日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
最新号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
総説
  • 松本 拓也
    2019 年 28 巻 3 号 p. 173-177
    発行日: 2019/05/15
    公開日: 2019/05/10
    ジャーナル フリー

    2006年に腹部大動脈瘤の企業製造ステントグラフトが保険償還されて以降急速にステントグラフトが普及した.一方開腹手術は,腎動脈遮断を必要とする傍腎腹部大動脈瘤症例が増加している反面,実際に動脈瘤を露出する機会が激減している.まさにそのような時代だからこそ,ステントグラフトが導入されて11年の月日が経過した今,腹部大動脈瘤外科治療を学び直す適切な時期である.まず最も基礎となる腹部大動脈瘤手術に必要な解剖と生理を手術の際の中枢側(中枢側の露出,腎動脈の破格,下大静脈,腎静脈の破格,各分枝のアーケード,腹腔動脈神経叢)と末梢側(腸骨動脈,上下腹神経叢,尿管,下腸間膜動脈,腰動脈)とに分けて基礎から応用までを概説する.

原著
  • 江口 大彦, 本間 健一
    2019 年 28 巻 3 号 p. 193-198
    発行日: 2019/05/17
    公開日: 2019/05/18
    ジャーナル フリー

    【目的】透析患者の中心静脈病変に対するBMS留置術の治療成績・開存率を検討した.【方法】透析患者の中心静脈病変(狭窄5例・閉塞24例)に対してBMSを留置した29例を対象とした.これらの手術成績・開存率・Target-lesion-revascularization(TLR)回避率を検討した.【結果】腕頭静脈病変(閉塞/狭窄)が8例/1例,鎖骨下静脈病変(閉塞/狭窄)が16例/4例であった.手技成功率は29/31例(94%)で,成功例は全例症状が改善した.留置後の1年一次開存率は40%,補助一次開存率は75%で,1年TLR回避率は69%であった.【結論】透析患者の中心静脈病変に対するBMS留置の治療成績・開存率は良好で,有効な選択肢の一つと考えられる.しかしoff-labelの使用であり,また重篤な合併症を生じる可能性もあるため,適応を選び合併症の予防と対策を熟知して施行すべきである.

症例
  • 新冨 静矢, 片山 幸広, 押富 隆, 出田 一郎, 高志 賢太郎, 上杉 英之
    2019 年 28 巻 3 号 p. 179-182
    発行日: 2019/05/15
    公開日: 2019/05/15
    ジャーナル フリー

    遺残坐骨動脈は稀な先天異常であり,頻度は0.01~0.06%と報告されている.今回われわれは遺残坐骨動脈の急性閉塞の手術例を経験したので報告する.症例は72歳,女性.突然の右下腿疼痛,冷感,痺れが生じ,急性動脈閉塞症が疑われ当院受診した.造影CTにて大腿の一部で不整な血栓を伴う動脈瘤を合併した遺残坐骨動脈を認めたが,外腸骨–大腿動脈の発達が悪かったため,右内腸骨動脈–膝窩動脈の閉鎖孔バイパス術ならびに下腿血栓除去の方針となった.手術は仰臥位で,中枢は右下腹部斜切開による後腹膜アプローチにて右内腸骨動脈を露出し,末梢は膝関節直上で内側アプローチにて膝窩動脈を露出した.人工血管を用いて上殿動脈分岐直後で端側吻合し,閉鎖孔経由で膝窩動脈と端々吻合施行した.遺残坐骨動脈は中枢と末梢で結紮処理した.術後検査でグラフトは良好に開存し,瘤は血栓閉塞している.

  • 廣島 裕也, 阿久津 博彦, 佐藤 弘隆, 齋藤 力, 川人 宏次
    2019 年 28 巻 3 号 p. 183-186
    発行日: 2019/05/15
    公開日: 2019/05/15
    ジャーナル フリー

    腎移植後の総腸骨動脈瘤破裂は稀な病態であり,救命とともに移植腎の温存が課題である.今回,生体腎移植後13年目に発症した右総腸骨動脈瘤破裂の1救命例を経験したので報告する.症例は72歳女性.60歳時に夫をドナーとした右腸骨窩生体腎移植を施行された.今回,腰痛および腹痛を主訴に救急外来を受診し,右総腸骨動脈瘤(径35×52 mm)の破裂と診断され,緊急手術が施行された.移植腎動脈は右外腸骨動脈に吻合されており,瘤は吻合部より中枢の右総腸骨動脈に生じた仮性囊状瘤であった.手術は単純遮断下に瘤切除,総腸骨動脈人工血管置換術を行った.術後第3病日から血液透析を開始したが,第40病日には透析から離脱し,第99病日に軽快退院した.

  • 市川 洋平, 渋谷 慎太郎
    2019 年 28 巻 3 号 p. 187-192
    発行日: 2019/05/17
    公開日: 2019/05/16
    ジャーナル フリー

    上腸間膜動脈から脾動脈が分岐する血管分岐異常を有する極めて稀な脾動脈瘤に対し,瘤切除および血行再建術を施行した1例を経験した.症例は66歳,女性.食思不振の精査で行った腹部造影CT検査で,最大短径32 mmの脾動脈瘤を指摘された.瘤は上腸間膜動脈から分岐直後の脾動脈に生じた囊状瘤でneckを有さないため,腸管血流を温存しながらの血管内治療は困難と判断した.瘤切除および血行再建術(総肝動脈–脾動脈吻合)を施行し,合併症なく治療し得た.過去に脾腸間膜動脈幹に生じた脾動脈瘤の報告は42例のみで,治療としては手術加療を選択したものが23例,血管内治療が14例,手術加療と血管内治療の併用が2例でいずれの症例も合併症なく経過した.3例は診断のみで治療介入はされていなかった.同様の血管分岐異常を伴う脾動脈瘤について,自験例を含めた43例の特徴と治療方法を報告する.

feedback
Top