J-STAGE トップ > 資料トップ

感情心理学研究 Vol. 20(2012) No. Supplement
(第20回大会発表論文集)

雨宮 俊彦, 西川 一二, 吉津 潤

公開日: 2013年04月10日

p.2

好奇心とその個人差
―日本語版CEI-Ⅱ尺度―

西川 一二

公開日: 2013年04月10日

p.3

大坪 庸介, 八木 彩乃, 小宮 あすか, 三船 恒裕

公開日: 2013年04月10日

p.4

荒川 歩

公開日: 2013年04月10日

p.5

Wiwattanapantuwong Juthatip, 本多 明生, 阿部 恒之

公開日: 2013年04月10日

p.6

益子 行弘

公開日: 2013年04月10日

p.7

快・不快表情に対する反応
―視線の動きに注目して―

中俣 友子, 阿部 恒之

公開日: 2013年04月10日

p.8

意思決定における学習過程に情動反応が及ぼす効果
―計算論的アプローチによる検討―

片平 健太郎, 藤村 友美, 松田 佳尚, 岡ノ谷 一夫, 岡田 真人

公開日: 2013年04月10日

p.10

石村 郁夫, 野村 俊明, 鋤柄 のぞみ

公開日: 2013年04月10日

p.11

日本語版Grit尺度の作成
―不屈の精神とは何か―

吉津 潤, 西川 一二

公開日: 2013年04月10日

p.12

山下 由紀子, 福井 義一

公開日: 2013年04月10日

p.13

福岡 欣治

公開日: 2013年04月10日

p.14

藤井 義久

公開日: 2013年04月10日

p.16

箕浦 有希久, 成田 健一

公開日: 2013年04月10日

p.17

河野 和明, 羽成 隆司, 伊藤 君男

公開日: 2013年04月10日

p.18

平野 美沙, 湯川 進太郎

公開日: 2013年04月10日

p.19

原子力発電所事故に対する大学生の態度
─震災復興活動への賛否と事故収束の予測年数との関連性─

本多 明生, Wiwattanapantuwong Juthatip, 阿部 恒之

公開日: 2013年04月10日

p.23

鈴木 敦命, 本間 喜子

公開日: 2013年04月10日

p.25

加藤 樹里, 村田 光二

公開日: 2013年04月10日

p.27

感動喚起測定尺度の作成に関する検討(2)
-感動類型における主体的客体の場合-

戸梶 亜紀彦

公開日: 2013年04月10日

p.28

野口 智草

公開日: 2013年04月10日

p.30

鈴木 求実子

公開日: 2013年04月10日

p.31

泉水 清志

公開日: 2013年04月10日

p.32

高田 琢弘, 湯川 進太郎

公開日: 2013年04月10日

p.33

小川 時洋, 松田 いづみ

公開日: 2013年04月10日

p.34

伊里 綾子, 望月 聡

公開日: 2013年04月10日

p.36

米田 晃久

公開日: 2013年04月10日

p.37

柴田 利男

公開日: 2013年04月10日

p.38

第三者の存在が会話中の表情に及ぼす影響
―表情の時系列的変化の検討―

山本 恭子

公開日: 2013年04月10日

p.39

藤村 友美, 松田 佳尚, 片平 健太郎, 岡田 真人, 岡ノ谷 一夫

公開日: 2013年04月10日

p.40

小泉 愛, 白間 綾, 北川 智利

公開日: 2013年04月10日

p.41

木村 健太, 江原 清香, 片山 順一

公開日: 2013年04月10日

p.42

曲想の違いが想起された悲しみ低減に及ぼす影響
―自律神経系活動の指標を用いて―

杉浦 悠子, 清水 遵

公開日: 2013年04月10日

p.43

感情体験と生理指標の共変動
―感情リアルタイム評定法による時系列的検討―

櫻井 優太, 清水 遵

公開日: 2013年04月10日

p.44

中川 紗江, 鈴木 直人

公開日: 2013年04月10日

p.45

46件の該当記事より1~46件を表示しています。

システムメンテナンス

  • メンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    3月25日(土) 10:00 ~ 15:00

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年02月20日
    2017年3月16日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2017年01月26日
    J-STAGEへのアクセスに時間がかかる現象について(詳細はこちら)
  • 2016年11月28日
    J-STAGEにおける被引用情報の表示を再開しました。(詳細はこちら)

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有