組織培養研究
Online ISSN : 1881-3704
Print ISSN : 0912-3636
ISSN-L : 0912-3636
37 巻 , 2 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
総説
  • 中村 和昭, 諫田 泰成, 山崎 大樹, 片岡 健, 青井 貴之, 中川 誠人, 藤井 万紀子, 阿久津 英憲, 末盛 博文, 浅香 勲, ...
    原稿種別: 総説
    2018 年 37 巻 2 号 p. 123-131
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/09/08
    ジャーナル フリー HTML

    近年、細胞培養に関連する技術の急速な開発に伴い、創薬研究、再生医療への応用など、細胞培養が貢献する分野が拡大している。培養細胞を利用する上において重要な点の一つとして、適切な状態の細胞を用いることが挙げられる。そのためには、使用する細胞の状態を把握することが重要である。その手段として、生きている細胞を非侵襲的に観察できる倒立位相差顕微鏡が汎用されている。倒立位相差顕微鏡による観察から得られるのは形態情報や細胞密度のみではあるものの、その観察は培養細胞を用いた実験の信頼性と再現性を担保するために有用な手段である。生きている細胞の観察の手法には様々な留意点がある。そこで、細胞培養の観察における基本概念を共有すべきと考え、「細胞培養の観察の基本原則」案を作成した。本基本原則案は、顕微鏡観察に先立つ細胞の目視、低倍率・高倍率での倒立位相差顕微鏡観察、観察のタイミング、適切な記録と保存などに関して7条項から構成されている。この基本原則の概念が共有され、細胞培養技術を用いた研究の信頼性が向上することを期待する。

原著論文
  • Fusako KITO, Rieko OYAMA, Mami TAKAHASHI, Kumiko SHIOZAWA, Marimu SAKU ...
    原稿種別: ORIGINAL ARTICLE
    2018 年 37 巻 2 号 p. 133-145
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/09/08
    ジャーナル フリー HTML
    電子付録

    Background: Undifferentiated pleomorphic sarcoma (UPS) is a pleomorphic variant of undifferentiated, aggressive, and heterogeneous mesenchymal malignancy. Patient-derived cancer models comprise an invaluable preclinical tool for developing novel therapeutic strategies, although owing to the diversity in UPS, multiple cell lines are required for research of this disease. Therefore, we aimed to establish novel patient-derived xenografts (PDXs) from the tumor tissue of a patient with UPS, along with a cell line from an established PDX. Methods: The biological characteristics of the established cell line such as morphology, growth rate, colony formation capacity, and immunohistochemical characteristics were determined. Proteomic features were assessed by mass spectrometry. Results: The tumor tissues of PDXs showed a similar histological appearance to that of primary tumor tissue. The cells grew at a sufficient rate for conventional experiments. The cells exhibited colony-forming ability and expressed a typical marker of UPS. The mass spectrometric protein expression profiling revealed a unique spectrum of functions from the original tumor tissue, through patient-derived xenograft, to the cell line. The use of the established xenograft and cell line will facilitate our understanding of the molecular mechanisms underlying poor prognosis of UPS, and will contribute to the development of novel therapeutic strategies.

feedback
Top