女性心身医学
Online ISSN : 2189-7980
Print ISSN : 1345-2894
ISSN-L : 1345-2894
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
巻頭言
原著
  • 小野 陽子, 竹内 武昭, 対馬 ルリ子, 中村 祐三, 端詰 勝敬
    2021 年 25 巻 3 号 p. 175-182
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/04/02
    ジャーナル フリー

    【目的】更年期障害は身体的,心理的,社会的な要因が複合的に影響するとされているが,不明な部分が多い.本研究では,更年期障害の重症化に関係する要因として身体感覚の増幅の観点から検討することを目的とした.【対象と方法】2017年1月から2017年12月に都内の婦人科クリニックを初めて受診した45~55歳の110名の女性のうち,書面で同意を得られた98名を対象とした.初診時に1)簡易更年期指数(SMI),2)身体感覚増幅尺度(SSAS),3)ベック抑うつ評価尺度(BDI-II),4)状態-特性不安検査(STAI),5)自我態度スケール(EAS)を行った.SMI51点以上を重症群,50点以下を軽症群として両群間の属性および,質問紙の項目を比較した.【結果】t検定で重症群はBDI-II,SSASの得点で有意に高く(p<0.01),EASにおける自然性,直感性は有意に低かった(p<0.01).多重ロジスティック回帰分析で更年期障害の重症化に関連する要因として,抑うつ(OR1.2;95% CI,1.0-1.3)と身体感覚の増幅(OR1.1;95% CI,1.0-1.3))が抽出された(p<0.05).【結語】抑うつ,ならびに身体感覚の増幅は,更年期障害の重症化の要因と考えられた.

研究報告
  • 塩谷 友理子, 我部山 キヨ子
    2021 年 25 巻 3 号 p. 183-190
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/04/02
    ジャーナル フリー

    目的:出産後1カ月までの母親と父親の抑うつ状態と児への愛着の関連について検証する.

    方法:出産後の母親と父親376組を対象とし,産後早期(産後1週間以内)と産後1カ月時点の計2回アンケートを実施した.アンケート内容は基本属性,エジンバラ産後うつ病自己評価票(以下EPDSとする),赤ちゃんへの気持ち質問票(以下,児への愛着とする),育児に対する自己効力感(PSE)尺度,夫婦関係満足度尺度から構成し,抑うつ状態(EPDS)との関連性を検証した.

    結果:アンケート配布数は376組で,産後早期の回収数は母親307名,父親218名,産後1カ月時の回収数は母親149名,父親132名であった.産後早期と産後1カ月でEPDS 9点未満とEPDS 9点以上の群の比較では,児への愛着得点は,EPDS 9点以上の群において母親の産後早期と産後1カ月,父親の産後早期と産後1カ月で児への否定的感情が高かった(産後早期:母親p<.000,父親p<.02,産後1カ月:母親p<.003,父親p<.05).母親の育児に対する自己効力感尺度は,産後早期と産後1カ月においてEPDS 9点未満の正常群が有意に高かった(産後早期:p<.000,産後1カ月:p<.011).EPDS得点と産後1カ月時点の夫婦関係満足度については,母親・父親ともに有意な差はみられなかった.

    結論:産後うつ病は児への愛着形成障害のリスクファクターと考えられ,精神状態が安定していることが児との絆を深め児への愛着形成に重要で,父親も含めた精神的サポートの充実や向上が必要であると示唆された.

総説
feedback
Top