コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
26 巻 , 4 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
  • 明石 修, 伊知地 宏, 岩崎 英哉, 上田 和紀, 河野 健二, 権藤 克彦, 豊田 正史
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_1
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/12/27
    ジャーナル フリー
  • 上田 和紀, 吉瀬 謙二, 土村 展之, 湯淺 太一, 権藤 克彦, 本位田 真一
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_2-4_16
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/12/27
    ジャーナル フリー
  • 権藤 克彦, 明石 修, 伊知地 宏, 岩崎 英哉, 河野 健二, 豊田 正史, 上田 和紀
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_17-4_29
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/12/27
    ジャーナル フリー
    「ソフトウェア開発で得られる経験や知見を成果とする論文(=ソフトウェア論文)を書くことは難しい」とよく言われますが,「なぜ難しいのか」の分析はこれまで十分にはなされていません.本論文では本誌のソフトウェア論文特集を編集した経験から,「ソフトウェア論文を書くことがなぜ難しい(と感じる)のか」の分析を試みます.問題は「著者の作文の問題」だけではなく,ソフトウェア自体,ソフトウェア工学,査読者,社会状況にも要因があることを示します.
    要因が多岐に渡るので結論を短く言うことが難しいです.あえて言えば「著者の作文技術にも問題はあるが,(著者の責任ではない)本質的な難しさも別にあるので,著者が自らハードルを上げてしまうことは避けるべき」「ソフトウェア論文の追試としての価値を査読者は評価すべき」です.また作文技術の問題を解決する一助として,ソフトウェア論文の執筆チェックリストを最後に示します.
  • 上野 乃毅
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_30-4_38
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/12/27
    ジャーナル フリー
    ソフトウェアへの機能追加のために実装の大規模な刷新が必要になることがある.実装刷新において後方互換性を完全に保つのは難しく,作業の途中で頓挫する例が後を断たない.実装刷新に失敗すると,開発プロジェクトでは巻き戻しの作業が発生するだけでなく,実装刷新を担当した開発者がモチベーションを欠き,長期的な生産性低下に繋がる恐れがある.本論文では,オープンソース開発における実装刷新の失敗事例を調査し,共通の要因とその対処法を明らかにした.調査の有効性を示すために,世界中に膨大な数のユーザを抱えるソフトウェアGNU Emacsの暗号化サブシステム(約4500行)に関して,提案手法に従って刷新を行なったところ,作業を円滑に完遂できた.
  • 安積 卓也, 山本 将也, 小南 靖雄, 高木 信尚, 鵜飼 敬幸, 大山 博司, 高田 広章
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_39-4_55
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/12/27
    ジャーナル フリー
    本論文では,組込みシステムに適したコンポーネントシステムと,その実現に用いるインタフェースジェネレータについて述べる.本コンポーネントシステムは,コンポーネントを静的にインスタンス化・結合する静的なコンポーネントモデルを採用している.コンポーネントの属性情報やコンポーネント間を結合するためのコードはジェネレータにより静的に生成されるため,インスタンス化や結合にかかる実行時のオーバヘッドをなくせる.さらに,コンポーネント間を結合するコードをジェネレータにより最適化することで,コンポーネントを呼び出すオーバヘッドを最小限に抑えることができる.シリアル通信インタフェースドライバのコンポーネント化を例として,コンポーネント化に伴うオーバヘッドやソフトウェアの記述量などを評価することで,インタフェースジェネレータの有用性を示す.
  • 森田 尚
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_56-4_61
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/12/27
    ジャーナル フリー
  • 玉井 哲雄
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_62-4_70
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/12/27
    ジャーナル フリー
  • 鰺坂 恒夫
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_75
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/12/27
    ジャーナル フリー
  • 西岡 真吾
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_87-4_106
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    大規模な文書集合について各種の連想計算を高精度かつ高速に処理することができ,高度な情報検索を必要とする応用プログラムで使用可能な汎用連想計算エンジンGETAを紹介する.GETAの設計にあたって重視した点は(1)大規模な自然言語コーパスを扱えること,(2)様々な応用プログラムで利用できること,(3)ユーザが自由に類似度を定義できること,(4)推定などによらない完全な計算結果を返すこと,(5)高速であることである.また,十分な可用性を確保するためにプラットフォームに対する要求は大容量の主記憶装置と近代的なオペレーティングシステムのみとした.上記5点を満たすために大部分のコードをC言語で記述した.さらに,主記憶装置を節約するためのデータ圧縮機能,高速な計算のための類似度定義からC言語への変換機能などを備えている.GETAは学術用から商用に至るまで様々な応用プログラムで利用されており,数百万件規模の文書集合に対しても実用に耐え得るスケーラビリティを持つ.
  • 尾崎 弘幸, 武山 誠, 木下 佳樹
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_107-4_119
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    We report some features of Agate, a compiler for the dependently typed functional language of the Agda proof-assistant. Agate was developed as an experimental platform for the practice of dependently typed programming and extends the Agda language with I/O facilities and calls to Haskell functions. The first feature is the use of Higher-Order Abstract Syntax to translate terms of the Agda language into untyped λ-calculus encoded in Haskell. The second feature is the application of the Haskell class mechanism to embed typed Haskell terms in the universal type for untyped λ-calculus. This approach makes Agate very lightweight. The performance of a number of codes generated by Agate is evaluated.
  • Richard POTTER, 加藤 和彦
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_120-4_137
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    Taking snapshots of live virtual machines is much easier than with real hardware, because a virtual machine's devices are simulated in software where it is easier to capture 100% of the necessary state. More so than for real machines, snapshot functionality has become fundamental for virtual machines. It is a necessary feature for administrators who use virtual machines to quickly balance the loads of servers in data centers, and developers who use snapshots to restore test environments to pristine state. This paper describes SBUML, a system that extends the User-Mode Linux (UML) virtual machine to provide snapshot functionality. SBUML snapshots are more portable than those of other virtual machines, such as Xen, that take on more restrictive host requirements. SBUML also integrates several alternative and complementary techniques for optimizing the storage and transfer of multiple, multi-gigabyte virtual machine states. This makes SBUML an ideal platform for researching design trade-offs that can make snapshot techniques practical for cutting-edge applications such as sustainable systems, model checking, software demonstrations, and others.
  • 早坂 良太, 林 貴宏, 尾内 理紀夫
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_138-4_156
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    Web検索を利用するシステムの開発では,GoogleやYahooなどが提供する検索APIを利用することが多い.しかし,検索APIの利用には取得できる検索結果の件数に制限があり,検索対象のページの全文をAPIによって直接得ることはできないといった問題点がある.このような検索APIの問題点は,利用者自身が検索エンジンを構築し運用することで解決可能である.本論文では,HeritrixやApache Lucene,MySQLなどのオープンソースソフトウェアをベースにした検索エンジンの開発について報告する.開発にあたっては,データベースやインデックスの分割を行い,スケーラビリティに考慮して設計と実装を行うことにより規模の拡張に対応した.開発したシステムについては稼働実験を行い,規模の拡張によって検索の速度性能が低下しないことを確認した.
  • 花川 典子
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_157-4_172
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    長期間にわたるソフトウェア開発プロジェクトでは,ソースコードの記述量が増加し複雑さが増す.ソフトウェアの複雑さを計測する方法にはモジュール結合度や論理結合がある.モジュール結合はソースコードの静的なプロダクト間の関係を表現し,論理結合はモジュールの同時更新というプロセスの観点からモジュール間結合関係を示す.しかし,開発者がソースコードを修正し,その結果モジュール結合関係が変化するという一連のプロセスとプロダクトの関係は,それぞれの単独尺度では表現できない.そこでモジュール結合と論理結合を用いてソフトウェア進化を計測する新しい尺度SELM(Software Evolution with Logical coupling and Module coupling)を提案する.本尺度は「モジュール結合の高いモジュール群は論理結合も高い」という基本概念に基づき,論理結合の強いモジュール群とモジュール結合の強いモジュール群の集合の差異をソフトウェアの進化として計測する手法である.オープンソースプロジェクトに適用した結果,ソフトウェア全体の進化の様子を結合マップを用いて可視化し,各プロジェクトのSELM値がソフトウェアの進化にともなって変化する様子を明らかにできた.提案尺度は従来の複雑さの尺度よりもソフトウェアの特徴や個人的な開発方針に影響されない尺度であることを示し,階層化された結合マップを用いることで,大規模ソフトウェアの脆弱な部分の特定を支援できる尺度であることを示した.
  • 門脇 克典, 小林 一樹, 北村 泰彦
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_173-4_180
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    Web上のeショッピングサイトをより魅力的で説得的にする手段のひとつとして,擬人化エージェントが期待されている.本研究では複数の擬人化エージェントが顧客を説得する場合にチームとしてどのように振る舞うべきかについて議論する.バランス理論の観点から二体のエージェントとユーザの社会的関係が説得に及ぼす影響を調べるためにマルチエージェント説得システムを開発した.本システムではエージェントがユーザに対して社会的関係を構築した上で,エージェントが薦めるアイテムをユーザが選ぶように説得を試みる.実験の結果,エージェントの説得効果は不均衡より均衡した社会的関係のほうが高くなることが明らかになった.
  • 大田 直樹, 佐藤 恭史, 岩崎 敦, 横尾 真, Vincent CONITZER
    2009 年 26 巻 4 号 p. 4_181-4_196
    発行日: 2009/10/27
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    他のエージェントと交渉し提携を組むことは,自律的なエージェントが備えるべき重要な性質であり,協力ゲーム理論では提携したエージェントの集合が得た利得の分配方法(解概念)を提案している.著者らは,これまでにコアや仁などの従来の解概念を拡張し,インターネットのような匿名性の強い開環境に特有の不正行為の影響を受けない(匿名操作不可能な)解概念を提案している.しかし,これらの匿名操作不可能な解概念には,その表記/計算量が極めて大きいという問題点があった.
    そこで本論文では,シャプレイ値の公理系を拡張し,効率的に表記/求解可能な解概念である匿名操作不可能シャプレイ値を提案する.匿名操作不可能シャプレイ値は,いくつかの自然な公理により特徴付けられる唯一の解概念であり,常に一意に定まることが保証される.
feedback
Top