体力科学
Online ISSN : 1881-4751
Print ISSN : 0039-906X
ISSN-L : 0039-906X
32 巻 , 5 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 富原 正二, 小川 新吉, 浅野 勝己, 古田 善伯, 藤牧 利昭, 矢野 徳郎, 小原 達朗
    1983 年 32 巻 5 号 p. 259-268
    発行日: 1983/10/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    本研究は中高年長距離走者の血液有形成分特性を明らかにするため, 中高年マラソン大会参加者 (10km, 25km走) と一般中高年者の血液有形成分の比較検討を行った。
    40~82才の男子中高年者790名の血液有形成分に関する結果を要約すると以下のとおりである。
    1) 被検者群は対照群の一般人と比べ, 赤血球数が約10%, ヘマトクリット値約9%, ヘモグロビン濃度が約4%低値にあった。
    2) 赤血球数, ヘマトクリット値は加令にともなう減少傾向にあり, また高色素性の傾向を示し, 一般老年者の傾向と類似していた。
    3) 被検者を10km群と25km群に分けて比較したところ, 40才代の赤血球数, ヘマトクリット値及び40, 50, 60才代のヘモグロビン濃度で両群間に有意差がみられ, 25km群が低値にあった。
    4) 網状赤血球は両群問及び各年代問に有意差はみられず, 一般人の正常範囲内にあった。
    5) 赤血球浸透圧抵抗性は両群間及び各年代問に有意差はみられなかった。また抵抗幅は若年者や選手の値よりやや低いが, 一般人の正常範囲内にあり, 日常の身体トレーニングによる抵抗性減弱の明らかな傾向は認められなかった。
    6) 両群のトレーニング内容では, 1回走行距離で各年代とも有意差がみられ, 25km群が長距離のトレーニングを実施している傾向にあった。
    7) 被検者群と対照群の血液有形成分の比較では被検者群の赤血球数が低値にあったが, これは日常の身体トレーニングが影響を及ぼしているものと推察され, 10km群と25km群のトレーニング内容の違いから, 1回走行距離が主に関与しているものと推測された。
    8) 被検者の血液有形成分の低値に関しては, 明らかな運動性貧血の傾向は認められず, 一種の適応現象として, 運動時のO2運搬に都合のよい血液粘性を生ぜしめた結果と考えられる。
  • 藤牧 利昭, 小川 新吉, 浅野 勝己, 古田 善伯, 富原 正二, 矢野 徳郎, 小原 達朗
    1983 年 32 巻 5 号 p. 269-277
    発行日: 1983/10/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    持久走トレーニングを継続し, 国際大会に参加した男子中高年走者2260名を対象とし, 形態, 安静時血圧, 血液成分, 中間代謝産物, 血中酵素および肺機能の測定を行なった。10km競走参加者と25km競走参加者の比較, 走行成績と各測定項目との関連性から, 中高年長距離走者の生理機能の特性について検討を加えた。
    1) 競走時の平均走行速度は25km群の方が, 距離が長いにもかかわらず, 10km群より速い値であり, 約10才の差が認められた。また, 25km群は10km群に対し, トレーニング時の走距離が長い傾向にあった。
    2) 全走者群の平均体重は55.9±6.82kg, 皮下脂肪厚・上腕背部6.1±2.50mm, 肩甲骨下部10.9±4.78mmであり, 一般人の値より低値であった。
    3) 体重および皮下脂肪厚は25km群の方が10km群より低値を示し, また体重および皮下脂肪厚と走行速度の間に負の相関が認められた。
    4) 安静時血圧の全走者群の平均は収縮期144.3±17.0mmHg, 拡張期86.2±11.0mmHgであり, 10km群と25km群の間に顕著な差は認められなかった。
    5) 645名の走者について測定した赤血球, ヘマトクリット, ヘモグロビンの平均値はそれぞれ, 411.8±37.4×104/mm3, 40.3±3.70%, 14.5±1.259/dlであり, 赤血球, ヘマトクリットは一般人より低値であった。
    6) 40-59才群では走行速度と血液成分の間に有意な負の相関が認められた。すなわち, 走行能力の高い走者ではそれらが低値を示す傾向が認められた。
    7) 血糖, コレステロール, LDH, CPKはいずれも正常範囲内と思われた。
    8) 肺機能は10km群と25km群で差が認められなかったが, 加令に伴って顕著に低下する傾向を示した。
  • 笠井 達哉
    1983 年 32 巻 5 号 p. 278-284
    発行日: 1983/10/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    Many studies have been conducted on the monosynaptic reflex (H-reflex) changes which occur before a voluntary movement in man. Especially, it has been shown that there were the changes of H-reflex prior to the rapid plantarflexion movement which was called the premotor inhibition.
    In the present study, the changes in soleus H-reflex prior to a choice reaction time (RT) were studied, giving the special attention to the possible functional difference of motor patterns to generate the premotor inhibition during a period when the physiological mechanisms involved in the movement.
    The changes of H-reflex were measured in choice RT experiment in 9 and 6 male subjects under the different two conditions : (a) selection of the response sides (left or right plantarflexion) -the movement pattern was known before the presentation of a response signal ; and (b) selection of the movement patterns (plantar or dorsiflexion) -the responce side was known before.
    The premotor inhibition was observed only in case of (a), and was dependent on a prerequisite for movement patterns. Moreover, the physiological significance of this phenomenon was indeed related to a presynaptic inhibition, and was related to a modulation of alpha-motoneurone excitability by the pyramidal system. Thus, the premotor inhibition might be related to central motor preprogram controlling presynaptic inhibition on the reflex pathways.
  • 平川 和文
    1983 年 32 巻 5 号 p. 285-292
    発行日: 1983/10/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    This study was undertaken to examine the mechanical efficiency of stepping exercise on the relations with physical characteristics such as body height, lower limb length, leg length and body weight, and the efficiency was used to estimate the energy metabolism during the stepping exercise. Thirty healthy male students, whose heights ranged from 157.6 cm to 189.0 cm, performed the stepping exercise using a platform from 10 cm to 50 cm. The stepping rate of vertical lifts per minute was fixed to 25 ascents/min., and the height of the platform was increased progressively by 10 cm on every 3 minutes. Oxygen intake during the stepping exercise was measured for the last 1 minute on every stage. Gross, net, work, and delta efficiencies were compited. The results were summarized as follows:
    1. It was suggested that there was slightly exponential relationship between energy metabolism and work rate, which was ascribed to the decrease of work and delta efficiencies with increments in work of the stepping exercise.
    2. The correlation coefficients between the net efficiency and each physical characteristic were not signifficant for all heights of the platform. This result suggests that the physical characteristics have little or no effect on the mechanical efficiency of the stepping exercise.
    3. The mean value and the standard deviation of the net efficiency for heights of the platform above 30 cm were 14.3 and respectively. By using this mean value, energy metabolism during the stepping exercise can be calculated from the equation : Y=0.0163×weight (kg) ×stepping rate (ascents/min.) ×height of the platform (m) +resting energy metabolism (kcal/min.) . The standard error of estimation was ±0.52 kcal. This value was lesser than that calculated from the regression equation between heart rate and oxygen intake during the stepping exercise.
  • 平木場 浩二, 浅野 勝己
    1983 年 32 巻 5 号 p. 293-301
    発行日: 1983/10/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    本研究は, 持久性走者10名 (runner群) および一般成人男子9名 (control群) を対象に, 自転車エルゴメーターによる長時間運動時 (60%Vo2max, 60分間) の呼吸循環系応答を測定し, 一般成人男子との比較から持久性走者の呼吸循環系応答の特徴を明らかにするとともに1呼吸循環系のdriftと有気的作業能力との関連牲について検討した。
    結果は以下のように要約できる。
    1) control群では, VEが運動10分目から60分目まで約20%ほど有意に増加し (P<0.05) , それに対応してPAco2は有意に低下した (P<0.05) 。
    2) runner群では, VEおよびPAco2は運動中一定レベルに維持され, VE driftが認められなかった。
    3) 一長時間運動に対するHRおよびSVの適応様式には両群間に差異は認められなかった。
    4) 運動10分目から60分目までのHRおよびSVの、変化率 (△%) を比較してみると, runner群ではcontrol群よりもその変化率が小さいことが認められた (HR: +10.7%VS+20.9%, SV: -11.1%VS-18.3%) 。
    5) 有気的作業能 (Vo2max) と運動10分目から60分目までのVE, HRおよびSVの変化率との間に有意な相関関係が認められた (r=-0.534, P<0.05, r=-0.565, P<0.05, r=0.588, P<0.01) 。
    6) 以上の結果は, runner群はcontrol群よりも長時間運動時の呼吸循環系のdriftの程度が小さく, そのdriftの程度は持久性トレーニングにより改善される可能性のあることを示唆している。
  • 池上 晴夫, 佐竹 昌之, 黒川 隆志, 丹 信介, 杉浦 崇夫, 山崎 由久
    1983 年 32 巻 5 号 p. 302-309
    発行日: 1983/10/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    Eighty healthy males aged from 26 to 34 years were studied to evaluate the effects of regular physical training on body composition, respiratory functions, circulatory functions, blood constituents, and physical fitness. The physical training consisted of jogging, volleyball, handball, socker, judo, fencing, and others. The combination of these sports were assigned to all the subjects to be performed for 130 minutes every week-day from April, 1979 to January, 1980.
    1) The subjects had, on the average, 518 g of carbohydrate, 125 g of protein including 74 g of animal protein, and 85 g of fat summing up to 3300 kcal a day. These nutrients intake was 30% to 50% excess over the normal value for male Japanese of the corresponding age. Body weight, however, did not change and body fat decreased in spite of large excess food intake. Serum HDL-cholesterol increased and atherogenic index decreased. These facts lead to a conclusion that the noxious effects of overeating can be cancelled by physical activity.
    2) Pulse wave velocity of the aorta which reflects the elasticity of the aortic wall decreased. This means that changes in the physical property of the aorta due to aging process can be reversed through physical training. Decrease in pulse wave velocity dose not always mean the regression of atherosclerosis, but the additional findings such as decrease in body fat and in atherogenic index and increase in HDL-cholesterol support the possibility of regression of aterosclerosis by physical activity.
    3) The results of physical fitness test indicated marked improvement of physical abilities which reflect muscular strength, muscular power, muscular endurance, body flexibility, agility, anaerobic power, and aerobic power.
feedback
Top