動物の循環器
Online ISSN : 1883-5260
Print ISSN : 0910-6537
ISSN-L : 0910-6537
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
総説
  • 勝田 新一郎
    2021 年 54 巻 1 号 p. 1-14
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/09/18
    ジャーナル フリー

    血圧調節機構には短期調節機構と長期調節機構があり,前者は姿勢変換や運動,いきみ,精神的興奮などに伴う急な血圧変動を短時間に正常レベルに戻すための神経性調節機構である。後者は,分,時間,日,週,月さらに年単位に及ぶ調節機構で,腎臓から塩類と水の排泄による体液性調節が大きく関わっている。神経系やレニン–アンジオテンシン–アルドステロン系をはじめとする内分泌系は体液性調節を修飾している。Guytonらは摂取した塩類と水を腎臓がどのように排泄できるかを示すために,圧–利尿曲線の概念が構築された。腎臓の異常による圧–利尿曲線が高圧域へシフトした場合,または塩類と水を過剰摂取した場合はそれらを排泄するために高い圧が必要となり,血圧が上昇する。圧利尿が起きると血圧は元のレベルに戻る。

    近年では短期調節,長期調節ともに心臓血管中枢と呼ばれる延髄腹外側野(RVLM)やその周囲の領域を中心とした中枢神経系の関与が示されている。脳室周囲器官は血液–脳関門が比較的疎であり,その中の終板脈管器官で細胞外液Na上昇が感知されると,それはRVLMにも伝えられ,交感神経活動が活性化されることが明らかにされている。また,脳内には末梢とは独立したレニン–アンジオテンシン系が存在し,脳内で産生されたアンジオテンシンIIはAT1受容体を介してNADPH oxidaseを活性化させ,活性酸素種(ROS)の産生を刺激する。これによってRVLMでの一酸化窒素(NO)の産生が低下し,RVLMに投射されるGABA作動性抑制性ニューロンの抑制効果は減弱されることが示されている。その結果,交感神経系は抑制されず活性化されることになる。

    今後,短期,長期血圧調節機構を問わず脈管系や腎臓などの末梢臓器や交感神経系,内分泌系のはたらきのみならず,それを制御する中枢神経機序を解明することが高血圧発症の解明や高血圧治療薬の開発に大きく貢献するものと思われる。

原著
  • 堀 泰智, 諌山 紀子, 原口 純子, 山下 洋平, 榊原 啓一郎, 平島 康博
    2021 年 54 巻 1 号 p. 15-25
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/09/18
    ジャーナル フリー

    Cardiac biomarkers are elevated in dogs with heart diseases including mitral valve disease (MVD). However, the difference in the regulation of atrial natriuretic peptide (ANP), N-terminal proANP (NT-proANP), N-terminal proB-type natriuretic peptide (NT-proBNP), and cardiac troponin-I (cTnI) in dogs with MVD has not been studied. We investigated plasma NT-proANP levels by MVD severity, and compared their clinical utility for assessing MVD severity. Clinically healthy dogs and client-owned dogs with MVD were examined. The diseased dogs were divided into three groups based on the American College of Veterinary Internal Medicine guidelines. Concentrations of plasma ANP, NT-proANP, NT-proBNP, and cTnI were analyzed by a commercial laboratory. Plasma ANP and NT-proANP concentrations increased significantly in stage B2 and C compared with that in the controls. They also increased significantly in stage C compared with that in stage B1. Plasma NT-proBNP and cTnI concentrations increased significantly in stage C compared with that in the controls and stage B1. Plasma NT-proANP concentration showed a strong positive correlation with ANP and NT-proBNP, and a weak positive correlation with E wave velocity, left atrial-to-aortic diameter ratio (LA/Ao raito), the left ventricular end-diastolic internal diameter corrected for body weight (LVIDDN), and VHS. The areas under the receiver-operating characteristic curve of NT-proANP used to identify dogs with each stage of MVD were comparable for other biomarkers. Circulating NT-proANP increase from the early stages of MVD, and it may be useful for assessing asymptomatic MVD. It can support echocardiographic data, but cannot be used alone to diagnose MVD.

症例報告
feedback
Top