山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
14 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 黒田 長久, 柿澤 亮三, 堀 浩, 大阪 豊, 臼田 奈々子, 内田 清一郎
    1982 年 14 巻 1 号 p. 1-15
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    22目57科185種の鳥類の血球(一部胸筋)を試料として,澱粉ゲル竜気泳動法(pH7)により,ミトコンドリア内リンゴ酸脱水素酵素(M-MDH)の陰極側への移動度を測定した。移動度の表現は,マガモ血球のM-MDH移動度を100と定めたときのこれに対する相対値である。鳥類M-MDHの移動度は各種組織間に差がなく,またこれまで種内,属内での変異は見られなかった。さらに科内,目内での変異も比較的少なく,他の酵素(アイソザイム)にくらべて極めて均一性の高い酵素である。
    ダチョウ目,ミズナギドリ目,ペンギン目,カイツブリ目,ペリカン目(ウ科),コウノトリ目(トキ科),フラミンゴ目,ガンカモ目,キジ日(ツカツクリ科•キジ科),ツル目,チドリ目(チドリ科•カモメ科)に属する鳥類は何れも移動度100を示した。これらの目は比較的に原始的とされる地上•水生鳥類の大部分を含んでいる。しかし,ペリカン目のペリカン科(130),コウノトリ目のコウノトリ科(130)•サギ科(150),キジ目のホウカンチョウ科(140),チドリ目のシギ科(250)•ウミスズメ科(190)では100以上の移動度が見られた。また,地上性のシギダチョウ目は例外的に160の,コウノトリ目に比較的近いとされるワシタカ目(ワシタカ科)は140の値を示した。
    一方,いわゆる樹上性の鳥類では140から360までの移動値が得られ,ハト目からスズメ目へと次第に高い値を示す傾向が見られた。すなわちハト目(140,190),ホトトギス目(200),フクロウ目(200),ヨタカ目(200),アマツバメ目(220),ブッポウソウ目(220,250),キツツキ目(230,300),スズメ目(360)である。ハト目に近いとされるオウム目では,300から360のスズメ目に近い値が得られた。
    以上の結果から,電気泳動法によるM-MDHの移動度は,科•目を含む高いレベルでの進化を反映しているように思われる。
  • 長谷川 博
    1982 年 14 巻 1 号 p. 16-24
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.伊豆諸島鳥島で繁殖するアホウドリの現状況を1979/80,1980/81年期に産卵数と雛数を調べ,明らかにした。
    2.最近2年については,1960年代前期と同程度の繁殖成功率であった。だが,1970年代には,繁殖期の初期に営巣地で観察された成鳥数に対して巣立ってゆく雛の数は,1960年代前期よりも相対的に少なかった。
    3.1980/81年期には32羽の雛が巣立ち,それ以外に130羽が観察された。この数は1951年1月に鳥島でこの種が再発見されて以来最高である。アホウドリの数は増えている。
    4.鳥島に生息するネズミはクマネズミRattus rattusと判明した。捕殺わな調査によって,1979/80年期には非常に多かったが1980/81年には減少しているらしい,と考えられた。クマネズミはアホウドリの営巣地にもかなり多く生息しているが,この種は元来植物食であって,以前に懸念されたほど卵や孵化雛に加害することはおそらくない。
    5.クロアシアホウドリは鳥島で数が増えているばかりでなく営巣範囲をも拡大している。現在,島に数百羽の成鳥がいて毎年150羽以上の雛を巣立たせている。
    6.南西琉球の尖閣列島南小島で,1980年3月に35羽の成鳥•亜成鳥が観察されたが,1羽の雛もみつからなかった。この島ではまだ繁殖は確認されていない。
    7.鳥島や尖閣列島,ハワイ諸島で最近なされたアホウドリの観察を総合すると,アホウドリは世界中におそらく,少なくとも250羽ほどは生存していると考えられる。
  • 綿貫 豊
    1982 年 14 巻 1 号 p. 25-34
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    (1) 北海道羽幌町天売島に於て1980年及び1981年に,オオセグロカモメによる捕食がウミネコの巣立成功に及ぼす影響を調査した。(2) ウミネコのコロニー内に4ヶ所の調査区を設け,326羽のヒナにリングをつけヒナの現存量を測定した。オオセグロカモメの40巣の食い残しを採取•分析し,捕食量を推定した。(3) 捕食量は,餌であるヒナの現存量が最大値に達するよりも遅れて最大値に達した。(4) オオセグロカモメの捕食成功率は,大型のウミネコのヒナに対して低く,選択的に小型のヒナを捕食していた。(5) オオセグロカモメは,遅く孵化したウミネコのヒナに対して,より強い捕食圧を与えていた。(6) ウミネコの巣立成功率は,遅く孵化したヒナ(14%)の方が早期(31%)あるいは中期(42%)に孵化したヒナより低く,この傾向は部分的にオオセグロカモメによる捕食によって説明された。
  • 田宮 康臣, 青柳 昌宏
    1982 年 14 巻 1 号 p. 35-44
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    アデリーペンギンの非繁殖個体が,育雛期後半にルッカリーに再上陸し,放棄巣や未利用巣で模擬営巣することは従来より知られていたが,その意義についてはほとんど報告されていない。1968-69年のバード岬ルッカリーでの観察で,繁殖の成功に意義があると認められる彼等の行動結果を得たので報告する。この結果から,再上陸は繁殖にとって適応的であると共に,彼等のクレイシシステムはより多くの雛を巣立たせるために役立っていると考えられる。
  • 由井 正敏
    1982 年 14 巻 1 号 p. 45-58
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.ラインセンサス法の研究の第VIII報として,本報告では未調査の鳥種の記録率を,多変量解析手法の1つである数量化I類を用いて推定する方法を明らかにした。
    2.記録率の変化に関与する特性(アイテム)として,(1)Callの頻度と強弱,(2)Songの頻度,(3)林相条件,(4)鳥体や行動圏の大きさないし移動速度の4つを取り出し,各々を2~5個のカテゴリーに分類した。
    3.実際のカテゴリー区分は野外の観察経験にもとづきFig.1,Tables 1,2を用いたり,Table 3の類縁関係から判定する。それらにはいくつかの例外規定が含まれる。
    4.既往の調査で得た63~64個のサソプルについてカテゴリー区分し(Table 3),大型計算機で数量化I類の計算を行なった結果,観察半径50mおよび同25mの場合とも,非常に説明力のあるスコア表(Tables 5,7)を得ることができた。
    5.実測と予測した記録率(Tables 4,6)の重相関係数は98%と高く,誤差の標準偏差もごく小さい。この結果,未知の鳥種の記録率は相対誤差率10%前後で推定する可能性が得られ,記録率推定のための数量化は成功したと言える。
    6.この結果を用いて,いくつかの未調査の鳥種の記録率を推定したところ,Table 8のような結果を得た。
  • 安部 直哉, 黒澤 收
    1982 年 14 巻 1 号 p. 59-67
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.1980年10月19,20日,釧路から東京に向う船上に秋の渡りの途上の小鳥類が多数舞い降りた。その種類と羽数はTable 1に示すように,23種約80羽であった。
    2.これらの鳥は,好天の北方の地域から秋の渡りに旅立ち,南方一帯に広がる降雨域に入って進路を阻止され,さらに,濃霧に遭遇して,一部の個体は疲労し,船上に避難の場所を求めたのであろう。
  • 小笠原 〓, 丹波 清暢, 小川 實, 佐藤 磯男, 泉 祐一
    1982 年 14 巻 1 号 p. 68-71
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    ナベヅル(Grus monacha Temminck)は我国には冬鳥として,鹿児島県出水市荒崎および阿久根市,山口県熊毛郡熊毛町八代に10月中旬に渡来するものの(日本鳥学会1974),その他の地域への渡来はほとんど知られていなかった。
    澤田(1981)によれば,高知県中村地方には,7,8年前からマナヅル(Grus vipio)が越冬し,1979年暮からナベヅルの越冬もはじまり,1980年から1981年の冬には十数回にわたり,通算237羽が渡来,うち16羽が越冬したという。
    秋田県八郎潟周辺にも1980年12月中旬以降1981年2月末頃までナベヅルが渡来し,しかも比較的長期にわたり滞在した。
    ナベヅルの渡来は秋田県はもとより,東北地方でも近年にはなく,著者らは出来る限り本種の滞在,生息状況の観察をするようつとめ,2~3の知見を得た。
    本調査にあたり校務多忙の折にもかかわらず,丹波,小川にナベヅルの観察のため,多くの時間を与えて下さり,また児童にも協力させ,野鳥に対して常に野鳥保護教育指導を行っている脇本第一小学校,石垣禮之輔校長に対し感謝申し上げる。さらにナベヅルのフンを提供して下さった西出隆氏,フンの分析をして下さった内藤俊彦博士に心から感謝申し上げる。
  • 安部 直哉, 真野 徹, 久貝 勝盛, 山本 晃
    1982 年 14 巻 1 号 p. 72-76
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    The first breeding record in Japan of Bridled Tern Sterna anaethetus is reported from Nakanokami-shima, Okinawa prefecture, South Ryukyus (Abe and Mano 1980). In this paper, we report two other breeding localities of the species. One is Fude Rock where we have already suggested its breeding. The survey of this area was made on 27 and 28 June 1981. Fude Rock is a small rocky islet situated 12km NE of Seto-zaki, Miyako-jima, Okinawa prefecture, having an area of 140m×70m and the altitude, 9m. There is a lighthouse on the islet. Sterna anaethetus, Sterna sumatrana, Anous stolidus and Sula leucogaster settled on Fude Rock and adjacent tiny rocks. About sixty Bridled Terns were breeding, and some of them were in incubation. Another breeding locality is "Panari" commonly called, "Gunkan-jima", is situated near the southeastern end of Miyako-jima. We visited this area on 9 July 1981. The area is a small ring-shaped coral reef, and there are many small rocks at the eastern side of the area. Sterna anaethetus, Sterna sumatrana and Anous stolidus were observed on these rocks. About one hundred or one hundred and fifty Bridled Terns were counted, and their eggs and early chicks were found. The measurements of the Bridled Terns captured on Nakanokami-shima are given.
  • 1982 年 14 巻 1 号 p. e1
    発行日: 1982年
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top