の応用がチタンインプラントの耐食性に与える影響およびインプラント周囲炎を増悪させる可能性について検討した結果,以下が明らかとなった.①チタンイオンの溶出を引き起こす因子はフッ化物以外にも様々あり,インプラント周囲炎=フッ化物と一義的に限定するのには無理がある.②酸性(pH低)のフッ化物のみがチタンを腐食する.③歯肉縁下および縁上において,持続的なpH低下を支持するエビデンスはない.④急性炎症により生ずるpHの低下はほとんどない.⑤歯肉縁下において溶存酸素濃度が低下してもpHは低下せず腐食の危険性は少ない.⑥チタンへのフッ化物の応用は,抗菌性の付与など,積極的一面も存在する.以上より,中性フッ素化物の応用がチタンを腐食させる可能性が少ないことから,中性フッ化物の応用がインプラント周囲炎を増悪させる可能性はきわめて少ない.

総説
  • 岸本 裕充, 高岡 一樹
    原稿種別: 総説
    2017 年 30 巻 3 号 p. 191-199
    発行日: 2017/09/30
    公開日: 2017/11/05
    ジャーナル フリー

    2010年にわが国の5学会の顎骨壊死検討委員会から出されたポジションペーパーが2016年に改訂され,骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(ARONJ)の新しい診断基準が示された.ビスフォスフォネートやデノスマブのような骨吸収抑制薬は,骨転移を有する悪性腫瘍患者や骨粗鬆症に投与されており,ARONJは骨吸収抑制薬で治療を受ける患者におけるまれな合併症である.

    ポジションペーパーには,医師と歯科医師との間の相互連携と協力がARONJを管理するために重要,と提唱されている.まず,骨吸収抑制薬による治療開始までに,抜歯などの骨への侵襲を伴う歯科治療は終えておくことが望ましい.医師から歯科医師への依頼は少ないのが現状で,これを増やすことが急務である.そして,治療開始までに口腔管理が開始されたとしても,骨吸収抑制薬を投与中に歯性感染症を生じることはあり得る.抜歯はARONJ発症のリスク因子の1つとされるが,抜歯を避けることによる感染の持続もまたリスクであり,必要に応じて抜歯する.ARONJ予防のための骨吸収抑制薬の休薬の有効性は証明されていないため,医師と歯科医師との間で慎重に協議,検討する.

原著
  • 柴多 浩一, 吉谷 正純, 上林 毅, 川村 良, 吉成 正雄
    原稿種別: 原著
    2017 年 30 巻 3 号 p. 200-209
    発行日: 2017/09/30
    公開日: 2017/11/05
    ジャーナル フリー

    It has been found that the super-hydrophilicity of implant surfaces plays an important role for the initial attachment and subsequent behavior of cells. Super-hydrophilicity has been obtained by physical treatment (atmospheric-pressure plasma and UV treatment) as well as chemical treatment (blasting and acid-etching). However, the super-hydrophilicity rapidly decreases over time in air atmosphere. If the super-hydrophilicity after physical treatment can be sustained during long-term storage in water and osteogenesis on these super-hydrophilic surfaces is confirmed, this treatment is expected to be a promising method for clinical application as the disadvantage of chairside treatment is reduced. The present study evaluated the initial attachment, proliferation and differentiation of osteoblast-like cells on titanium surfaces that were stored in distilled water after various superhydrophilic treatments, and discussed the efficacy of long-term storage in water after super-hydrophilic treatment.

    Commercially pure titanium discs were subjected to blasting and acid-etching, and the following treatments were performed : 1) stored in air atmosphere (As-Air) , 2) stored in distilled water (As-DW), 3) stored in distilled water after atmospheric-pressure plasma treatment of As-Air specimens (Plasma-DW) , and 4) stored in distilled water after UV treatment of As-Air specimens (UV-DW). The storage period was 1 month in all conditions. Surface morphology, wettability, and surface energy of these specimens were evaluated. Furthermore, mouse osteoblast-like cells MC3T3-E1 were cultured on these specimens, and then initial cell attachment, proliferation, alkaline phosphatase activity, and secretion of calcospherite were evaluated.

    Though the As-Air specimens showed hydrophobicity, the As-DW, Plasma-DW and UV-DW specimens that were stored in distilled water showed super-hydrophilicity. Surface energy increased on all super-hydrophilic groups compared to the hydrophobic specimens. Initial cell attachment, proliferation, and alkaline phosphatase activity were enhanced more on super-hydrophilic groups than on the As-Air specimens. These properties showed no apparent differences in the super-hydrophilic groups. Secretion of calcospherite and collagen was confirmed on all specimens.

    These results indicate that the storage in distilled water after physical treatment (atmospheric-pressure plasma and UV treatment) as well as chemical treatment (blasting and acid-etching) sustained the super-hydrophilicity, and enhanced the initial attachment, proliferation, and differentiation of osteoblast-like cells compared to specimens stored in air atmosphere, indicating that the method is promising for clinical application.

症例報告
  • 下尾 嘉昭, 阿部 伸一, 櫻庭 実, 渡辺 多恵, 中山 一久, 上杉 崇史, 蛭田 賢
    原稿種別: 症例報告
    2017 年 30 巻 3 号 p. 210-216
    発行日: 2017/09/30
    公開日: 2017/11/05
    ジャーナル フリー

    A 60-year-old male patient presented with a chief complaint of difficulty in chewing. The patient had been diagnosed as intranasal chondrosarcoma and underwent maxillectomy. The defect had been simultaneously reconstructed by re-vascularized fibular flap in another hospital 5 years earlier. There had been no recurrence of the problem since the last oncologic surgery. The initial panoramic radiograph revealed the absence of nasomaxillary buttress, bone resorption around the fibula, and native bone stumps associated with the periodontal involvement of the adjacent teeth. A maxillary complete denture was fabricated following the extraction of hopeless teeth. However, the patient decided to pursue implant treatment because of denture instability. Although additional reconstructive surgery was considered for development of the implant site, bone grafting in localized defects was chosen to eliminate the risk of injury to the anastomosed vessels. Platform-switched implants were selected because implants placed in sites reconstructed with fibular flaps are more susceptible to peri-implantitis. Guided implant surgery was performed to place five implants in the maxilla, with minimal mucoperiosteal flap elevation for three anterior implants and extensive periosteal elevation for two posterior implants to augment the implant sites and areas of bone loss with autogenous bone harvested from the mandibular ramus. A provisional restoration was performed 6 months after the implant surgery, followed by a period of observation. The final restoration was performed 14 months postoperatively. The patient has been followed up every 3 months for 4 years and 4 months. His postoperative course remains uneventful, with no bone fracture or resorption at the grafted sites and no signs of peri-implantitis.

feedback
Top