体力科学
Online ISSN : 1881-4751
Print ISSN : 0039-906X
ISSN-L : 0039-906X
49 巻 , 3 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 鈴木 康弘, 高橋 英幸, 板井 悠二, 高松 薫
    2000 年 49 巻 3 号 p. 355-363
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/12/10
    ジャーナル フリー
    本研究では水泳選手のレジスタンストレーニングによる筋量の増加が過剰CO2排出量およびスイムパフォーマンスに及ぼす影響について検討することであった.被検者は水泳サークルに所属している健康な男子大学生10名で, うち5名をスイムトレーニングのみを行うSWIM群, 残る5名をスイムトレーニングに加えてレジスタンストレーニングを行うCOMBINE群とした.レジスタンストレーニングとしてベンチプレス, ラットプルダウン, バックプレス, レッグプレス, レッグエクステンション, レッグカールを, 週に2回, 8週間行わせた.トレーニング前後にMRI法により大腿部の筋量を測定し, インピーダンス法により身体密度および体脂肪率 (%Fat) を測定した.また, 自転車エルゴメーターによる漸増運動テストを行わせ, 呼気ガス変量, 血中乳酸濃度などを測定した.重炭酸緩衝系を表す指標としてCO2excess, および体重あたりのCO2excessを血中乳酸濃度の増加量 (△La) で除したCO2excess/BW/△Laを用いた.また, スイムパフォーマンスの指標として, トレーニング前のベストタイムおよびトレーニング終了33日後に行われた競技会のタイムを用いた.
    結果の要約は次のとおりである.
    1.筋量の変化率および身体密度と%Fatの変化率は, COMBINE群 (順に, 11.1±4.5, 0.4±0.1, -11.2±1.9%) が, SWIM群 (3.5±2.5, 0.0±0.4, 0.5±9.6%) に比較して有意に高値を示した.
    2.CO2excess, CO2excess/BWおよびCO2excess/BW/△Laの変化率は, COMBINE群 (107.3±60.1, 102.6±56.8, 59.1±37.7%) が, SWIM群 (42.5±10.0, 42.9±10.4, 13.4±22.4%) に比較して有意に高値を示した.3.スイムパフォーマンスのベストタイム更新率は, COMBINE群 (2.2±1.8%) が, SWIM群 (-2.0±3.6%) に比較して有意に高値を示した.
    4.筋量の変化率とCO2excess/BW/△Laの変化率との間には有意な相関関係 (r=0.083, ns) は認められなかった.しかし, COMBINE群とSWIM群に分けて検討すると, SWIM群では有意な負の相関関係が認められ (r=-0.993, P<0.01) , COMBINE群においても統計上有意ではなかったものの同様の傾向が認められた (r=-0.744, ns) .
    5.筋量の変化率 (r=0.621, P=0.054) およびCO2excess/BW/△Laの変化率 (r=-0.446, ns) が大きかった者ほど, スイムパフォーマンスのベスト更新率が高い傾向が認められた.
    上述の結果から, スイムトレーニングに加えてレジスタンストレーニングを行うことによって, 重炭酸緩衝系の貢献度 (CO2excess/BW/△La) は向上するが, その全緩衝に対する割合は, 筋量の増加によって低下する可能性が示唆された.
  • 小宮山 伴与志, 河合 辰夫, 古林 俊晃
    2000 年 49 巻 3 号 p. 365-374
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    1.健常被験者5名を対象とし, 20秒MVCと3秒MVC (V課題) もしくは3秒間 (20Hz) の最大上電気刺激 (E課題) を組み合わせ, ヒラメ筋と前脛骨筋に筋疲労を引き起こし, その際の発揮力, 筋電図の周波数及び誘発筋電図の変化を解析した.
    2.ヒラメ筋及び前脛骨筋ともに20秒MVCによる発揮力は1回目から4回目まで有意に低下した.特に, 前脛骨筋のV課題における低下が顕著であった.しかしながら, 発揮力低下の個人差は比較的大きかった.
    3.筋電図のパワースペクトルの平均値はヒラメ筋では大きな変化は見られなかったが, 前脛骨筋では20秒MVC中に漸減し, 1回目と4回目の20秒MVC時にも有意な差が見られた.筋電図の平均振幅 (RMS) は両筋ともに20秒MVC中ならびに課題全体を通して低下した.
    4.RMSを発揮力で除した値 (RMS/F) は前脛骨筋において3, 4回目MVC時に有意に増大した.この傾向は, V課題時に顕著であった.
    5.ヒラメ筋及び前脛骨筋M波はE課題時に比してV課題時に低い傾向を示した.ヒラメ筋H反射は, 2回目20秒MVCまでは低下し, さらに, 4回目20秒MVC終了時点でさらに低下を示した.
    6.これらの結果から, RMS/Fは筋の持つ生理学的特性や局所筋疲労を判定する有効な指標となる可能性が示唆された.
  • 出村 慎一, 佐藤 進, 南 雅樹, 小林 秀紹, 野田 洋平, 松沢 甚三郎, 小林 寛道, 青木 純一郎
    2000 年 49 巻 3 号 p. 375-384
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    The purposes of this study were to examine reliability and validity of ADL index for older people at home, and relationships between ADL score and various factors (ex. self-assessment of health status and physical fitness level, and exercise frequency/week), and to examine the screening basis for execution of physical fitness test based on distribution of ADL score. A questionnaire consisting of 12 ADL items and a physical fitness test of Ministry of Education, Science and Clture were administered to 5, 715 subjects 65 years or more age (male: 2, 745; female: 2, 970) . As a result of examining test-retest reliability of the ADL index, significant high correlations were shown among 12 ADL items (0.674≤r≤0.886), and in overall score (r=0.943) . The ADL score was significantly related to age and physical fitness test scores, and tended to be higher in subjects with a higher self-assessment of health status and physical fitness level, and with more frequency. It was suggested that these results prove the utility of the present ADL index. Further, as the result of examining relationships between distribution of overall ADL score and physical fitness test scores, the following screening bases were considered to be valid for judgement whether the physical fitness tests could be executed. The three screening bases using overall ADL score were: 1) 12 or under; 2) over 13 to under 24; 3) 24 and over. The four bases using item score were: 1) a category 1 response for items 1, 5 and 6; 2) a category 2 or 3 response for items 1, 5 and 6, and a category 1 response for items 3 and 4; 3) a category 3 response for items 2 and 14; 4) a category 1 response for items 10 and 12.
  • 大森 肇, 渡邉 彰人, 大山 卞圭悟, 佃 文子, 高橋 英幸, 久米 俊郎, 白木 仁, 岡田 守彦, 板井 悠二, 勝田 茂
    2000 年 49 巻 3 号 p. 385-392
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    本研究では1週間に1日という低頻度で5週間のみの筋力トレーニングを行った結果, 筋力の増加がみられた.また筋力トレーニングによって獲得された筋力は17週間の脱トレーニング後でも維持されていることが示唆された.さらに再トレーニング脚と対照トレーニング脚を比較した結果から, 再トレーニングによる筋力増加応答の増強 (Nerve-Muscle Memory) が観察された.これらの現象がiEMGの変化様相と一致していたことから, これらの背景にあるメカニズムが神経系の要因 (運動単位動員の変化ならびにインパルス発射頻度の変化) によるものであると考えられた.
  • 上岡 方士, 伊東 元, 鈴木 政登
    2000 年 49 巻 3 号 p. 393-401
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    本研究は, 有酸素性作業能の指標の1つである換気性作業閾値 (gas exchange threshold; VO2GET) の算出において, VO2GETの再現性, 判定の難易性および最大酸素摂取量 (VO2max) との相関性の面から望ましい運動負荷法およびGET判定法を吟味する目的でなされた.被験者は健康成人男性5名であり, 自転車エルゴメータにより3種類の運動負荷法 (RAMP負荷, 1W/3秒; STEP-1負荷, 20W/分; STEP-2, 40W/2分) で順序無作為にそれぞれexhaustion (疲労困憊) まで4~8回, 合計82回負荷した.漸増負荷運動時の換気パラメータ (VE, VO2, VCO2) はbreath-by-breath法で測定し, GETの判定にはVE/VCO2の上昇を伴わずにVE/VO2のみが上昇する点 (M-1) , V-slope法 (M-2) およびM-1とM-2とを合わせて判定する (M-3) による3種類の判定法を用い, GETが容易に判定された場合 (J-A) , 容易に判定された場合と判定に迷った場合とを加えた場合 (J-B) に分けて評価した.尚, VO2maxおよびVO2GETの再現性は変動係数 (CV) で, VO2GETとVO2maxとの関連性は相関係数 (r) で示した.
    1) VO2maxの再現性 (CV) は5名の平均ではRAMP (4.8% (n=25) ) , STEP-1 (3.1% (n=28) ) , STEP-2 (2.9% (n=29) ) であり, STEP-2が最も高かった.この3種類の運動負荷法によって得られたVO2max値には有意な差はなかった (二元配置分散分析) .
    2) VO2GETの再現性はRAMP負荷法で得た換気パラメータをV-slope法 (M-2) で容易に判定 (J-A) された場合に最も優れ, 5名の平均CVは2.8%であった.3種類の運動負荷法の違いによるVO2GET値には有意差はなかった (二元配置分散分析) .また, 5個のGET判定法によってもVO2GET値に有意差はなかった (二元配置分散分析) .
    3) 最も高いVO2maxとVO2GETとの間の相関係数 (r) はM-2 (J-A) で判定されたVO2GETとRAMP負荷法によって得られたVO2maxとの間にみられた (r=0.976, n=20) .
    以上の結果から, 換気性作業閾値 (VO2GET) の算出には運動負荷法としてRAMP負荷法が, GET判定法としてはV-slope法を用いるのが望ましいことが示された.
  • 鈴木 政登, 穂積 典子, 木村 真規, 中家 優幸, 清水 桃子, 高尾 匡, 真柄 直郎, 森 豊, 町田 勝彦
    2000 年 49 巻 3 号 p. 403-417
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    The effects of exercise and dietary therapy on the prevention of diabetic nephropathy (DN) were compared. Thirty-two male OLETF rats were divided into four groups (Ex, Diet, Sed, Pre) . Fourteen LETO rats served as the normal controls. Therapy was conducted for 10 weeks from age 22 to 31 weeks. The Ex group was trained by voluntary exercise, and the Diet group had a restricted food intake resulting in the same BW as that of the Ex group. The Ex developed a significant increase in urinary albumin excretion compared to the Diet group, although significantly less than the Sed group. Blood pressure in the Ex group showed a tendency to be higher during therapy. BW and serum lipids were significantly reduced, and glucose intolerance was improved in both the Ex and Diet groups. There were no differences in the metabolic indices between the Ex and Diet groups. The Ex group showed a significantly heavier kidney weight and a tendency for enlargement of the glomerular area and volume. The protective effect of DN through improvement of the metabolic dis-order by exercise might be offset by exercise-induced renal loads. Control of exercise intensity and blood pressure appear to be important as well as the improvement of glucose intolerance and lipid metabolisms in exercise therapy to prevent an occurrence and development of DN.
  • TAKUTO YAMANAKA, TOSHIAKI UENO, YUKIO SASAKI, YOSUKE SUMITA, TAKASHI O ...
    2000 年 49 巻 3 号 p. 419-432
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to investigate the effect of teeth clenching on isokinetic knee extension force during repeated voluntary contractions. We assessed isokinetic muscle strength in association with teeth clenching during 100 consecutive knee extensions at 60 degrees per second (deg/s) using a Cybex 6000 isokinetic dynamometer. In this study, 8 healthy male volunteers (28.4 ± 3.89 years) were asked to perform isokinetic contractions in an extended cycle of five contractions without teeth clenching followed by five contractions with the teeth clenching. The peak torque per body weight was statistically analyzed. In our results, the peak torque per body weight with teeth clenching were significantly greater than those without teeth clenching in the first 70 cycles; however, no significant differences were shown at 71-100 cycles. There was a significant negative correlation between the number of knee extensions and the difference in peak torque per body weight derived from with and without teeth clenching (r=-0.475, p<0.0001) . Our findings reveal that the effect of teeth clenching on the isokinetic muscle strength of knee extension is dependent on muscular fatigue, and that the improving effect of teeth clenching on isokinetic muscle strength declines with increasing muscular fatigue.
  • 2000 年 49 巻 3 号 p. 433-446
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
  • 2000 年 49 巻 3 号 p. 447-456
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top