体力科学
Online ISSN : 1881-4751
Print ISSN : 0039-906X
ISSN-L : 0039-906X
30 巻 , 6 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
  • 小宮 秀一, 小室 史恵, 吉川 和利
    1981 年 30 巻 6 号 p. 277-284
    発行日: 1981/12/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    本研究は, 日本人成人女子27名を対象に皮脂厚を基礎とした体脂肪率 (%Fat) 推定法とD2Oをトレーサーとして体内総水分量 (TBW) を求め体脂肪率を推定するD2O希釈法とを比較検討した。
    結果は次のように要約できる。
    1) D2O希釈法では, %TBWが同一の個体はすべて%Fatが同一であるが, 皮脂厚を基礎とした%Fatとの関係では, %TBWが同一であっても%Fatにかなりのバラツキがみられた。
    2) 皮脂厚を基礎とした%Fatの推定傾向線はD2O希釈法の直線とほぼ平行ではあるが, %Fatを約10%過小推定することが明らかになった。
    3) D2O希釈法と皮脂厚を基礎とした推定式の2方法によって得られた%Fat間の相関係数は0.600で, それほど高いものではなかった。
    4) クレアチニン法によって得られた%Fatは皮脂厚を基礎としたものより大きく, D2O希釈法による%Fatと近似していた。
    5) D2O希釈法による%Fatと皮脂厚との相関は, どの部位もそれほど高くなく, Nagamine and Suzukiの推定式に採用されているtricepsとsubscapularの合成変量との相関係数 (r=0.600) はabdomenとの相関係数 (r=0.650) よりむしろ小さかった。
    6) TBWと比較的高い相関は, 体重 (r=0.865) , 大腿骨端幅 (r=0.779) , 上腕骨端幅 (r=0.808) にみられた。
    7) 人体計測値及び皮脂厚とTBWとの重回帰分析の結果, 重相関係数 (R) が0.903, 推定の標準誤差 (SEE) が1.276である体水分推定式が求められた。
    TBW (liters) =-8.704+1.801 (Humerus breadth, cm) +1.798 (Femur breadth, cm) -0.092 (A.bdomen skinfold, mm) +0.190 (Weight, kg)
  • 1981 年 30 巻 6 号 p. 299-404
    発行日: 1981/12/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top