外科と代謝・栄養
Online ISSN : 2187-5154
Print ISSN : 0389-5564
ISSN-L : 0389-5564
51 巻 , 3 号
選択された号の論文の26件中1~26を表示しています
日本外科代謝栄養学会 第54 回学術集会
会議のご案内
プログラム
特別講演
  • 門脇 基二
    2017 年 51 巻 3 号 p. 41
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
     米は日本人の主食である。従って、そのおいしさについては誰もが専門家だが、なぜか健康への機能性についてはあまり好ましい話題に上ることが多くない。特に白米についてはそうだ。米はデンプン食品と言われ、食事中最大のエネルギー供給源であるが、実はタンパク質供給源としても重要な食品である。我が国における食品群別一日タンパク質摂取量では、米・米加工品は肉類、魚介類に次ぐ第3 位を占めていることは意外に知られていない。そこで私どもは、これまで全く解明のメスが入っていない米タンパク質の機能に注目してみた。研究開始当初は精製タンパク質が入手できず、基礎的知見も十分でなかったため、まず米タンパク質の消化性という基礎的・栄養的研究から始めた。その結果、米胚乳タンパク質のひとつである難消化性タンパク質プロラミンが、調製処理や炊飯処理によってその消化性が大きく低下することを初めて発見した1)。この成果は、従来米タンパク質の栄養上の低品質が植物タンパク質固有の性質に由来するとみなされていたのが、実は炊飯等の加工処理によって初めて生成するものであるという新しい理解へ導くに至った。
     次に、米タンパク質の新規機能性の探索を広汎に推進した。米タンパク質の機能性に関する報告はそれまでほぼ皆無であったため、マイクロアレイによる網羅的解析を試みたが簡単ではなかった。そこで、先行研究が多く存在している大豆タンパク質を参考に、米胚乳タンパク質が大豆タンパク質と等価の血漿中性脂肪・コレステロール低下作用を有していることを明らかにした。次いで、糖尿病に対する米タンパク質摂取の効果について検討を行ったところ、消化管ホルモンであるインクレチンのひとつ、GLP-1 の分泌促進作用があることが示された2)。また、非肥満2 型糖尿病モデルGK ラットおよび肥満2 型糖尿病モデルZDF ラットの長期試験において、米タンパク質が糖尿病性腎症の進行を遅延させる機能を有していることを証明した3)。この成果はタンパク質摂取量の制限のみに注目している現在の慢性腎疾患の食事療法に一石を投じるものであり、今後は量の制限だけでなく、タンパク質の種類にも注目した治療法が広がることになるであろう。特にこの米タンパク質はリン、カリウムなどのミネラルが極めて少ないことから、透析患者への副作用のないタンパク質栄養剤として有効であることがヒト試験により証明された。
     米はユネスコ無形文化遺産登録により評価された「和食」の中心に位置する食品であり、日本人の健康維持に大きく寄与している食品である。これまでその米、特に白米には明確な機能性が報告されてこなかったが、新たな発見を契機として、今後更なる機能性の発見につながっていくことが期待される。
教育講演
  • 小松 雅明
    2017 年 51 巻 3 号 p. 45
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
     オートファジーは細胞外環境に応答して出現した隔離膜が伸長して細胞質成分をランダムに取り囲んだ脂質二重膜構造体(オートファゴソーム)が形成される過程と、生じたオートファゴソームにリソソームが融合して内容物を消化する過程から構成されている。この分解系は、オートファゴソーム内に取り込まれた細胞内タンパク質をアミノ酸にまで分解することができる基本的に非選択的な大規模分解系であり、新しい膜形成と連動している巧妙かつ複雑な細胞内分解機構である。このシステムは、栄養飢餓により激しく誘導されることから、自己タンパク質の分解によるアミノ酸供給を介した究極の生存戦略と考えられる。一方、我々は高等動物においては栄養が豊富な状態においてもオートファジーは恒常的に起こっていること、この栄養条件にかかわらずに起こる恒常的なオートファジーによるタンパク質や オルガネラの品質管理が、特に老廃物の除去が生存に必須と考えられる非分裂細胞において重要な役割を担うことを明らかにしてきた。また、非選択的分解経路と考えられてきたオートファジーに選択的なタンパク質識別機構があることも判明した。本講演では、高等動物におけるオートファジーの生理機能およびヒト疾患、特に肝細胞がんとの関連を紹介したい。
  • 持木 彫人
    2017 年 51 巻 3 号 p. 46
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
     消化管運動は摂食前後で明らかに異なる2 つのパターンに区別され、空腹期収縮と食後期収縮に分類される。ひとつは強収縮波群よりなる空腹期収縮であり摂食後8-10 時間目より観察される。もうひとつは摂食後に収縮力は弱いながらも規則的に発生する律動的収縮波群の食後期収縮である。
     空腹期収縮の特徴はinterdigestive migrating motor contraction(IMMC)と呼ばれ、強収縮群が肛門側に90-100 分間隔で規則正しく伝播する。約70-80 分の休止期を経て、約20 分間持続するきわめて強い収縮力を持った収縮波群が胃・十二指腸から始まり小腸を肛門側へと伝播する。このIMMC は生理的には食物残渣や腸管内に溜まった胃液・腸液を肛門側へと排出し、次の食事のための準備をする収縮と考えられ、別名housekeeper contraction と言われている。IMMC は4 期に分類され、最も特徴的なphase III は15 分以上続く強収縮であり、その収縮波群は肛門側へと伝播する。このIMMC は十二指腸から上部空腸に存在する消化管ホルモンであるモチリンによって引き起こされており、血中濃度は周期的に変動し、phase III の時期にモチリンの血中濃度は最高値を示す。
     食後期収縮は食事の摂取によって生じる収縮波で、食後3-6 時間持続する。食事摂取によって、まず胃体部が受容性に弛緩し食物を胃内へと受け入れ、receptive relaxation と呼ばれている。胃体部から胃前庭部の収縮によって食物が徐々に混和、粉砕され、幽門輪を通過する大きさになると十二指腸へと排出される。十二指腸への排出は胃前庭部の収縮、幽門輪の拡大、十二指腸の収縮停止によって調節され、gastro-pyloro-duodenal coordination と呼ばれている。また、食事摂取にともなって、大腸でも収縮が起こり、朝食後の排便などはこの収縮によって惹起され、gastrocolic reflux と呼ばれている。
JSSMN ・ KSSMN joint Symposium
  • Yoshihiro Nabeya, Matsuo Nagata, Isamu Hoshino, Akio Sakamoto
    2017 年 51 巻 3 号 p. 49
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
    The morbidity and mortality after esophagectomy remains high despite significant improvements in the surgical procedures and perioperative care over the last several decades. In the field of esophageal cancer surgery, enhanced recovery programs based on the enhanced recovery after surgery (ERAS®) or Japanese ESsential Strategy for Early Normalization after Surgery with patient's Excellent satisfaction (ESSENSE) programs have recently been introduced and appear promising for achieving better outcomes. However, to date, such programs for early recovery after esophagectomy have lacked largescale, prospective, multicenter evidence. At present, integrated perioperative care aiming at the prophylaxis and control of postoperative infectious complications (represented by anastomotic leakage as a surgical site infection and pneumonia as a remote infection) may be a top-priority component for not only early recovery from esophagectomy but also improvement of the long-term survival and postoperative quality of life. Among the available modalities, seamless enteral nutrition throughout the perioperative period is expected to play a central role. In clinical practice, carrying out “standardized” nutritional care according to the clinical pathway prescribed beforehand in the days after operation can be difficult to apply in some cases, due to its surgical complexity and high morbidity rate, which limits the application of some enhanced recovery programs. Thus, we often need “individualized” perioperative management with adequate nutritional support, particularly in resumption of oral intake after esophagectomy. In addition, perioperative cancer rehabilitation and mental/social support should be kindly provided, particularly in elderly patients. Early recovery after esophageal cancer surgery may require the application of the latest knowledge and the perioperative practice of multi-occupational team medical care, according to the condition of each patient and facility.
  • Young-Woo Kim, Jae-Moon Bae, Young-Kyu Park, Han-Kwang Yang, Wansik Yu ...
    2017 年 51 巻 3 号 p. 50
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
    Aim : Acute isovolemic anemia is commonly observed after surgery and negatively influences shortand long-term outcomes. Current blood management practices fail to deliver effective reversal of anemia. The aim of this study was to evaluate the efficacy and safety of ferric carboxymaltose to treat anemia following gastrectomy.
    Method : The FAIRY study was a patient-blind, randomized, phase 3, placebo-controlled, 12- week study was conducted between 4 February 2013 and 15 December 2015 to evaluate the ability of ferric carboxymaltose to correct acute isovolemic anemia. This study was conducted in seven centers across the Republic of Korea. The primary endpoint was the number of hemoglobin responders, defined as hemoglobin increase of ≥2 g/dL from baseline and/or ≥11 g/dL at week 12. Secondary endpoints included changes in hemoglobin and other iron parameters over time, percentage of patients requiring alternative anemia management, and quality of life at weeks 3 and 12.
    Results : 454 patients were randomized to receive ferric carboxymaltose (228 patients) or placebo (226 patients). The number of hemoglobin responders was significantly greater for ferric carboxymaltose versus placebo (200 patients [92.2%] vs 115 patients [54.0%] ; 90 P=0.001). Correction of anemia and improvements in iron parameters were significantly in favor of ferric carboxymaltose at all time points, and these patients required less alternative anemia management compared to placebo patients (1.8% vs 7.1% ; P=0.006). Improvements were observed for fatigue and dyspnea in the ferric carboxymaltose group. No grade 3 or 4 adverse events were recorded, and ferric carboxymlatose-related adverse events reported in more than one patient included injection site reaction and urticaria (both : 5 patients [2.3%])
    Conclusions : Ferric carboxymlatose for postoperative blood management was safe and effective in correcting anemia and iron deficiency. In order to improve the recovery period, patients with low hemoglobin levels post-gastrectomy should receive intravenous ferric carboxymaltose.
  • Kyung Sik Kim
    2017 年 51 巻 3 号 p. 51
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
    Malnutrition leads to adverse effects on the short term and long term prognosis in patients with hepatobiliary malignant diseases who underwent radical surgery. The early detection of nutritional risk allows early intervention to prevent later complication. But there is no single gold standard objective measurement for the evaluation of nutritional status in the early period after radical surgery. Anthropometric measurement including body weight is commonly used in clinical practice because it is simple to use. Unfortunately, anthropometric measurement shows poor sensitivity in the diagnosis of malnutrition during the early perioperative period. In response to surgery, the released cytokines increase capillary membrane permeability, which leads to the redistribution of plasma proteins and fluid from vascular channels to interstitial spaces.
    The likely consequences of volume overload (i.e., pleural effusion, pulmonary edema, ascites, and generalized edema) lead to the increase in body weight. We have shown that the exploration of fluid dynamics using bioimpedance analysis is important in the balanced fluid management during perioperative period. At the same, increased extracellular water/total body water in fluid-imbalanced patients may indicate the development of ascites or fluid collections during postoperative period. Nutritional risk indicator based on albumin and body weight has been developed for the evaluation of the nutritional status and the efficacy of nutritional therapy. Nutritional risk indicator has limitations in the patients with hepatobiliary pancreatic malignant diseases because these patients show deficits in the protein synthesis including albumin due to liver dysfunction and pro-inflammatory proteins. Previously, we retrospectively reviewed medical records of sixty-five patients who underwent hepatectomy for hepatocellular carcinoma. Body weight, Body Mass Index (BMI) and laboratory parameters were compared at preoperative day and postoperative day 7. After the surgery, the level of lymphocyte, total protein, albumin, BUN, cholesterol, transthyretin significantly decreased, while the level of WBC and CRP significantly increased. The precise relationship between nutritional screening protein and the status of inflammation is still not clear ; however the degree of inflammation may have a significant influence in nutrition evaluation scale. Therefore, we analyzed the patients with hepatobiliary malignant disease who underwent radical surgery from Jan. 1, 2012 through Dec. 31, 2016. In order to accurately evaluate the nutrition scale after the hepato-biliary radical surgery, we suggest a new method of nutritional evaluation that can adjust the degree of inflammation during early postoperative period.
  • Hyuk-Joon Lee, Seong-Ho Kong, Jun Seok Park, In Kyu Lee, Seung-Wan Ryu ...
    2017 年 51 巻 3 号 p. 52
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
    Introduction : This study aimed to evaluate of the efficacy of postoperative oral nutrition supplement after major gastrointestinal surgery.
    Methods : A prospective randomized controlled trial was conducted for 174 subjects who were discharged within 2 weeks after major gastrointestinal surgery. Subjects in study group were prescribed to take 400 ml/day of Encover® from the day of discharge for 8 weeks. The primary endpoint was the weight loss rate at 8 weeks after discharge compared with the pre-operative weight, and the secondary endpoints included the changes in body weight, body mass index, Patient-Generated Subjective Global Assessment, hematology/biochemistry tests, and adverse events evaluated at 2, 4, and 8 weeks after discharge.
    Results : The weight loss rate at 8 weeks after discharge was not different between two groups. (4.23±5.49% vs. 4.80±4.84%, p=0.4810). The level of lymphocyte count, cholesterol, protein, and albumin were significantly higher in study group after discharge. The incidence of adverse events with a severity score ≥ 3 was not different between two groups. (2.3% vs. 1.2%)
    Conclusions : Usefulness of routine oral nutritional support after major gastrointestinal surgery was not proven in terms of weight loss at 8 weeks after discharge. However, it can be beneficial for early recovery of biochemical parameters.
体液代謝管理研究会・日本輸血細胞治療学会コラボセション
  • 深柄 和彦, 村越 智, 曽根 伸治, 岡崎 仁, 黒田 誠一郎, 鈴木 洋史, 安原 洋
    2017 年 51 巻 3 号 p. 55
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
    【はじめに】1980 年代にはアルブミン製剤の世界生産量の1/3 をわが国が使用するに至り、それ以降、アルブミン製剤の適正使用に向けて数々の取り組みがなされてきた。輸血管理料の導入、増点と輸血適正使用加算の新設もそれらの取り組みの中に含まれる。内科系診療科では、特に輸血適正使用加算の新設を契機に大幅な使用量の削減が可能となった部門もある。しかし、外科系診療科では、未だ使用量減少の兆しが見えない。
    【目的と方法】今回、当院におけるアルブミン使用量の診療科別年次推移を調査し、外科医のアルブミンに対する意識、アルブミン製剤使用の適応病態に関する認識のアンケートを行ったのでその結果を報告する。なおアルブミン製剤の管理は、2012 年度までは薬剤部、以降は輸血部となり、薬剤部管理の期間は手術室でのアルブミン使用が診療科別のデータに組み込まれていない。
    【結果】2007~2012 年までアルブミン使用量は多い順に、消化器内科、肝胆膵外科、移植外科、胃食道外科、大腸肛門外科、血液内科であった。これらの診療科での使用量は病院の全使用量の80%を超えていた。2012 年の輸血適正使用加算の新設の影響も大きかったのか、2013 年度から消化器内科の使用量が一時激減した。しかし、2013 年度以降も前述の各外科系診療科の使用量はほぼ同レベルで推移した。また、手術部での使用量の算入を反映して心臓外科の使用量が肝胆膵外科・移植外科とほぼ同レベルまで増加していた。
     外科医のアルブミンに対するアンケート調査からは、アルブミン製剤の効果として、膠質浸透圧の維持、循環血漿量の増加、浮腫の改善、胸水・腹水の減少を期待し、術前アルブミン値を栄養状態評価の指標として認識していることが判明した。臓器別に投与の意義に対する認識・期待する効果が異なっていた。アルブミン合成を高めるための栄養の重要性は認識されつつ、実際の栄養管理には反映されていない場合も多いことが明らかになった。
    【まとめ】本当に必要な病態に対してアルブミン製剤の使用を制限することは、診療上むしろ患者に悪影響を及ぼす危険性がある。しかし、本来の適応にそぐわない使用は適正使用の妨げとなる。今後、外科医もアルブミンの意義、製剤の効果について見直す必要があるだろう。
  • 河野 武弘
    2017 年 51 巻 3 号 p. 56
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
     現在、アルブミン製剤(以下ALB)の使用にあたっては、薬機法と血液法に基づいて様々な施策が講じられており、両法の下で様々な指針、ガイドラインや制度等が行政から通知されている。特に血液法の基本方針では、同製剤の国内自給に基づいた安定供給が目標として明記されており、さらに「血液製剤の使用指針」にて適正使用に関する指針が示されている。わが国のALB の使用量は、かつて世界総生産量の1/3 に達し、その当時の国内自給率は10% を切っていたが、適正使用推進の結果として同製剤の使用量は大幅に減少し、国内自給率も上昇(平成27 年度は56.4%)した。しかしながら、ALBの使用状況においては、現在でも最大で4 倍前後の都道府県格差があることなどから、引き続き適正使用が図られる必要がある。一方、医療機関における適正輸血実施を評価する診療報酬として平成18 年に設置された輸血管理料に関しては、ALB と赤血球製剤の使用量比(ALB/RBC<2)を満たさないことが、輸血適正使用加算を算定できない最も大きな理由となっている。
     ALB の適正使用を推進するにあたり、輸血部門による取り組みのポイントは以下の通りである。まず、ALB の一元管理を薬剤部門から輸血部門に移行し、ALB を輸血用血液製剤と同様の管理体制におくことは、適正使用推進の第一段階として有効である。具体的には、ALB を個別ロット管理し、原則的に輸血部門在庫として病棟での常備配置を廃止すること、診療科別の使用状況を輸血療法委員会等の院内会議で提示することなどが挙げられる。さらに、投与医師による記録(目的、投与前後の検査値や臨床所見に基づいた評価)を徹底させることは、長期的な適正使用推進に効果的である。ALB 発注時や投与後に、適正使用の介入を行うことは有効であるが、医師が期待する投与効果を尊重し、単にアルブミン値のみで投与量を制限することは行うべきではない。自施設が採用している血清アルブミンの測定方法が変更される際には、同一検体のアルブミン値が低く測定され、投与量が増加する場合があることに留意すべきである。
     今春には「血液製剤の使用指針」が「科学的根拠に基づいたアルブミン製剤の使用ガイドライン(日本輸血・細胞治療学会)」に準拠した内容に全面改定される予定であり、輸血部門には同指針を効果的に活用した診療各科への診療支援が望まれている。
  • 宮尾 秀樹
    2017 年 51 巻 3 号 p. 57
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
     ERASガイドラインに「Intraoperative fluids should be balanced to avoid both hypo- and hypervolemia. Intraoperative goal directed fluid therapy should be considered on an individual basis」というのがある。術中輸液管理はハイポボレミアやハイパーボレミアを避けてバランスをとることが望ましい、そのために個人に見合った目標指向型輸液管理を考慮せよということである。手術による出血はハイポボレミアを招く最大の要因である。麻酔による血管拡張は静脈還流を低下させる。外科的出血を絶対的なハイポボレミア、麻酔によるものを相対的なハイポボレミアと呼ぶが、双方とも静脈還流の低下から心拍出量の低下を招く。それに対する処置を細胞外液で行うと大量に輸液が必要であるだけでなく、間質浮腫を起こし、術後合併症の原因となりやすい。一方、膠質液は血管内に止まるため、少量で効果的にハイポボレミアを補充できる。同時に開きすぎた静脈系のリザーバーを収縮させる血管収縮薬の併用も効果的である。
     アルブミン製剤は膠質浸透圧を維持するのに、特に食道癌や肝臓癌などの大手術時に使われてきた。また、大量出血時の血管内volume expander としても使われてきた。アルブミン製剤は術後の低アルブミン血症の対症療法としても使われているが有効性のエビデンスは乏しい。第3 世代HES ボルベンはアルブミンの代替膠質液として十分なエビデンスもあり、また、アルブミンを凌ぐ性質も持っている。HES は血管内容量を保つため、希釈による術後のアルブミン値の低下は著明であるが、膠質浸透圧の低下は少ない。第3 世代HES ボルベンは第2 世代HES サリンヘス・ヘスパンダーと比べて止血凝固系への影響も少なく、使用可能量も50mL/kg/ 日と大幅に増えた。そのため、手術中のみならず、術後のハイポボレミアにも有効である。近年HES の腎障害に対して、欧州を中心に世界的な逆風が吹いた。そのエビデンスとなるRCT を詳細に検討すると第3 世代HES ボルベンに関して、死亡率、腎機能に否定的なものは一つもない。第3 世代HES は術中、術後の膠質液として、今後の周術期医療を大きく変えるポテンシャルを持った輸液である。
アミノ酸学会ジョイントシンポジウム
  • 田附 裕子, 和佐 勝史, 奥山 宏臣
    2017 年 51 巻 3 号 p. 61
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
    【はじめに】近年、グルタミン(Gln)の投与により、外科術後の患者における感染症が減少や入院期間 の短縮、重症患者や熱傷患者における合併症の減少や死亡率の低下、化学療法などの下痢に対する改善 効果など、臨床における有用性が報告されている。今回、これら臨床におけるGln の作用メカニズムを、 我々の基礎研究結果より検討した。
    【実験1】虚血再灌流腸管に対する作用について:中心静脈ルートおよび経胃的十二指腸チューブを留 置した虚血再灌流ラットモデルを作成した。Gln は点滴よりAla-Gln として投与した。gln 投与群では 虚血再灌流後の組織学的障害の減少と腸管粘膜透過性の抑制を認めた。また、虚血再灌流群においては 腸管粘膜のglutaminase 活性は上昇しており、かかる病態でのGln の腸管粘膜における利用亢進が示唆 された。
    【実験2】化学療法中の下痢に対する効果について:Cisplatin(Cis)を投与し、腸管粘膜障害モデルを 作成した。Cisplatin 投与直後よりGln の経口投与を開始すると、空腸絨毛高は有意に維持された。ま たGln 投与によりCis による絨毛上皮の脱落も軽減した。そこで、腸管粘膜の細胞周期に関連因子 (PCNA) に注目し、Cis により惹起された腸管粘膜障害におけるGln の投与効果を検討した。 Proliferating cell nuclear antigen(PCNA)は、細胞周期のDNA 合成期に核内に出現し、DMA 損傷修 復過程のDNA 複製後にもあらわれる因子である。組織修復力に注目すると、Gln 投与によりPCNA が、 投与1 日目より有意にCis により障害を受けた小腸の陰窩に発現しており、粘膜障害に対する粘膜修復 作用時に直接Gln が使用されている可能性が示唆された。一方、Gln トランスポーターの発現は、Gln 投与の有無にかかわらず3 日目に有意に発現し、Gln 投与でより改善した。
    【結語】虚血再灌流後にGln の需要は亢進しており、需要に応じたGln 投与は臨床的に意義があると思 われる。Gln の投与効果は、Gln の組織内へのとり込みによる抗酸化作用と考えられていることが多いが、 我々の実験でGln は、抗酸化作用よりも投与後早期より作用する組織修復のサポート因子であり、結果 的に粘膜透過性亢進の正常化やバクテリアルトランスロケーションの回避に寄与している可能性がある と思われる。
  • 永森 收志
    2017 年 51 巻 3 号 p. 62
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
     アミノ酸は、タンパク質の部品としてだけではなく、生体反応を制御するシグナル因子として重要で ある。例えば、ロイシン(Leu)はmTOR(mammalian target of rapamycin)シグナル系を駆動し、 多彩な代謝制御に関わる。アミノ酸の細胞への取り込みを担うアミノ酸トランスポーターは、非常に多 様性に富み、ヒトでは約60 分子が報告されているが、分子の検出が容易でないため、その全体像の把 握は困難である。アミノ酸の取り込みは、がん細胞においてはその急速な細胞増殖を保証するため、よ り亢進しているが、がん細胞株における網羅的なアミノ酸輸送系の解析も進んでいなかった。我々は、 生化学的手法による生体膜調整法と定量質量分析によるプロテオミクスを組み合わせることで、アミノ 酸トランスポーターを含む膜タンパク質を網羅的に定量する系を構築し、それを用いて30 種類以上の がん細胞株に対して網羅的比較定量プロテオミクスを行い、アミノ酸トランスポーターの発現プロファ イルを明らかにした。アミノ酸トランスポーターL-type amino acid transporter 1(LAT1/SLC7A5)は、 Leu を含む多くの必須アミノ酸を取り込むトランスポーターである。LAT1 は、がん細胞特異的に高発 現し、その発現はがんの悪性度と相関していること、またLAT1 の抑制は抗がん効果を示すことが明 らかにされつつある。網羅的解析の結果、LAT1 はほぼすべての細胞株に存在し、輸送活性解析と合わ せた結果から、LAT1 はがん細胞におけるLeu 輸送の主要な経路であることが示された。そこで次に、 リン酸化プロテオミクスにより、LAT1 を介して細胞内に取り込まれたLeu によるシグナル制御と細 胞機能制御の実態を網羅的に解析した。Leu により、細胞成長・増殖経路が活性化されることが確認さ れ、さらに細胞組織化、細胞間相互作用、細胞周期や脂質代謝も、LAT1 により取り込まれたLeu に より制御を受けていた。がん細胞におけるアミノ酸輸送システムの全体像が明らかになり、また細胞外 から取り込まれたアミノ酸(Leu)により応答するシグナルの全体像も示された。これによって、がん の代謝制御におけるアミノ酸の役割を解明するための基盤情報が得られ、さらに同様の手法を用いるこ とにより他の疾患、病態におけるアミノ酸の役割の解明も可能になったと考えられる。
  • 岡本 千聖, 吉田 寛郎, 中山 聡, 菊池 信矢, 小野 信和, 宮野 博, 水越 利巳, 平岡 伸介, 猪野 義典
    2017 年 51 巻 3 号 p. 63
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
    【背景・目的】膵臓がんは初期症状がほとんどなく、早期発見が困難な疾患である。発見時には、手術 適用外の症例が多く、また手術で切除をしても再発率が高いことから、早期発見方法が求められている。 当社では、アミノインデックス® がんリスクスクリーニングの事業を展開しており、2015 年4 月に膵臓 がんを上市した。膵臓がんを発症すると、血漿中のアミノ酸濃度が変動するが、メカニズムは解明され ていない。共同研究先の国立がん研究センターでは、膵臓がん患者の血液試料に加え、組織の病理切片 も採取している。我々は、血液と組織の情報を統合することで、アミノ酸濃度が変動するメカニズムの 解明に繋げることができると考え、病理切片中に含まれる微量なアミノ酸の高感度かつ高精度な分析法 を開発することとした。
    【方法】本研究では、ヒトの膵臓組織病理切片の前処理、分析条件を検討し、35 種類のアミノ酸の測定 条件を最適化した。この条件を用いてLC-MS/MS で膵臓組織病理切片中のアミノ酸を定量した。 <前処理>O.C.T.Compound で包埋した1.0 cm3 の凍結病理組織ブロックを用いて厚さ6μm の切片を 作成し、10 枚分を分析に使用した。回収率補正用の安定同位体を添加したメタノール溶液を膵臓組織 切片に添加し、凍結状態のまま酵素を失活させ、ホモジネートを行った。その後、クロロホルムで脱脂 処理、濃縮乾固を行い、濃縮液に、上記と異なる25 種類の安定同位体を添加し、誘導体化を行った。 <分析>分析カラムにはL-column ODS(50×2.1 mm i.d., 粒径3μm)を用い、移動相には0.2% 酢酸水、 アセトニトリルを使用し、グラジエント溶出させ、LC-MS/MS で検出した。
    【結果・考察】膵臓は消化酵素が多い臓器であり、アミノ酸を安定して測定するには、凍結状態での処理、 安定同位体の使用などの工夫が必要であった。組織切片の破砕から脱脂処理までの回収率補正に1 種、 誘導体化から測定までの補正のために25 種の安定同位体を用いたことで、高い再現性を得た(日内精 度1.8%-10.9%)。分析においては、移動相を酸性にし、誘導体化法を利用したことで、選択性が向上し、 高感度化にも成功した。今回確立した手法では、約6mg という微量の膵臓組織切片から27 種類のアミ ノ酸を高感度かつ高精度に検出することに成功し、この方法を用いて、健常人と癌患者の組織切片中の アミノ酸濃度を分析したところ、アミノ酸プロファイルに違いを見出すことができた。
ESSENSE ミニシンポジウム 基調講演
  • ~評議員在籍施設における周術期管理 第2 回アンケート結果報告~
    海堀 昌樹, 福島 亮治, 宮田 剛
    2017 年 51 巻 3 号 p. 67
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/22
    ジャーナル フリー
    【目的】Enhanced Recovery After Surgery(ERAS)を、我々は本邦の周術期管理に沿うESsential Strategy for Early Normalization after Surgery with patient’s Excellent satisfaction(ESSENSE)として消化器 外科各領域にプログラム導入を2012 年に開始し、本年度で5 年目を迎えている。3 年前に評議員在籍 施設における周術期管理アンケートを行い、昨年度に第2 回アンケート調査を行った。今回アンケート 調査結果報告と共に、1 および2 回の相違を含めて報告する。
    【方法】同学会評議員在籍94 施設(評議員数132 人)に対して紙面によるアンケート調査を行った。対 象術式は食道、胃(全摘出、部分)、結腸、直腸切除、腹腔鏡下胆嚢摘出、肝切除、膵頭十二指腸切除 とした。
    【結果】アンケート回収率65 %(86/132)。1.「ERAS(Enhanced Recovery After Surgery)、Fasttrack Surgery などの術後回復促進策を貴施設で既に導入されていますか?」に対して全8 術式とも「実 際に行っている」が「今後行う必要がある」と比較し、1.3~3.3 倍実施されており、2013 年度と比較し 明らかに実施率が増加していた。2.「腸管洗浄液による術前腸管洗浄をルーチンに実施しているか?」 54% が実施、3.「術前絶飲はいつから?」麻酔導入10 時間以上前33%(2013)→ 9%(2016)、3 時間前 16% → 27%、2 時間前24% → 38%、4.「術前絶食はいつから?」麻酔導入10 時間以上前76% → 29%、 麻酔導入6-10 時間以上前20% → 61%、5.「術前2 時間前までに経口補水を行っているか?」 23% → 46% へ増加、6.「術後鎮痛方法は?」硬膜外鎮痛81%(2016)使用、7.「術後経口摂取促進のため、 ルーチンに制吐剤あるいは腸管蠕動促進剤、緩下剤を使いますか?」ルーチンに使用17% のみ。8.「術 後回復促進策導入により術後合併症は減少したか?」減少した20% → 26%、9.「術後入院期間は短縮し たか?」短縮した40% → 44%、10.「日本外科代謝栄養学会での術後早期回復促進策であるESSENSE という取り組みを知っていますか?」知っている67% → 85%、11.「貴施設に周術期管理チームはあり ますか」有26% のみであった。
    【考察】評議員在籍施設における術後早期回復プログラムの認識および各施設での実施は2013 に比べ 2016 年度は明らかに実施率が高いものと思われた。しかしながら、PONV や術後疼痛対策、周術期管 理チーム配置などは未だ不十分であることが示唆された。
シンポジウム
ワークショップ
International Session of Travel Grant
外科侵襲とサイトカイン研究会ジョイントシンポジウム
メディカルスタッフ症例検討
メディカルスタッフセッション
要望演題
一般演題
ポスター発表
feedback
Top