創傷
Online ISSN : 1884-880X
8 巻 , 3 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
原著
  • 荻野 晶弘, 大西 清, 中道 美保, 岡根谷 哲哉, 関口 昌之, 中村 卓司
    2017 年 8 巻 3 号 p. 91-96
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル フリー
     人工膝関節置換術(Total Knee Arthroplasty:以下TKA)後の感染で皮膚軟部組織欠損を生じると,感染制御の困難さに加え,欠損の被覆に難渋することも少なくない。TKA 術後感染症例 4 例に対し,腓腹筋弁内側頭を用いて再建を行った。創部をデブリードマン後に腓腹筋内側頭を遠位の腱膜部で切離して挙上,筋弁を翻転し,膝蓋部へ移行した。筋弁上には植皮術を施行した。術後,全例で筋弁・植皮片は生着し,感染の再燃なく,膝関節屈曲機能の改善が得られた。TKA 術後感染創に対する腓腹筋弁による再建は,筋採取に伴う機能障害も少なく,感染制御の観点からも有用と考えられた。
症例報告
feedback
Top