社会学評論
Online ISSN : 1884-2755
Print ISSN : 0021-5414
ISSN-L : 0021-5414
44 巻 , 3 号
選択された号の論文の21件中1~21を表示しています
  • 高坂 健次, 厚東 洋輔
    1993 年 44 巻 3 号 p. 244-245
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 鹿又 伸夫
    1993 年 44 巻 3 号 p. 246-261
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2010/01/29
    ジャーナル フリー
    社会階層と社会移動の研究において、産業化命題の検証研究を典型として、たがいに矛盾した経験的知見、そして仮説の理論的検討の放置という状況がみられる。その原因として研究戦略の偏り、つまり変数指向戦略の偏重があったことを指摘する。八〇年代後半以降の日本で現れた資産格差の拡大は、変数指向戦略の偏重のために解決されないままの研究課題を残した。それは、格差がどのくらい拡大したのかという実質的問題、そしてそれをどのように説明するのかという理論的問題である。そこで、社会階層と社会移動の研究のなかで資産格差を分析するための研究枠組を提示する。その枠組では、職業威信の重視を避け、実質的な経済的格差の発見を優先する.また、そうした格差を拡大するメカニズムを想定し、理論仮説およびそれにとって外在的で重要な要因を演繹的に提示する。
  • 山本 泰
    1993 年 44 巻 3 号 p. 262-281
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2010/01/29
    ジャーナル フリー
    一九九二年四月のロサンゼルス事件は、現代アメリカのマイノリティ問題の深刻さを改めて浮き彫りにした.この事件が黒人青年を暴行した警察官に対する無罪判決に端を発している以上、これは差別に対するマイノリティの大衆的抗議である.しかし、その背景についていえば、この事件は、 (1) 現代のマイノリティ問題の焦点は人種 (黒人) 問題ではなく、大規模な《都市アンダークラス》の問題であること、 (2) 都市貧困層=黒人ではもはやなく、そこには、きわめて多様な人種・民族が含まれること、 (3) 都市最下層の貧困は、六〇年代の公民権運動以来、少しも改善されていないこと、を劇的な形で示したのである.このような複合的な抑圧・葛藤関係はどのような構造のなかで、いかにして生み出されるのか、本論では、人種や民族に中立であるはずの自由主義的多元主義体制のもとにある現代のアメリカに、何故、人種や民族間の葛藤・反目がかくも顕在的にあらわれるのかを考察する.人種や民族の線に沿った集団形成やエスニシティの主張は下層の人々が上位者の資源独占に対抗する社会戦略であるが、この戦略は逆に、ルール指向・個人主義・手段主義といった基準になじまないが故に、中産階級が下層に対しておこなう差別に識別標識と正当化根拠を与えてしまうことになる.階層間葛藤は、自由主義的多元主義体制を仲立ちに人種間葛藤へと転態されるのである.
  • 富永 茂樹
    1993 年 44 巻 3 号 p. 282-297
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
    一七九四年夏のいわゆるテルミドールの政変において、それまで絶大な権力を保持していたロベスピエールは、きわめてたやすく政敵の術中に陥り没落していったかにみえるが、このときジャコバン派の指導者は、青年期にルソーやプルタルコスの読書をとおして知り、かつ革命がはじまってからのさまざまな言説のなかで語りつづけた古代の立法者、社会に法と規範をもたらすさいに、あるいはもたらすがゆえにほとんど必然的に集団からの迫害や暴力を蒙った立法者の姿に自らを重ねて考えていた可能性が大きい.逆にこうしたリュクルゴスにはじまりルネッサンスの時代のサヴォナローラをへてロベルピエールにいたるまでの、社会のなかで広範な支持を獲得していながら突然の没落と死を迎える人間の系譜を辿ってゆくと、社会的なものの根底には暴力がひそんでいるというルネ・ジラールの命題を検証できると同時に、ウェーバーのいう「カリスマ」型の権力が指導者自身の資質や能力よりも、むしろ秩序の実現を期待する社会の危機的な状況に由来していること、さらにデュルケームが指摘するとおり革命期には「集合的沸騰」が生じるとすれば、それは暴力的な状況をとおして聖なるものを産出し社会の生命を更新する過程にほかならないことを確認できるだろう.以上のような点においてフランス革命は、とりわけテルミドールの政変という事件は、政治の宗教社会学ないし宗教の政治社会学を構築するうえで、重要な手がかりを提供してくれることになるのである.
  • 荻野 昌弘
    1993 年 44 巻 3 号 p. 298-313
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は、近代という認識枠組みを自明の前提とするのではなく、新たな特質を兼ね備えた社会が誕生しつつあるという認識を表現し、動態的な分析を方向付けるためのものであるという視点に立って、いかなる点に近代社会の特質があるのかを考察することにある。そのための概念として「他者」と「他者像」という比較社会学理論を可能にする概念が構成される。他者とは、社会の内にも外にも属しているような両義的な存在のことであり、社会を常に生成状態におく動因として定義される。他者の認知は社会が行うが、他者の選択にある程度の幅がある限り、社会は不安定な状態にある。そこで、明確な他者像を構成することによって社会的区分を生成し、社会秩序を安定化させることになる。この他者像の違いに、異なった社会の特質をみることができるというのが本稿で展開される理論であり、この理論に基づいて近代社会の特質を主にカースト制との比較で分析する。その結果として得られたカースト制の特質は、両義的な他者を否定し、互いに自己の所属しないカーストを絶対的な差異として区別し、否定的な他者像とみなすカースト間の「沈黙の相互関係」の制度化にある。これに対して、近代国家の特質は、両義性を兼ね備えた、市場を支える理想的な行為者としての「個人」が他者像となるとともに、支配の及ばない社会の外部にも「未開人」や「外国人」のような他者像を求め、それが秩序形成において欠かすことができない役割を果たしている点にある。
  • 土場 学
    1993 年 44 巻 3 号 p. 314-329
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
    現代社会の高度の複合性を支えているのは、権力や貨幣と並んで、愛というメディア (シンボルによって一般化されたコミュニケーション・メディア) である。本稿の目的は、ルーマンのメディア論に基づいて、産業化あるいは近代化の名のもとにくくられる社会変動のなかで愛というメディアが果たした役割を明らかにすることであり、またそれにより「社会変動のメディア論的モデル」の可能性を開示することである。そのさい、社会変動のメディア論的モデルは、従来の社会変動論のようにミクロ・レベルあるいはマクロ・レベルのいずれか一方に一貫して変動のメカニズムを想定するのではなく、むしろミクロとマクロを連結するメカニズムとしてのメディアに理論的焦点を当て、そのメディアを機能させる意味空間 (ゼマンティーク) に生じた「ゆらぎ」が社会変動をもたらす、という発想に基づく。本稿では、この社会変動のメディア論的モデルに基づいて、産業化あるいは近代化を特徴づける重要な社会変動の一つである「近代家族」の成立の過程を、愛というメディアの自律化の過程として説明することを試みる。そしてそこにおいて、愛というメディアのゼマンティークの歴史的変遷が、少しずつ、しかし着実に近代家族の成立のための条件を整えてきたことを明らかにする。
  • 佐々木 交賢
    1993 年 44 巻 3 号 p. 330-332
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 山根 常男
    1993 年 44 巻 3 号 p. 333-334
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 谷 富夫
    1993 年 44 巻 3 号 p. 335-336
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 布施 晶子
    1993 年 44 巻 3 号 p. 337-339
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 村松 泰子
    1993 年 44 巻 3 号 p. 339-340
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 中島 道男
    1993 年 44 巻 3 号 p. 341-342
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 山本 剛郎
    1993 年 44 巻 3 号 p. 343-344
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 小井土 彰宏
    1993 年 44 巻 3 号 p. 345-346
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 江原 武一
    1993 年 44 巻 3 号 p. 346-348
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 落合 恵美子
    1993 年 44 巻 3 号 p. 348-349
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 富永 健一
    1993 年 44 巻 3 号 p. 350-352
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 石塚 省二
    1993 年 44 巻 3 号 p. 352-353
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 中村 健吾
    1993 年 44 巻 3 号 p. 354-355
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 石川 准
    1993 年 44 巻 3 号 p. 355-357
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 進藤 雄三
    1993 年 44 巻 3 号 p. 357-359
    発行日: 1993/12/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
feedback
Top