体力科学
Online ISSN : 1881-4751
Print ISSN : 0039-906X
ISSN-L : 0039-906X
18 巻 , 3-4 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 1969 年 18 巻 3-4 号 p. 1-46
    発行日: 1969/12/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
  • 小野 三嗣, 森下 芳郎, 山本 直道, 石井 令三, 山下 富士男
    1969 年 18 巻 3-4 号 p. 53-71
    発行日: 1969/12/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    都内及び近郊在往の20才から75才までの男子407名, 女子650名の体格, 運動能力のうち若干の項目について計測し, それを解析した結果, 大要次のような成績を得た。
    1) 男子では加令にともない体前屈度が著明に減少し, 上体そらしの低下も認められるが, 握力の減少は少く, 垂直跳能力の低下も軽微, 全身反応時間の変動も顕著ではない。反復横とび能力には変化がなく, 1500m急歩の記録は高令者ほど良かった。肺活量, ジグザグドリブルは高年者ほど悪く, 血圧は20才代のものが比較的に高かった。
    2) 女子では加令にともない上体そらしが著明に低下したが, 垂直跳能力, 1000m急歩の減少は軽微であった。体前屈, 握力指数, 全身反応時間では年令差がみられない。反復横とび, ジグザグドリブルは加令によって低下している。肺活量は変化せず, 血圧の加令増加は著明でない。
    3) 男子の加令による体脂肪変化は腹部に顕著であり, その他の部位はそれほどでない。
    4) 女子では加令によって腹部及び背部の皮脂厚が増加している。40才未満では上腕皮脂厚が背部皮脂厚より厚いが40才以上では背部皮脂厚の方が大きくなる。
    5) 中年者では男女とも垂直跳能力と皮脂厚との間の相関は認められない。
    6) 平均握力, 手頸囲, 皮下脂肪それぞれを大, 中, 小3群にわけ, それぞれの評価の組合せによって個人別体力特徴をあらわしてみると, 27組のすべてが実在したが, その頻度には特徴的変化がみられる。女性は男性に比較して頻度較差が少く, 40才以上群は40才未満群に対して頻度較差が少い。
    7) ローレル指数と腹部皮脂厚との間には相関がない。
  • 小野 三嗣, 柳本 昭人, 山下 富士男, 倉田 博
    1969 年 18 巻 3-4 号 p. 72-82
    発行日: 1969/12/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    剣道熟練者5名, 未鍛練者6名について, 一歩踏み込み面打ち動作における, 打撃時と踏み込み足接地時との差, 打撃衝撃力, 踏み込み圧上昇率を検査すると共に, 正中面表示盤に対する左右両示指の接触時間差及び指示点坐標について若干の観察を行い, 大要次の如き結果を得た。
    1) 未鍛練者は前足を踏み出して後, 打撃するが, 剣道熟練者は打撃して後踏みこんでいる。ただし, その時間差には有意差がない。
    2) 打撃衝撃力は未鍛練者の方が大きく, 踏み込み足圧の微分値は剣道熟練者の方が大きい。
    3) 左右示指の正中面表示盤に対する同時接触実験において, 顔面正面位では熟練者と未鍛練者の間に差がなく, かつ両群とも右示指の接触の方が早い。
    4) 顔面を右, 或いは左に向けた場合の左右示指接触時差に与える影響は, 両群間において著明な差がある。
    5) 左右示指接触点の坐標上の誤差の追究からは特別な傾向差を発見できなかった。
  • 1969 年 18 巻 3-4 号 p. 83-133
    発行日: 1969/12/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top