コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
26 巻 , 2 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
  • 住井 英二郎, 首藤 一幸
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_1-2_2
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
  • 阪上 紗里, 浅井 健一
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_3-2_17
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    「プログラムの残りの計算」を表す継続を扱う為の基礎言語体系として,対称λ計算(Symmetric λ-calculus, SLC)がFilinskiによって提案されている.SLCにおいては項と継続が完全に対称な形をしており,項を扱うのと同じように継続を扱うことができる.そのため,項と継続を統一的に議論するのに適していると思われるが,これまでSLCについての研究はほとんどなされていない.ここでは,まずSLCをsmall step semanticsで定式化し直し,型付き言語の基本的な性質であるProgressとPreservationを満たすことを証明する.次に,SLCが継続計算を議論・表現するのに適していることを示すため,(1) FelleisenのCオペレータを含むcall-by-value言語,ΛC計算,および(2) Parigotのcall-by-name λμ計算が,どちらも自然にSLCに変換できることを示す.近年call-by-valueとcall-by-nameの双対性が項と継続の対称性と絡めて注目されているが,ここでの結果はそれに対する洞察を与えるものと期待される.
  • 伊奈 林太郎, 五十嵐 淳
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_18-2_40
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    静的型システムと動的型システムの両者の利点を活かす枠組みとして,SiekとTahaは漸進的型付けを提唱している.漸進的型付けでは,型宣言された部分のみ静的型検査が行なわれ,残りの部分については実行時検査が行なわれる.これにより,当初型を付けずに書いたプログラムに型宣言を徐々に付加し,静的型付けされたプログラムを完成させることができる.本研究では,漸進的型付けをクラスに基づくオブジェクト指向言語で実現する理論的基盤として,Igarashi, Pierce, Wadlerらの計算体系Featherweight Java (FJ)に動的型を導入した体系FJ?を定義し,型付け規則を与える.さらにFJ?からFJにリフレクションを加えた体系への変換を定義することで意味論を与え,静的に検査した部分の安全性が保証されることを示す.
  • 嶌津 聡志, 青戸 等人, 外山 芳人
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_41-2_55
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    書き換え帰納法(Reddy, 1989)は,項書き換えシステムにもとづく帰納的定理の自動証明法である.一般に,補題自動生成法において生成される補題はいつも正しい(定理である)とは限らないが,正しい補題のみを生成する補題自動生成法を健全であるという.発散鑑定法(Walsh, 1996)は書き換え帰納法のために提案された補題自動生成法であるが,健全ではない.本論文では,発散鑑定法の手続きの一部を健全一般化法(UrsoとKounalis, 2004)に置き換えることにより,単相項書き換えシステムに対して適用可能な,健全な発散鑑定法を提案する.また,これらの補題自動生成法を反証機能付き書き換え帰納法上に実装し,補題生成能力の比較実験を行う.これにより,(健全)発散鑑定法と健全一般化法が異なる有効範囲を持つことを明らかにし,従来から知られていた健全一般化法と我々の提案する健全発散鑑定法を組み合わせることにより,書き換え帰納法のためのより強力な健全補題自動生成法が実現できることを示す.
  • 松田 一孝, 胡 振江, 中野 圭介, 浜名 誠, 武市 正人
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_56-2_75
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    双方向変換は,元のデータの一部を抽出し加工する順方向変換と,順方向変換で得られたデータに対する変更を元データに書き戻す逆方向変換の二つの変換から構成される.双方向変換を用いることで,XML文書の同期や相互変換を行える.さらには,双方向変換はプレゼンテーション指向の文書作成やソフトウェアエンジニアリングにも利用できる.著者らは2007年に,順方向変換を記述するプログラムが与えられたときに自動的に逆方向変換を得る系統的な手法を提案した.しかし,そこで扱われている順方向のプログラムは制限が強く,制限の一つとして変数を二度以上使用することが禁止されていたため,複製を含む変換は記述できなかった.そこで本論文では,前手法を拡張し,複製を含むプログラムにおいても自動的に逆方向変換を得る手法を提案する.
  • 吉田 順一, 青戸 等人, 外山 芳人
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_76-2_92
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    本論文では,複数の判定方法を組み合わせた項書き換えシステムの合流性自動判定システムを提案する.我々の提案するシステムでは,判定条件が直接適用できない複雑な項書き換えシステムに対して,直和分解や可換分解といった分解法を適用し,分解により得られた部分システムに対して合流性判定法を適用することによって,全体の合流性を自動判定する.このような合流性自動判定システムは,従来ほとんど知られていない.合流性自動判定システムを実装し,実験を行なった結果,従来の合流性判定条件が直接適用出来ない項書き換えシステムに対しても,合流性の自動判定に成功した.また,項書き換えシステムの合流性を扱った論文等から抜粋した例題集を構成し,合流性判定実験を試みる.
  • 緒方 和博, 二木 厚吉, 中村 正樹
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_93-2_106
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    代数仕様言語CafeOBJによる通信プロトコルの検証の例を示す.SCP通信プロトコルは,ABP通信プロトコルの簡略版で,送受信者間の通信路として信頼できないセルを用いる.受信者がN個のパケットを受け取ったとき,それらは送信者が送った最初のN個のパケットで,順番を保存している,という性質を通信信頼性という.SCP通信プロトコルが通信信頼性を満たすことの証明譜による検証を解説する.
  • 阿草 清滋
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_109
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
  • 石尾 隆, 仁井谷 竜介, 井上 克郎
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_127-2_146
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    ソフトウェアは数多くの機能的関心事,すなわち,特定の機能要求を実現するためのソースコードの集合から構成される.1つの関心事に属するソースコードは,通常,複数のモジュールに分散しているため,開発者がある関心事を理解するには,その関心事に含まれるソースコードを探し,それらの間の制御フローやデータフロー情報を調べる必要がある.
    本研究では,開発者が注目しているプログラム要素群に対し,それらのプログラム要素に依存関係を持つ他のプログラム要素を探索し,要素間の関係を関心事グラフとして可視化する手法を提案する.具体的には,プログラム依存グラフの探索に基づくプログラムスライシング手法に対して,プログラム構造やキーワードマッチに基づく経験的な指標を導入し,関心事に含まれない可能性が高い要素に対するグラフ探索を打ち切るよう拡張する.Javaを対象とした解析ツールとして本手法を実装し,従来のプログラムスライシング手法に基づく手法との比較実験を行った結果,人間が作成したものにより近い関心事グラフを抽出していることを確認した.
  • 木下 佳樹, 西澤 弘毅
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_147-2_156
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    We give a semantics of abstraction in PML (Pointer Manipulation Language) given by Takahashi et al.. This is an instance of unifying theory for abstraction of reactive systems given by the second author et al., as every model of PML induces a model of Rμ, a modal logic with fixpoints studied by the second author. It gives the proof of the correctness of predicate abstraction used in MLAT.
  • 前田 直人
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_157-2_169
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    本稿では,コンテキストを考慮したポインタ解析結果(context-sensitive points-to analysis)を用いたメソッド呼出しパターン検査手法と,本手法の実装を用いた評価実験の結果を報告する.提案手法はオブジェクト指向型言語で記述されたプログラムを対象とし,特定のオブジェクトに対して実行時に発行されるメソッド呼出しの順番が適切であるか否かを静的に検査する.我々は検査対象オブジェクトに対するメソッド呼出し場所を精度良く識別するために,objsens型,cfa型,k-cfa型の3種類のコンテキストをそれぞれ利用した手法を開発した.さらに実装を用いて評価を行い,objsens型が最も高い精度で呼出し場所を識別すること,およびコンテキストを考慮しない手法に対してobjsens型の識別精度が5.5倍高いことを確認した.また,この改善によりパターン検査の精度が3.4倍向上するという結果を得た.
  • 青谷 知幸, 増原 英彦
    2009 年 26 巻 2 号 p. 2_170-2_182
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    AspectJをはじめとする多くのアスペクト指向プログラミング言語では,ポイントカット定義を誤った結果,アドバイスが実行されなかったり,想定と異なるジョインポイントの上で実行されることがある.本稿では型システムによってこれら問題の解決を目指す.この型システムはポイントカット内の矛盾と複数のポイントカットの間の矛盾の両方を発見する点が特徴である.本稿では型定義と型規則を示し,いくつかの基本的な誤りを発見できることを確認した.
feedback
Top