Journal of UOEH
Online ISSN : 2187-2864
Print ISSN : 0387-821X
ISSN-L : 0387-821X
5 巻 , 3 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 稲垣 彰, 北沢 右三
    原稿種別: 原著
    1983 年 5 巻 3 号 p. 303-314
    発行日: 1983/09/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    暖温帯常緑広葉樹林帯に属する北部九州の樹令約250年のスダジイの優占する自然林と, コナラが優占する常緑樹と落葉樹の混交する樹令30年の二次林で, 落葉技量を1981年3月より1982年2月までの1年間, 0.5m2のトラップをそれぞれ15個設置して毎月測定した. 年間総落葉技量は自然林で乾量で6212 kg/ha, 二次林で5877 kg/haであった. 年間落葉量はそれぞれ4109 kg/ha, 4487 kg/haであり, 常緑樹の葉がそれぞれ93%,31%を占めた. 落葉は前者で4, 5月に多く, 後者では5月の常緑樹の小ピークと9月から11月までの落葉樹の大ピークがみられた. 枝, 樹皮の落下量は自然林で756 kg/ha, 二次林で481 kg/haであった. 風速15 m/s以上の風が吹いた月の落下量が多かった. 花の落下量は前者で427 kg/ha, 後者で131 kg/haであり, それぞれ5月, 4月にピークがあった。種子は自然林で335 kg/haで9月にピークがあり, 二次林では203 kg/haで8月にピークがみられた. 両林分とも約6割が優占種の堅果であった.
  • 華表 宏有, 土井 徹
    原稿種別: 原著
    1983 年 5 巻 3 号 p. 315-327
    発行日: 1983/09/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    出生時体重の測定値の正確さを検討する目的で, 那覇市内の公立O病院と私立A医院における単産の正常出生児の分娩記録(O病院:1966-1975年の6627例, A医院:1955-1974年の9080例)から, 出生時体重の下1, 2, 3桁の数値の分布を調べた. O病院は秤量10kg, 感量1gの卓上台秤, A医院は秤量10kg, 感量50gのばね式皿指示はかりでいずれも当該期間中同じものであった. O病院では下1桁が0または5の測定値が71.4%, A医院では下3桁が000または500の測定値が12%あり,いずれの施設でも"丸め"た読みとりが行われていた. "丸め"た数値の出現について, 性, 初産・経産, 体重, 年次による違いを調べると, O病院のみ年とともに下1桁の0が多くなっていた. "丸め"は, はかりの種類, 秤量と感量, 測定方法のとりきめ等に影響されていることを認め, 新生児期の体重測定の意義とそれに適したはかりを開発することの重要性について考察した.
  • 唐崎 裕治, 池内 希恵, 東 監
    原稿種別: 原著
    1983 年 5 巻 3 号 p. 329-335
    発行日: 1983/09/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    アボカド果実, チューリップ球根, ジャガイモ塊茎, カリフラワー芽, キクイモ塊茎, ザゼンソウ肉穂花序などよりミクロソームを調製し, チトロクロームP-450含量とその酵素活性を調べた, 多くの植物に生理的に存在するトランス桂皮酸の水酸化反応の活性は, 必ずしもチトクロームP-450の含量とは比例せず, ジャガイモのように, この反応のP-450当りの非常に高いものから, カリフラワーのように殆ど活性が認められないものまで, 調べた植物種のミクロソーム中では高度に分布の差が観察された. 植物のミクロソーム中には, トランス桂皮酸の水酸化に関与するチトクロームP-450以外の分子種も存在することを示唆している.
  • 小原 政信, 東 監
    原稿種別: 原著
    1983 年 5 巻 3 号 p. 337-342
    発行日: 1983/09/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    本研究は我々が以前にマウスの腹水癌細胞より単離精製したRNAメチル基転移酵素 (cytosine塩基の5位のみを選択的にメチル化する) が, その基質であるリポソームRNA (rRNA) のメチル化部位を認識する分子機構について, rRNAの一次および二次構造上から検討を加えたものである. in vitroで上記酵素でメチル化したrRNAをRNaseT1もしくはnuclease Slを用いて分析し, 更に核酸の二本鎖部分に特異的に作用するethidium bromideとactinomycin Dのメチル化反応に及ぼす効果を調べた. これらの結果は本酵素がrRNAの二本鎖構造内もしくはそれに近接した部位で, かつ, 特定の塩基配列 (9塩基長) 内に位置するcytosine塩基のみを非常に高い特異性をもってメチル化する事を示していた. 他方, cytosineのアナローグを用いた実験結果から本酵素は基質部位を, rRNA内の塩基のみの違いではなく, 更に糖まで含めたnucleosideのレベルで識別している可能性が示唆された.
  • 重松 昭生, 高橋 成輔, 田中 孝夫, 中村 征矢
    原稿種別: 原著
    1983 年 5 巻 3 号 p. 343-349
    発行日: 1983/09/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    新しい静脈麻酔薬であるアルファジオンは, 主成分であるalphaxaloneとalphadolone acetateの合剤であり, 作用時間が短かく調節性に富んでいる. 今回我々はラットを用いて, アルファジオンの投与による肝ミクロゾームP-450の誘導と基質結合スペクトルについて検討し, 次のような結果を得た. 1) アルファジオンの投与によって肝ミクロゾームのチトクロームP-450は増加した. 2) アルファジオンの主成分であるalphaxaloneを肝ミクロゾームに添加すると, Ⅰ型の差スペクトルが得られる. 3) AlphaxaloneのチトロームP-450との解離定数は, 2.5μMで親和性が高い. 以上の結果からアルファジオンは肝ミクロゾームのチトクロームP-450で酸化的代謝を受けることが示唆された.
  • 馬場 快彦, 岩尾 総一郎, 児玉 泰
    原稿種別: 原著
    1983 年 5 巻 3 号 p. 351-358
    発行日: 1983/09/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    じん肺法の胸部エックス線写真の像で "第1型" に分類された121名の粉じん作業者に対し, 1978-1980年の肺機能指標(% VC, FEV1.0, FEV1.0%, V25/H, V50/V25)の変動と各指標と年令, 粉じん作業歴, 喫煙歴, 職種などとの関連を解析した. 対象者の平均年令は1978年の時点で48.0±5.5才であり, 平均粉じん作業歴は21.6±6.8年であった. 喫煙者は82名で総喫煙量の平均は24.7箱/日×年であった. 各肺機能指標に, 喫煙者, 非喫煙者間で差を生じなかった. しかし, 喫煙者群では1秒率の年令に対する回帰直線の勾配が年と共に減少した, 粉じん作業者を職種により8分類した(粉砕, 築炉, 坑内, 石綿, 窯業, 研磨鋳造, 焼結, 溶接). このうち1秒率やV25の経年変化は, 全体の中では坑内が低値であった. しかし分散分析の結果は, この8職種で1秒率, V25/Hに差を認めなかった. 年令要因が肺機能指標を比べる上で大きいので, より長期の観察が必要と思われた.
  • 笛田 由紀子, 三田 隆, 松岡 成明
    原稿種別: 報告
    1983 年 5 巻 3 号 p. 359-364
    発行日: 1983/09/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    遺伝性てんかんモデルとして知られるElマウスの痙撃発作を誘発するために新しい装置を製作した. Elマウスを直径15cmのドラムに入れ, 1秒間に2回の速度でドラムを垂直にまわし, 週1回の頻度で繰り返した. Elマウスは初め平均約20回転で発作を起こしたが, 6週間後には平均約2回で発作を起こすようになった. この装置でElマウスが痙撃発作を起こすのに有効な加速度の変化は2369 ± 980cm/sec²であることがわかった.
  • 大石 真一
    原稿種別: ヒューマニクス
    1983 年 5 巻 3 号 p. 365-372
    発行日: 1983/09/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    ここで疎外とは, 差別的行為によって生じる孤立状態を意味する. 人は人種の違い, 精神的, 肉体的能力や社会的地位の相違などによって疎外感を感じるし, また, 他人の無思慮な一つの言動によってさえ疎外感を感じることがある. 疎外の原因や結果についての研究は, 哲学者・心理学者・社会学者の仕事であろうが, しかし, 小説家や短編作家もまた, 個人的, 社会的観点から疎外の問題に注目している. 本稿では, アメリカ黒人文学作品を通して, 白人が圧倒的な勢力を占める社会のただ中で, 黒人の人間的平等を主張している黒人作家の声に耳を傾けたい. また本稿は, 素材としてこれらの作品を取りあげるが, このことを通して, 各自が社会の一員として, 更には一個人として, 自己の責任について省察を深め, 疎外の諸原因を見極めつつ, 本当に人格的な自由平等の社会を創造するため, 自己の言動が, 自分と他人に疎外感を与えないよう常に配慮する人間となることを希望している. このことは, 産業化社会特に将来の職場のなかで非常に重要である.
feedback
Top